燃料電池の設計開発/高圧水素タンクの設計開発

燃料電池の設計開発/高圧水素タンクの設計開発  /  
トヨタ自動車株式会社
この求人は既に終了しております。

解決したい
社会課題

次世代モビリティの省エネルギー化によって環境破壊のない持続可能な社会を実現します。

挑戦したい
成長領域

水素社会の実現に向けた基礎研究と開発に多くの企業やチームを巻き込み、社会実装される技術の創出と人材の育成に挑戦します。

  • 解決したい社会課題
    #新しい経済・政治システム
  • 挑戦したい成長領域
    #生活IoT・スマートライフ
業務内容

■職務内容
・水素社会を牽引する燃料電池車の本格普及を実現するため、設計開発を担っていただきます。

■具体的業務
○燃料電池の設計開発
・自動車用燃料電池の開発業務
・電極形成/接着・シール/金属表面処理等の開発における材料評価/形態観察/構造・成分分析等開発に伴う分析/評価/解析業務

〇高圧水素タンクの設計開発
・自動車用燃料電池に使用する高圧水素タンクの開発
・FW/硬化/検査等/高圧水素タンク開発
・樹脂材料/金属材料の疲労強度評価、非破壊検査等開発に伴う分析/評価/解析

応募資格
【必須要件】
〇燃料電池スタックの開発・設計
・セル・スタック構造設計に関する開発経験および専門知識

〇燃料電池車用タンク・バルブの開発・設計
・高圧タンク、特に水素用複合材料容器の設計/評価経験および材料力学、流体工学、熱工学に関する専門知識
・高圧ガス部品(バルブ、減圧弁、配管、圧力センサーなど)の設計/評価経験および材料力学、流体工学、熱工学に関する専門知識

【歓迎要件】
〇燃料電池スタックの開発・設計
・電気化学に関する専門知識

〇燃料電池車用タンク・バルブの開発・設計
・ガスシール/複合材料に関する専門知識

募集要項

募集職種
********
配属部署
********
想定年収
<年収>
**万円 〜 **万円
<給与詳細>
******************
雇用区分
***

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらからログイン

この企業・求人の特徴

燃料電池車が可能とする未来
■水素社会の可能性を広げる「燃料電池」と「高圧水素タンク」

・FCVは燃料電池の中で水素と酸素を化学反応させて電気をつくり、そのエネルギーでモーターを回して走行します。酸素は空気中から取り込み、水素は内燃機関車がガソリンや軽油を給油するように、水素ステーションで充填するため、走行時に発生するのは水のみ。
未来を見据えた環境に優しいモビリティとして注力しています。

省エネルギー社会の実現に向けた新たな技術を研究開発しています。

所属部署の特徴
■次世代モビリティの中核

・2014年に世界初の燃料電池車「MIRAI」の販売を開始し、燃料電池の開発をさらに加速させ、一層の競争力の強化が求められています。

・本領域は、自動車だけでなく、インフラ(水素ステーション)と共に普及・発展しなくてはいけないため、自動車メーカー、インフラ事業者、金融投資家等で合同会社を作り、水素社会構築に向け活動をしております。
FCVの基幹ユニット(燃料電池、高圧水素タンク)を開発し、世界に先駆けて燃料電池車MIRAIを発売したパイオニアですが、水素社会を実現するために良品廉価な燃料電池車を開発し、世に出し続けなくてはならない極めて重要な役割を担っています。

生み出される技術は社会貢献に結びつくことを常に意識しています。

仕事の魅力と求める人物像
■仕事の魅力

・100年に一度の大変革期と言われ、CASE(繋がる、自動運転、カーシェア、電動化)で自動車のビジネスモデルが変わっていく激動の中、当部は電動化としてだけではなく、水素社会を牽引に向け、燃料電池車の本格普及へ開発を推進しています。
実現に向け、世界初の製品、世界初の工法、世界初の設備を開発に、エンジニアとして常に技術に向き合い、成長し続けなければいけません。
重要な部署だからこそ、前人未到の領域へ踏み出す、非常にチャレンジングでやりがいのあるポジションです。

■求める人物像

・2030年電動車550万台に向けた、FCVユニットの原価低減、量拡大を実現する目標を掲げているため、生産技術革新を担っていただけることを期待しています。

蓄積されたノウハウと新たな技術を組み合わせる業務で知的好奇心が高まる環境です。

写真・風景

技術は常に進化すると考え、高い情報感度を持って業務に取り組んでいます。

社会貢献の高い職務だからこそ「やりがい」を持って取り組めます。

大変革期を迎え、新たなステージへの挑戦を掲げています。

会社概要

トヨタ自動車株式会社
https://global.toyota/

メッセージ

                   ”トヨタの見る未来とその先…”

—「移動」は「価値体験」へ
自動車が生み出した「移動手段の革命」は社会を便利で豊かな世界に変えていきました。
そして、移動は身近な手段に代わり生活と切り離せない絶対的な存在になっていますが、当社は世界中の人びとの「移動」を「価値体験」に変革させる転換期に来ております。

モノの価値は、体験に変わります。
従来の移動概念を私たちはあらゆるサービスを通じて「体験」へと変えていくことの重要性を感じています。
それはモビリティの世界とお客様を誰よりも真摯に受け止め、考えてきたから実現できる社会です。
時代の変化を100年に一度のチャンスと捉え、企業も人も変えていくのです。

—社会課題の解決が生み出すのは技術とヒト
当社は主力製品のモビリティを通じて、社会課題の解決に積極的に取り組んでいます。
例えば、自動運転・自動制御システムは「交通事故による死傷者ゼロ」や「自由な移動手段の確立」、電気自動車や燃料電池自動車は「環境保全」や「代替エネルギーの創出」など、現在も注目されている課題もあります。

さらに地域や環境によって享受できるサービスが異なること自体を課題と考え、2018年に「e-Palette」を発表しました。“Mobility” for Allを掲げ、移動×感動を提供し、場所に依存しないサービスを提供するなど新たなモビリティとして注目されています。

社会が変化と進化を繰り返す中で、全てを解決するのは「ヒト」であり「技術」です。
当社は課題解決を通じて生み出す「本質的な価値」を常に見い出しています。

—すべてをつなげることで世界が変える

これまでモビリティを中心に「移動」「物流」「通信」「空間提供」「エネルギー」をはじめ
多くの領域と関わってきました。
そして、どの領域でも当社の技術力を持って変革を起こしてきました。

私たちが目指す世界は「つながる」世界。

積み重ねてきた経験とノウハウで決済サービス、医療、飲食、教育、あらゆるサービスをつなげることが実現可能となった今、IoTの先端を実証する「まちづくり」※にも着手いたしました。
移動や通信で繋がるだけでなく、地域コミュニティが希薄化している現代社会において「リアルなコミュニティ」を形成することも可能になってきます。

未来は訪れるのを待つわけではなく「自ら切り開いていくもの」と私たちは思っています。

これからの未来を創ることは私たちだけでは到達できる世界ではありません。

ぜひ私たちと一緒に「自分たちの誇れる未来」を創りませんか。

※参考URL
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31170943.html?padid=ag478_from_pickup

企業名
トヨタ自動車株式会社
代表者
代表取締役社長 豊田 章男
設立
1937年08月28日
資本金
635,400,000,000円
従業員数
370,870人
事業内容
自動車の生産・販売
この求人を見た人はこんな求人も見ています
  • 【滋賀県勤務】無人搬送機の制御設計
    株式会社メイギテクニカ
    職種
    制御設計技術者
    勤務地
    愛知県  滋賀県 
    想定収入
    270万円 〜 500万円
  • 高い専門知識を活かして、技術を形にする/弁理士・特許技術者
    特許業務法人開知国際特許事務所
    職種
    弁理士又は特許技術者
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    400万円 〜 700万円