自動運転向け車両運動制御技術の開発および自動運転システムの設計

自動運転向け車両運動制御技術の開発および自動運転システムの設計  /  
トヨタ自動車株式会社

解決したい
社会課題

自動運転技術の標準化による、安全かつ安価な交通機関を平等に利用できる社会を実現します。

挑戦したい
成長領域

自動運転技術の基礎研究と開発に多くの企業やチームを巻き込み、社会実装される技術の創出と人材の育成に挑戦します。

  • 解決したい社会課題
    #新しい経済・政治システム
  • 挑戦したい成長領域
    #生活IoT・スマートライフ
業務内容

■職務内容
自動運転を始めとする次世代モビリティ向けの車両運動制御技術を開発しており、自分たちでPOCのプログラム実装まで行う開発形式のチームと、要求仕様を通じて協力会社様に実装を依頼する開発形式のチームが混在しています。

その他には、自動運転や次世代モビリティー全体の車両企画設計、システム設計や性能設計にも参画しています。
(TRI, TRI-ADなどにいる認識技術や判断技術のスペシャリストとチームを組み業務を行ないます)

■具体的業務
・車両運動制御システムアーキテクチャ、アルゴリズム設計
・車両運動制御ソフトウェア POC実装、評価(開発ツール開発も含む)
・自動運転システムアーキテクチャ設計、目標性能設計、要求割り付け設計への参画
・次世代モビリティの車両企画、設計、評価
など

応募資格
【必須要件】
・学歴:理工系大学の学士卒以上もしくは同等の経験
・下記A・Bの両方を満たす方

■A.下記いずれかを満たす方
 ・メカトロ制御分野の修士課程者または博士課程卒業者
 ・メカトロ制御アルゴリズムの開発経験を有する方(対象は自動車以外でも歓迎)

■B.下記いずれかを満たす方
 ・自動運転、自動駐車、予防安全機能などのシステムの設計経験を有する方
 ・メカトロ制御システムの設計経験を有する方
 (対象は自動車以外でも歓迎、ハードとソフト間の性能・機能割り付け、安全設計の経験もあればより歓迎)
 ・ソフトウェア開発スキルを有する方(必要レベル目安:実務経験3年程度)

【歓迎要件】
・カメラなどによる周辺認識アルゴリズムに関する実務経験
・大規模システムの設計・開発経験(機械系でなくても可)
・システムズエンジニアリングの実践経験
・数理最適化によるアルゴリズムの設計経験
・モデル予測制御の設計経験

募集要項

募集職種
********
配属部署
********
想定年収
<年収>
**万円 〜 **万円
<給与詳細>
******************
雇用区分
***

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらからログイン

この企業・求人の特徴

自動運転技術が可能とする未来
■モビリティの可能性を広げる「自動運転技術」

・自動運転や予防安全技術の進歩により、モビリティは大きな進化を遂げました。
特に、ドライバーによる運転への関与が不要となる自動運転技術は、全ての人に移動の自由をもたらす事に加え、自動車事故のない社会の実現に繋がる技術であり、早期実現が強く望まれています。

・自動運転や高度な予防安全機能を実現するためには、認識・判断技術だけでなく、極めて高い水準の性能の車両運動制御技術が必要不可欠となるほか、認識・判断・制御機能全てを包括し、1つの機械制御システムとして作り上げる技術も大変重要となってきます。

あらゆる分野のプロフェッショナル技術を集結させ、自動運転の未来を切り開きます。

高精度な自動運転の実現に向けた新たな技術を研究開発しています。

所属部署の特徴
■次世代モビリティを支える重要ポジション

・次世代モビリティを支える車両運動制御技術の開発には、多種多様な企業が参入していますが、それらを単に「認識機能や最適判断機能など個別の要素機能」として開発するのではなく、完成車メーカーとしてシステム全体を俯瞰しモビリティ制御システムとして構築することができる事、また次世代モビリティにとって必要不可欠である極めて高品質なモノづくりができます。

・自動運転を実現するのに必要な要素機能を社内で開発しており、それぞれの特性を十分に理解した上でシステム全体を構築できる事も強みです。車両運動制御技術を基盤にAIをはじめとする最新技術と融合させ、お客様の期待を超える新しい技術や付加価値を創出、自動運転やe-Palette等の次世代モビリティとして製品化することで、誰もが安全に安心して快適に移動できる新しい社会、未来に貢献することを部署一丸となって目指しています。

・年齢や職位を問わず技術に対して真摯にフラットに議論し、一体となって新しい技術を生み出していく風土があるため、チャレンジングなこともできます。

生み出される技術は社会貢献に結びつくことを常に意識しています。

仕事の魅力と求める人物像
■仕事の魅力

・100年に一度の変革期と呼ばれ、GAFAやStartUp企業の参入など競争環境が激化、エンジニアとしてこの世界を生き抜くためには大変な努力が必要な時代ですが、社会全体や人々のライフスタイルをも変化させうる次世代モビリティを実現するプロセスに関わっている事に大きなやりがいがあります。
・AIなどの最新技術から車両固有の基盤技術まで幅広い技術を組み合わせた開発は、誰も正解を知らず、これまでやり遂げた人もいないため、その意味でも技術的チャレンジがあります。
・TRIを含む様々な海外事業体、大学、企業と連携してグローバルに研究開発できる環境が整っていること、自動運転を実現する上で必須となる機能開発チームが社内に揃っており、要素技術開発から実験車での走行試験、製品化開発まで一気通貫で俯瞰でき、関わることができることもトヨタで自動運転開発を行う上での大きな魅力です。
本業務では自ら開発した制御を乗せた自動運転や高度運転システム搭載車を社内外でテスト出来、そのテストに参画し乗って感じる事で、自らその性能差を感じられる事や自動運転や次世代の高度運転支援システム作りに参画しているという実感を得られることが大きなやりがいになります。

■キャリア入社者へ期待すること

・自動車メーカーからモビリティカンパニーへ変化することを目指していく中で、AI等の最新技術も活用し革新的な車両運動制御技術を産み出すことや、認識・判断・制御までを1つのパッケージとし、モビリティ制御システムとして構築・製品化を牽引できる人材を求めています。

・技術力で開発チームに貢献するのは勿論のこと、これまでの経験を活かし、開発チームに新しい知見や価値観をもたらしていただけることを期待しています。

蓄積されたノウハウと新たな技術を組み合わせる業務で知的好奇心が高まる環境です。

写真・風景

技術は常に進化すると考え、高い情報感度を持って日々の業務に取り組んでいます。

社会貢献の高い職務だからこそ「やりがい」を持って取り組めます。

大変革期を迎え、新たなステージへの挑戦を掲げています。

会社概要

トヨタ自動車株式会社
https://global.toyota/

メッセージ

                   ”トヨタの見る未来とその先…”

—「移動」は「価値体験」へ
自動車が生み出した「移動手段の革命」は社会を便利で豊かな世界に変えていきました。
そして、移動は身近な手段に代わり生活と切り離せない絶対的な存在になっていますが、当社は世界中の人びとの「移動」を「価値体験」に変革させる転換期に来ております。

モノの価値は、体験に変わります。
従来の移動概念を私たちはあらゆるサービスを通じて「体験」へと変えていくことの重要性を感じています。
それはモビリティの世界とお客様を誰よりも真摯に受け止め、考えてきたから実現できる社会です。
時代の変化を100年に一度のチャンスと捉え、企業も人も変えていくのです。

—社会課題の解決が生み出すのは技術とヒト
当社は主力製品のモビリティを通じて、社会課題の解決に積極的に取り組んでいます。
例えば、自動運転・自動制御システムは「交通事故による死傷者ゼロ」や「自由な移動手段の確立」、電気自動車や燃料電池自動車は「環境保全」や「代替エネルギーの創出」など、現在も注目されている課題もあります。

さらに地域や環境によって享受できるサービスが異なること自体を課題と考え、2018年に「e-Palette」を発表しました。“Mobility” for Allを掲げ、移動×感動を提供し、場所に依存しないサービスを提供するなど新たなモビリティとして注目されています。

社会が変化と進化を繰り返す中で、全てを解決するのは「ヒト」であり「技術」です。
当社は課題解決を通じて生み出す「本質的な価値」を常に見い出しています。

—すべてをつなげることで世界が変える

これまでモビリティを中心に「移動」「物流」「通信」「空間提供」「エネルギー」をはじめ
多くの領域と関わってきました。
そして、どの領域でも当社の技術力を持って変革を起こしてきました。

私たちが目指す世界は「つながる」世界。

積み重ねてきた経験とノウハウで決済サービス、医療、飲食、教育、あらゆるサービスをつなげることが実現可能となった今、IoTの先端を実証する「まちづくり」※にも着手いたしました。
移動や通信で繋がるだけでなく、地域コミュニティが希薄化している現代社会において「リアルなコミュニティ」を形成することも可能になってきます。

未来は訪れるのを待つわけではなく「自ら切り開いていくもの」と私たちは思っています。

これからの未来を創ることは私たちだけでは到達できる世界ではありません。

ぜひ私たちと一緒に「自分たちの誇れる未来」を創りませんか。

※参考URL
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31170943.html?padid=ag478_from_pickup

企業名
トヨタ自動車株式会社
代表者
代表取締役社長 豊田 章男
設立
1937年08月28日
資本金
635,400,000,000円
従業員数
370,870人
事業内容
自動車の生産・販売
この求人を見た人はこんな求人も見ています
  • 燃料電池の設計開発/高圧水素タンクの設計開発
    トヨタ自動車株式会社
    職種
    燃料電池の設計開発/高圧水素タンクの設計開発
    勤務地
    静岡県  愛知県 
    想定収入
    未登録
  • 高い専門知識を活かして、技術を形にする/弁理士・特許技術者
    特許業務法人開知国際特許事務所
    職種
    弁理士又は特許技術者
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    400万円 〜 700万円