知的好奇心の強い弁理士・特許技術者

弁理士・特許技術者  /  
奥田国際特許事務所
  • 解決したい社会課題
    #科学技術による産業創出のビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する
  • 挑戦したい成長領域
    #AI(人工知能)システム・AIネットワーク
業務内容

◆国際的に活躍できる理想の弁理士を目指して成長したい、そのような思いを持った人材を求めています。
・国内外の特許出願/実用新案登録出願のための明細書の作成
・国際特許出願および各国への展開
・国内外の中間処理(拒絶理由通知の分析、対応策の検討および提案、意見書および補正書の作成、海外代理人への指示書の作成)
・拒絶査定不服審判、特許異議申立、特許無効審判
・侵害鑑定、有効性鑑定


【国際性】
 クライアントは、いずれも世界的な企業です。特許を、日本だけでなく、米国、欧州、中国その他の国々で取得し活用しています。我々の責務は、クライアントがそのライバル企業(世界の名だたる企業)との競争に勝てる強い特許を取得することです。我々のライバルは、クライアントのライバル企業を代理する各国の弁護士・弁理士たちです。技術理解力だけではなく、それぞれの国の特許実務知識でも、彼らに勝つことを目指しています。

【仕事環境】
 知的好奇心が強く、成長意欲の高い方に魅力的な仕事環境です。得意とする技術分野は、AI、ロボティクス、IoT、通信、ソフトウェア、電子・情報デバイス、オプティカルデバイス・オプトエレクトロニクス、エネルギー、化学・材料、機械など多肢にわたります。ご自身の専門分野を活かせることはもちろんのこと、新たな分野の勉強を行うことで、様々な技術分野の業務を担当することができます。
 発明者との面談による発明発掘・把握から、日本出願、外国出願および権利化まで、一人の担当者が責任を持って業務を行います。
 世界の技術開発競争は熾烈で、どんどん新しい技術(発明)が生まれています。また、発明を保護するために法律が毎年のように改正され、判例も蓄積されてゆきます。弁理士の仕事は、新しい技術および新しい法律を学びながら、また海外の弁護士・弁理士と協力しながら、クライアントのために、発明の国際的な保護を獲得するというダイナミックでグローバルな仕事です。

【教育環境】
 特許実務、英語、技術の勉強会を活発に行い、所員の自己研鑽をサポートしています。例えば、ディープラーニングなどの機械学習、ロボティクス、IoT、光学、量子コンピュータの技術理解を深めることに力をいれています。
 米国、欧州、中国等の海外の弁護士および弁理士(外国代理人)との交流も盛んです。レクチャーや日々の情報交換を通して、外国の法制・実務の知識を常に最新のものにアップデートしています。
 海外出張・研修の機会もあります。弁理士の半数以上が米国法律事務所や米国企業でレクチャーの経験があります。
 弁理士資格の取得も支援します。特許実務担当者12名の内、11名が弁理士です。
 

応募資格
・大学卒以上(博士号取得者および博士号取得見込者の採用も積極的に行っています)
・基礎的な英語力(技術英語文献の読解力)必須
・知財実務経験および弁理士資格の有無は問いません(じっくり時間をかけて育成します)。
・特にAI、ロボティクス、IoT関連の技術者、研究者(勉強中の方を含む)を歓迎

※当事務所の弁理士の多くは、未経験で入所し、入所後2、3年程度で弁理士試験に合格しています。その内2名は、工学博士です。入所後数ヶ月間、国内外の法制度、明細書作成および中間処理の実務に関する研修を行い、基本的な知識およびスキルを習得して頂きます。

募集要項

募集職種
********
配属部署
********
想定年収
<年収>
**万円 〜 **万円
<給与詳細>
******************
雇用区分
***

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらからログイン

写真・風景

会社概要

奥田国際特許事務所
https://okudapat.com/

メッセージ

【理念】
奥田国際特許事務所は、1999年の設立以来、クライアント企業で生まれた数多くの知的財産について国際的な保護を図るべく、クオリティの高い知財専門職サービスを提供して参りました。当事務所は、高度な先端技術を正しく理解する能力及び各国法制・実務に関する深い専門知識を兼ね備えた弁理士・特許技術者と、経験豊かな秘書・翻訳者とのチームワークにより、各クライアント企業から高い評価と信頼を得て今日に至っています。今後も、専門知識に裏打ちされた質の高いサービスを提供し、グローバル市場での成功を目指すクライアント企業の知財活動を力強くサポートして参ります。

【基本方針】
1.先端技術の発明に特化
奥田国際特許事務所は、知的財産の中でも、先端技術分野における「発明」の保護に注力しています。当事務所では、AI、ロボティクス、IoT、電子・情報デバイス、オプティカルデバイス・オプトエレクトロニクス、通信、ソフトウェア、エネルギー、化学・材料、機械などの分野における高度な技術知識を備えた人材が各自の得意とする分野を担当いたします。

2.国際的保護の重視
先端技術分野の製品に国境は無く、熾烈な研究開発競争がグローバルな規模で行われています。このような状況のもと、日本でのみ特許権を取得したとしても、企業間の競争に勝ち残ることはできません。一方、諸外国の特許制度や審査基準・判例には差異があり、これらに精通していないと、海外で権利行使可能な強い特許権を取得することはできません。その意味で、先端技術分野における発明は、生まれた瞬間から、国際的な保護を得るための専門知識や実務ノウハウに基づく慎重な取り扱いが必要になります。当事務所では、常に海外での権利化を念頭におき、外国特許実務のエキスパートが日本の出願段階から外国での権利化まで一貫して対応するシステムを採用しています。

3.付加価値の創出
当事務所は、我々に期待されている仕事が、単なる書類作成業務ではなく、高度な問題解決能力を必要とする創造的な仕事であると理解しています。出願段階から権利行使の各段階で発明者様や企業知財担当者様を積極的にリードし、的確な分析と対応策を提示しています。

企業名
奥田国際特許事務所
代表者
所長 奥田 誠司
設立
1999年08月01日
資本金
未登録
従業員数
20人
事業内容
【取扱業務】
・特許/実用新案の国内外出願 国際特許出願と各国展開
・拒絶査定不服審判 特許異議申立 特許無効審判
・侵害鑑定 有効性鑑定など

【技術分野】
電子・情報デバイス(半導体、表示装置、記録媒体・記録装置、撮像装置、ナノエレクトロニクス、メディカルデバイス、レーダシステム、モータ)
オプティカルデバイス・オプトエレクトロニクス(レーザ、光導波路、光ファイバ、フォトニックデバイス、光学設計)
通信(スマート家電、クラウドコンピューティング、ネットワークテクノロジ)
ソフトウェア(AI、ロボティクス、IoT、制御、画像処理、ビジネスモデル)
エネルギー(太陽電池、二次電池、燃料電池、蓄熱、ヒートポンプ、スマートグリッド、無線電力伝送)
化学・材料(有機、無機、金属、磁石、高分子、セラミックス、ナノテクノロジー)
機械(エンジン、自動車・バイクの機構部品、電気・電子機器の機構部品)
この求人を見た人はこんな求人も見ています
  • ダイヤ成膜装置部2つの組織(技術部・営業部)を管理する統括部長
    コーンズテクノロジー株式会社
    職種
    ダイヤ成膜装置部 管理職ポジション
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    1,200万円 〜 1,500万円
  • 鉄道車輌の新しい機能を横須賀で開発しませんか。
    横浜製機株式会社
    職種
    鉄道車輌向け各種ドア、内装パネルの開発・設計技術職
    勤務地
    神奈川県 
    想定収入
    300万円 〜 600万円