【機械設計職】撹拌装置、3D造形機、インクジェット印刷装置など新型機械装置の機械設計

#科学技術による産業創出のビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する #次世代ディスプレイ
機械設計  /   株式会社写真化学
  • 解決したい社会課題
    現在まで培ってきた技術やノウハウを活かして様々なことに挑戦し続け、お客さまに支持されるサービスの提供を通じて、科学・研究技術が活かされる世界を実現します。
  • 挑戦したい成長領域
    「もの創りの視点」と「人の想いに向き合う姿勢」で、市場における競争力を強化し、企業体としての存在感のさらなる向上を目指すことに挑戦し続けます。
業務内容
【業務内容】
自社製品である、撹拌装置(カクハンター)、3D造形機、インクジェット印刷装置など新型機械装置の機械設計業務や顧客との打合せなどを中心に以下の業務をお任せいたします。

■新機種の製品開発
営業メンバーから共有されるお客さまからの要望や、エンジニアたちのアイデアを集め、新製品の企画・開発を行います。
コストと技術のバランスをとりながら、より便利に、よりリーズナブルに、より高度な攪拌・脱泡を実現する装置を目指します。

■攪拌試験・カスタマイズ
納入を検討しているお客さまや既存のお客さまより要望をいただき、素材に応じた攪拌テストや、装置のカスタマイズを行ないます。
「電子材料部品なので、一定の温度以下を保って攪拌したい。」
「クリーンルームでの使用に適した仕様にしてほしい。」など、個別の要望に応えます。

■新規技術開発
「攪拌」「脱泡」には、混ざり方、脱泡の程度や温度上昇など、まだまだ解明されきっていない領域が実は広大に広がっています。
エンジニアとしての発想力やアイデアを活かしながら、市場から必要とされる独自技術の開発を進めていただきます。

【その他特徴】
■製造する主な自社製品たち
・撹拌脱泡装置
公転と自転を独立して制御する技術は当社が他社に先行する特許技術の一つです。

自由な攪拌パターンを組むことで、材質が変化しやすい素材の脱泡や、比重の異なる物質同士の攪拌などを自由度高く行うことを可能にしています。素材を選ばない、効率的な攪拌・脱泡は当社ならではの強みです。
主に塗料や化粧品等のメーカーで使用されています。

・3Dプリンター(光造形)
世界最高水準の高精度立体(3D)造形物を製作する装置

・測長機
電子基板やフォトマスク等の微細な回路の長さや幅を測る装置
など、多様な製品を扱っております。
応募資格
■必須要件
・機械設計のご経験

■歓迎要件
・産業機器、機械装置などの機構、機械設計経験

■求める人物像
・適性に応じて様々な業務に携われる機会を求めている方
・着実に経験を積んでいける会社・ポジションで仕事がしたい方
・一人に与えられる裁量が大きい会社・部署で働きたい方
・自分のアイデアを開発に活かせる環境で働きたい方
など、歴史もある安定した企業の中でも「挑戦」したい方を歓迎いたします。

※撹拌機についての知識は入社後学んでいただけます。
上記必須要件をお持ちの方からのご応募お待ちしております。
みんなの気になる 8help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

創業150年のイノベーション集団の合言葉は「伝統的に、革新的。」

創業者である「石田才次郎」は銅板印刷技術や石版印刷技術の開発先駆者でで、銅板印刷技術や石版印刷技術を用いて、日本初の明治維新政府のお札を作り、明治時代に一番売れたたばこパッケージのデザインを手がけていました。

時代が流れると、独自のエッジング技術を様々な大手企業に提供していたり、半導体洗浄技術を開発したりと、創業以来、時代時代の最先端を進む技術開発をしてきたのが当社です。

当時、明治初年度で印刷技術が日本では木版でしかなく、微細な彫刻を施した非常に精度の高い印刷物の製造を行なっていたため、その時代としてはインパクトが非常に大きいものでした。

その技術を脈々と受け継ぎ、テレビ用の撮像管や、半導体の洗浄技術、世の中で初めてインクジェットプリンターを開発するなど、こういった製品開発のパイオニア精神のもと、先進のエレクトロニクスを応用した製品を開発しております。

最近でも「写真化学ってなんの会社なんですか。」って質問されると困ることもあるくらい「一言で理解されてしまう会社を目指す訳には行かない」というのが当社の本音です。

不確実な未来に向かって、事業や技術、サービスを開発していくことは、未来がどうなるかわかる人がいないのと同じです。

そのためにも、姿や形を変えていきながら未来を創る為に、写真化学は進化し続けます。

そして、創業時から受け継がれる伝統的な軸はぶらさずに、伝承と進化を融合を目指しています。

革新的な事業展開を続ける行動力を持つことで、歴史が作られています。
写真化学で活躍している”イノベーター”の考え方

当社の技術開発や新規事業は、自社の技術を必ずしも活用しなければいけない訳ではなく、市場や未来の課題からアプローチすることもありますし、「絶対にこれはダメ。」という方法や考え方もありません。

未来を創造していくうえで、可能性があるものには何にでも挑戦できる環境で
その現場を楽しんでいるのがイノベーターの特徴です。

さらにイノベーターは、プロフェッショナルな分野を持ちながらも、どこか行動力を持ち、これまでの論理だけでは開発することも難しい、と理解しているメンバーが多くいます。

そのため、過去の経験だけで乗り越えようとするのではなく、幅広い可能性から発想を生み出すことを大切にしています。

「発想と実行」どちらもルール通りにやるのでは未来を創っていくことはできません。

発想は科学と捉え、いろんなことにチャレンジして欲しいと思っていますので、自分の発想と勇気を持って柔軟に転換、または破棄できる方がイノベーターだと考えております。

未来を創造していくうえで、可能性があるものに果敢に挑戦できる環境を整えておりますので、革新的な発想と開発を一緒に楽しみましょう。

未来を創造する上で必要な要素は「従来の発想」を転換できる人。
写真化学グループの掲げる「4つのC」の意志を大切にしています。

写真化学グループは、革新的な技術を生み出したり、開発することでこれまで150年以上にわたり社会に貢献してきました。

行動指針を掲げることで、全社員が自分の成長と一緒に社会対して貢献できていることを実感して欲しい、とそう感じております。

①Communication
コミュニケーション力によって、理解と信頼を深める。

②Challenge
自身の可能性を信じ、新しい目標を立て挑戦する。

③Cultivation
感性と探求心をもって、発想と創造活動を行なう。

④Creation
現状に満足せず、能力を高め、自信と誇りを持って行動する。

これら4つのCは合言葉であり、困った時に解決方法にもなっています。
詰まった時、悩んだ時、一度立ち止まりながらも基行動指針に立ち戻ることで、解決の糸口になることもあります。

仕事をするなら、楽しく、面白く、そして創造性豊かな発想と、それを認めるメンバーの元で働くことで「やりがい」につながると思っています。

歴史と革新、どちらも両立している当社で最高のエンジニアを一緒に目指しませんか。

グループ会社も含めて全社の行動指針となっています。

写真・風景

  • 「伝統的に革新的」をスローガンに印刷業界の改革を促進していきます。

  • 「印刷×電子回路」=プリンテッドエレクトロニクス事業。3ミクロンの回路基板印刷技術を保有しています。

  • 創業150年という節目の今、未来を創る新しい技術開発に取り組んでいます。

会社概要

メッセージ

【沿革】
明治元年に銅版彫刻印刷を開始して以来、150年近い歴史の中で培ってきた画像処理技術を基幹に、新たな技術を追及し、先進のエレクトロニクスを応用した事業を多角的に展開してきました。こうした歴史に甘んじることなく、現在、スピーディな経営判断と競争力強化を目的に独立カンパニー制を導入し、2本柱を軸に事業展開しています。


【事業概要】
当社は、印刷業を核として明治初年に創業。長年にわたり培ってきた画像処理技術を基幹に、新たな技術を追及し続けるパイオニア精神のもと、先進のエレクトロニクスを応用した事業を多角的に展開しています。活動領域は広範囲に及びますが「もの創りの視点」と「人の想いに向き合う姿勢」は今もこれからも変わることはありません。
「人とのふれあいを大切に、やりがいのある会社とうるおいのある社会の実現を目指す」という経営理念のもと、社員全員が変化対応・技術探求・人間尊重をキーワードにポジティブに業務に取り組んでいる企業です。

■プロダクトカンパニー
プロダクトカンパニーは、「分ける」「混ぜる」「造る」「測る」「流す」という5つの専門分野の製品群と技術力、また、これら専門分野の連携による総合力で、お客様の課題解決に貢献します。お客様の課題を解決する事がお客さまの未来を形づくるという信念のもと、プロダクトカンパニーはこれからも様々な製品・技術・ソリューションを生み出していきます。

■メディアカンパニー
お客さまのパートナーとして最適なご提案を通じて、広報・販売促進をトータルにサポートしています。多様化するメディアの分野では経験値が大きく影響し、プロモーション成功が鍵を握ると考え、当社では長年培った情報加工技術の豊富なノウハウで、お客様視点に立ったプランニングを行い、最適なクロスメディア・ソリューションサービスの実現に注力しています。

■ヘルスケア事業本部
より安全で快適な医療環境に向けて、あらゆる面からご提案しており、導入病院や施設では多種の使い捨て容器で便利に運用されています。患者様や医療従事者の感染者を予防することにより安心できる医療環境の構築を全力でサポートします。
今回はオフセット印刷方式による電子デバイス向け高精度印刷システムの開発に携わっていただきます。


【当社の魅力】
顧客の販売促進・PR活動における企画・制作、衛星画像販売の他、自社製品の開発、設計製造、販売等、幅広く手がけ、各事業の「自立性」「専門性」「特異性」を高め、ニーズに応えております。


人とのふれあいを大切に、やりがいのある会社とうるおいのある社会の実現を目指すという経営理念のもと、社員全員が変化対応・技術探求・人間尊重をキーワードにポジティブに業務に取り組んでいる会社です。
現在の写真化学はスピーディな経営判断と競争力強化を目的にプロダクトカンパニーとメディアカンパニーで組織されております。
そのような中、プリンテッド・エレクトロニクスの新たな技術を用いて、会社と共に成長していきませんか?

会社情報
  • 企業名
    株式会社写真化学
  • 代表者
    代表取締役会長兼社長 石田 敬輔
  • 設立
    1934年03月10日
  • 資本金
    498,000,000円
  • 従業員数
    221人
  • 事業内容
    プロダクトカンパニー
    メディアカンパニー
    ヘルスケア事業本部
    プリンテッドエレクトロニクス
みんなの気になる 8help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社写真化学
https://www.shashin-kagaku.co.jp/launch
解決したい社会課題

現在まで培ってきた技術やノウハウを活かして様々なことに挑戦し続け、お客さまに支持されるサービスの提供を通じて、科学・研究技術が活かされる世界を実現します。

挑戦したい成長領域

「もの創りの視点」と「人の想いに向き合う姿勢」で、市場における競争力を強化し、企業体としての存在感のさらなる向上を目指すことに挑戦し続けます。

企業の詳細ページを見るchevron_right