【大阪】空中映像応用製品の開発

研究開発職  /  
株式会社パリティ・イノベーションズ
  • 企業が挑戦したいこと
    #科学・研究技術が活かされる世界
  • 挑戦したい領域
    #次世代ディスプレイ
業務内容

弊社の空中映像表示素子”パリティミラー”の応用製品開発のための
電子回路設計、製造プロセス開発、プロダクトマネジメント。

【一緒に働く人たちや職場環境・キャリアプラン】
■一緒に働く人たち、部署の特徴
 博士号取得者が多く、大学の研究室のような雰囲気です。上司部下というより同じ研究開発チームの一員という関係で、忌憚のない議論が可能です。

■キャリアプラン
 独立志向の高い人と研究・技術開発を追求していく人に分かれています。

■働く環境と風土・魅力
 勤務時間や体系などの働き方は比較的自由で、各人のパフォーマンスを発揮できる環境づくりに努めております。研究所にはレーザーカッターや3Dプリンターなどのプロトタイプ作製装置から特殊な印刷装置など様々な研究開発に使える装置が揃っております。また、光学設計シミュレーションソフトとワークステーションも使用できます。

応募資格
【必須要件】
※事業会社における以下いずれかの経験があること。
■電子回路設計
■光学部品・樹脂成形に関する生産技術開発
■コンシューマー向け製品のプロダクトマネージャー

募集要項

募集職種
********
配属部署
********
想定年収
<年収>
**万円 〜 **万円
<給与詳細>
******************
雇用区分
***

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらからログイン

この企業・求人の特徴

SFの世界が現実に!家庭・街・文化を変えるプロダクト
すでに製品サンプルが完成しており、展示会や企業の研究用として製品化が進んでいるパリティミラー。
パリティミラーは2面コーナーリフレクタアレイ(Dihedral Corner Reflector Array: DCRA)構造を持ち、非常に多くの目に見えない小さな鏡を利用して、面対称位置に像を結ぶことができる。
そのため、ホログラフィーとはまったく異なる原理で空中映像を表示する。実際に光学素子「パリティミラー」の下にスマホを置くことで、スマホの映像を空中に表示することができる。
スマホだけなく、どんなものでも空中に映像を浮かすことを可能とさせ、SF・ファンタジー世界の表現を創り出します。

光の集合体(実像)を空中に生み出す鏡の仕組み
きれいな空中映像を作るのに必要なのは、物体の姿を鏡映像として映し出す、鏡の性質。
さらに凹面鏡や凸レンズなどの※結像光学素子の性質をもたせることで、物体の像を空中に浮かべることができます。

※凸レンズ、平面鏡、フレネルレンズなど、物体の実像を結像することができる光学素子

【空中スイッチ】空中映像の技術応用
パリティーミラーとセンサーと組み合わせることで、空中に表示させた映像に指でさわって操作できる空中スイッチ「AiR Switch」と空中タッチディスプレー「AIR InterActive Display」を開発。
AiR Switchは、何もない空中に浮かび上がるアイコンにふれて、スマホやさまざまな機器を操作できるガジェット。
物理的な接触がないため防汚性、衛生性に優れた操作が可能で、たとえば料理中など手が汚れていても気にせず機器を操作できる。動作内容はプログラム可能で、各種センサーと組み合わせて未来的なIoTインターフェースとしてさまざまな用途に使用可能。

また「AIR InterActive Display」では、液晶ディスプレーやスマホの画面をそのまま空中に表示し、さらに指でふれて操作できるデバイスもあり、例えば、人物の写真やキャラクターなど、好みの画像・動画を空中に表示することで、高い実在感を演出することができる。

専用アプリにより空中映像へのインタラクションが可能となり、AiR Switchと同じように未来的なインターフェースのゲームなどさまざまな用途に使うことが可能だ。メガネなどのデバイスを利用者が身に着けなくてもARの拡張現実のシステムが実現でき、なおかつ手で触って操作できるシステムをつくることができる。

写真・風景

会社概要

株式会社パリティ・イノベーションズ
https://www.piq.co.jp/index.html

メッセージ

【事業内容】
光学素子研究開発・空中ディスプレイ応用システム研究開発

【事業の特徴・魅力】
パリティミラーは世界初の空中映像表示素子で、次世代のディスプレイとして大きな注目を浴びています。生産体制の整備や各社での採用検討が進んでおり、まさに成果展開の第一歩を踏み出そうとしている成長期にあります。最先端の技術を応用してベンチャーの成長に携われるのは、技術者として大きな魅力に感じて頂けると考えております。

【将来的な事業の展望】
パリティミラーは置くだけで空中映像が表示できるため、ありとあらゆる場所への搭載が考えられます。将来的には世界中への展開・普及を目指し、まさにSF映画の世界を実現することを目指しております。また、情報通信研究機構発の技術ベンチャーとして、パリティミラーに限らず最先端の研究開発成果を社会展開していける企業を目指しております。

企業名
株式会社パリティ・イノベーションズ
代表者
代表取締役 前川 聡
設立
2010年12月01日
資本金
72,200,000円
従業員数
8人
事業内容
光学素子研究開発・空中ディスプレイ応用システム研究開発
この求人を見た人はこんな求人も見ています
  • 【東京】あらゆる⾃然現象を計測・数値化する計測機器開発
    株式会社ソニック
    職種
    計測機器の開発技術者
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    600万円 〜 1,500万円
  • 【滋賀】世界No.1精密小型モーターの電気設計エンジニア
    日本電産株式会社
    職種
    電気設計エンジニア(メンバー~課長)
    勤務地
    滋賀県 
    想定収入
    600万円 〜 1,300万円