自社開発の精密測定器組立てエンジニア

#高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する #生活IoT・スマートライフ
電子機器製造技術者  /   ユニオンツール株式会社
  • 解決したい社会課題
    高品質なPCBドリルによってプリント基板加工の可能性を広げ、あらゆる先端機器の高性能化を支えることで、科学技術による産業創出のビジネスエコシステムを拡充する社会を実現します。
  • 挑戦したい成長領域
    世界シェアトップを誇る、髪の毛よりも細いPCBドリルを世界各国の拠点から供給し、様々な規模の製品のデジタル基盤に携わり、人・技術・地球を結ぶことに挑戦し続けます。
業務内容
三島研究所にて自社開発の精密測定器の組立てをお任せ致します。

【具体的には】
◇精密測定器の組立・修理
◇精度・機能の点検
応募資格
【必須要件】
・工業高校/大学の機械科出身など、学習による機械の知識を有する方
・これまでの職務経験による機械の知識を有する方

【歓迎要件】
・機械等の組立経験がある方
みんなの気になる 3help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

クロスドローラーガイドとガラススケールを検出部に採用、 高精度測定を実現

PCBドリルの厳しい品質管理に必要不可欠である高精度測定器を社内で開発、製作しています。当社のPCBドリルの直径は0.1~0.3mmという細さです。

そしてその許容公差はわずか数ミクロン(1ミクロン=1/1000mm)、その厳しい検査をクリアしなければ出荷することはできません。
PCBドリル開発当初はその精度を計測する測定器が市販されていなかったために、社内で開発・製作し、現在まで改良を続け、現在では測定機器ラインナップのひとつとなっています。
検出部に高精度級のローラーガイドと精密ガラススケールを使用した測定器は、PCBドリルの品質の高さで証明されています。

女性活躍推進・子育て世代に働きやすい環境づくり

■女性活躍推進
当社従業員の女性比率は23.5%、また女性管理職比率9.6%と、製造業界において高比率を誇っております。(2019年1月現在)
今後は管理職比率10%を目標に、面談の機会を増やす・上長のマインドセットなど、様々な取り組みを行なっています。

■子育て支援
当社は、育児短時間勤務の延長(小学校3年生になる年度末まで)など、パート社員を含む従業員に対する子育て支援に積極的に取り組んできました。
近年は男性の育児休暇取得者も増加しており、仕組みが「在る」だけでなく有効に利用しやすい風土が出来上がっています。

写真・風景

  • 自社開発の検査設備による製品検査を行っています。

  • 製品開発部門とは別に生産設備開発部門がございます

  • 1998年に東証一部上場。安定した経営を続けています。

会社概要

メッセージ

【沿革】
歯科用ドリルの製造販売からスタートした当社。1963年に日本初のPCBドリル製造・販売を開始し、2020年に設立60周年を迎えました。技術力の高さと品質の優位性により、リーディングカンパニーとしての実績を重ねており、1998年には東証一部上場を達成。現在もPCBドリル世界トップクラスのシェアを維持しています。


【当社の強み】
■情報化社会に不可欠な製品づくり
例えば携帯電話。
外出先で手軽に通話できるツールから、2007年のスマートフォン登場によりマルチデバイスとして私たちの生活に欠かせない存在となりました。
より薄く、小さく、それでいて情報の処理能力は向上させなければいけない。
これを可能にするためにカギとなるのが製品に内蔵される「電子回路基板」です。
限られた電子回路基板の面積により多くの電子部品を載せることで処理できる情報量が決まります。
搭載される電子部品の数を左右するのが導通穴、そして導通穴の加工に使用されるのが当社の主力製品「PCBドリル」なのです。

そして2020年、国内での5G商用サービス開始。
携帯電話のみならず、リアルなVR体験や車の自動運転、IoTの促進など、電子機器製品の進化と必要性は加速の一途を辿り、あわせて当社の製品・技術力の需要もますます増え続けています。


■技術力
業界に先駆け量産化に成功した「人間の髪の毛よりも細いPCBドリル」や、工具に施す特殊コーティングをはじめとした数々の"業界初"を開発しています。
また、独自のドリル構造を採用し、PCBドリルに使用される貴重な鉱物「タングステン」の使用料を大幅に削減することで環境に配慮した製品づくりにも取り組んでいます。


■生産設備の内製化
PCBドリルにおける生産設備はハード・ソフトどちらもほぼ100%自社で開発設計しています。
内製化することにより、予測が難しいこの業界においても、高品質な製品を柔軟に供給することができており、世界トップクラスのシェアを支えています。
また、この技術を応用した自社製品の開発にも取り組んでいます。

こちらも併せてご覧ください。
https://www.uniontool.co.jp/recruit/product/pcb.html
※当社ホームページより

—SCOPEチームから—
【企業の印象】
日々の生活に不可欠となっている電子機器の核となるプリント基板の性能を左右する製品を製造しているこちらの企業。無意識に自分の生活と密接に関係していることを再認識すると共に、これから本格化する「5G時代」において、ますます重要な役割を担うことになるでしょう。
従業員の皆さんは部署の垣根を超え、コミュニケーションを積極的に取られている印象を持ちました。ダイバーシティ推進からも分かるように、働きやすさ・ライフワークバランスを重視した職場といえるでしょう。


【ユニオンツールの仕事のやりがい、厳しさ】
■やりがい
このページをご覧になっているスマートフォンやパソコンをはじめとする身近な精密機器はもちろん、自動車エンジン、スーパーコンピュータ、携帯電話基地局などあらゆるところで自社製品が役に立っていると実感できます。

■厳しさ
時代の最先端を支える製品がゆえ、新製品の開発スピードが非常に早いです。また、期待の裏返しとしてクライアントからの要求も非常に高いため、知識や考え方のアップデートは欠かせないでしょう。


【ユニオンツールに向いている人、向いていない人】
■向いている人
製品を通じて、また、一緒に働く仲間に対して「誰かの役に立ちたい」と思える人は活躍できるでしょう。また、新しいことに楽しんでチャレンジしていける方、柔軟に適応して働くことが出来る方は変化が「良い刺激」となりワクワクして働けるのではないでしょうか。

■向いていない人
新卒入社比率が高く、離職率の低いこちらの企業。中途入社の方に求められることは「新しい見方」や「これまでにないアイデア」による社内の化学反応です。ご自身の意見があまりない方、アウトプットが極端に苦手な方、一人で黙々と作業を進めたい方には向いていないかもしれません。

会社情報
  • 企業名
    ユニオンツール株式会社
  • 代表者
    代表取締役社長 大平 博
  • 設立
    1960年12月14日
  • 資本金
    2,998,500,000円
  • 従業員数
    838人
  • 事業内容
    切削工具、直線運動軸受、エンドミル、測定機器 等
    金属加工機械の製造と販売
みんなの気になる 3help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
ユニオンツール株式会社
https://www.uniontool.co.jp/launch
解決したい社会課題

高品質なPCBドリルによってプリント基板加工の可能性を広げ、あらゆる先端機器の高性能化を支えることで、科学技術による産業創出のビジネスエコシステムを拡充する社会を実現します。

挑戦したい成長領域

世界シェアトップを誇る、髪の毛よりも細いPCBドリルを世界各国の拠点から供給し、様々な規模の製品のデジタル基盤に携わり、人・技術・地球を結ぶことに挑戦し続けます。

企業の詳細ページを見るchevron_right