【アナログ回路設計】最先端ナノテクノロジーの研究に貢献する理化学機器メーカー

#未登録 #未来を創る技術分野
アナログ回路  /   株式会社エリオニクス
  • 挑戦したい成長領域
    電子・イオンX線などの電磁波に関する技術を応用し、大学・官公庁へ研究用装置を開発していますが、現在はそれだけでなく生産向け装置の製造にも力を入れ、国内外に事業を拡大させています。
業務内容
■電子ビーム描画装置、電子ビーム観察装置、イオンビーム加工装置、硬さ試験機などの電気設計・開発。主な業務としては、仕様決定、電気設計、調整・デバック、課題解決、進捗管理など。

【具体的には】
■製品開発に関してはベースとなるモデルは存在しますが、顧客ニーズに合った仕様を検討し、追加機能を開発する場合と一から開発することも多々あります。

【やりがい】
■今後もさらに進む微細化に向けて、加工や測定の最先端の領域での装置開発は、非常にやりがいのあるものです。

■設計部門から企画を持ち込むことも可能。開発に一貫して携われ、高速のアナログ回路の設計の技術を身につけられます。

<働きやすさ>
・月残業平均30時間とワークバランスが整った職場環境です。
・若手~中堅が働きやすい環境があり、中途社員もいるため、馴染みやすい風土です。
当社は、若手社員が中心になってプロジェクトを進めることが多いことから、若手の意見も通りやすく、チャレンジしやすい風土があるので、成長できる環境が整っております。
応募資格
■必須要件
・高専卒以上で、電気・電子工学系専攻
・何かしらの装置や機械の開発および回路(デジタルもしくはアナログ)設計経験

■歓迎要件
・真空装置や光学機器の設計経験をお持ちの方
みんなの気になる 0help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

海外展開~ナノテクで世界ブランド確立目指す~

2004年以降当社は、海外進出を積極的に行い、米国・欧州の主要大学(ハーバード、MIT等)や公的研究所への装置納入を行なっております。これまでの国内大学における導入実績や共同研究もあり、海外においても、ハーバード大学をはじめとする研究者に、エリオニクス製装置を使った研究成果を学会等で次々と発表していただけました。そうした機会もあり、学術面の成果は海を超えてヨーロッパにも渡り、デンマークやノルウェーの大学にも同社の装置が導入されております。現在は、こうした実績づくりに加え、世界的に権威のある学会に展示ブースを設け、技術力のアピールを積極的に行なっております。
研究者からも「当社の装置を使ってみたい!」と言われており、”ナノテクノロジーで世界に通用するブランドの確立”を目指している最先端の研究開発装置を扱うメーカーで一緒に働いてみませんか。

微細加工技術の目覚しい進歩に対し、微細加工分野、計測・分析の各分野において貢献しております。

写真・風景

  • 技術力の高さは、国内外の研究機関から評価いただいております。

  • 学術会のセミナーを開催するなど、技術における勉強も活発です。

会社概要

メッセージ

世界一細い線の描ける電子ビーム描画装置メーカーが目指すのは”最先端技術で世界の科学技術の発展”
〈沿革〉
大手精密機器メーカーの技術者7名が、「科学技術の進歩に貢献したい」という思いから設立した当社。
1975年の創立以来、常に最先端の科学技術の進歩に貢献する装置作りを目指して、ナノテクノロジーの研究開発用装置を世に送り出してきました。

1980年代から日本の半導体技術が世界を席巻し、順調に成長を続ける当社でした。そこから、既存の半導体分野で大手競合他社に追随するのではなく、ナノテクノロジーの最先端研究に挑む大学・研究機関と連携し、研究者たちが研究過程で必要とする装置の開発に乗り出し、当時50ナノメートルが加工限界であったナノテクノロジーの世界で、当時の限界を超える10ナノメートルの描画に”世界で初めて”成功しました。

その中で、経済産業省から始まった半導体技術の官民一体のプロジェクトにおいて、半導体製造装置メーカーから創業メンバーの実績が買われ、そこから共同開発の申し入れを受け入れ、当社のナノテクノロジーへの挑戦が始まったのです。

〈科学技術を支える電子ビーム装置〉
当社は電子ビームやイオンビームなどを応用した装置の開発製造、販売を行うメーカーで、計測分析部門と微細加工部門を二本の柱としております。ナノテクノロジー市場を中心に、国内のみならず、アメリカ、ヨーロッパに次いで、中国にも進出し、グローバルな展開を行なっています。

微細加工部門では、3ナノメートルという幅の線を描く電子ビーム描画装置を開発・製造しており、現時点で市販品として、この3ナノメートルは世界で最も細い線が描ける装置です。この電子ビーム描画装置の線画幅は、世界最小サイズ。1センチメートル角の領域に100万本以上もの線を描くことができ、これによって大容量の次世代ハードディスクなどの研究開発を可能としています。
※1ナノメートル=100万分の1mm

-国内導入実績-
北海道大学、東北大学、慶応義塾大学、筑波大学
東京大学、名古屋大学、大阪大学、京都大学、九州大学など
-海外導入実績-
ハーバード大学、プリンストン大学、マサチューセッツ工科大学
カリフォルニア大学バークレイ校、国立台湾大学、国立清華大学、国立シンガポール大学など

〈育成環境〉
当社では若手社員にも積極的に開発プロジェクトの主担当を任せています。
創業当初から、八王子周辺の学生を集め、会社説明会やインターンを実施するなど、学ぶ環境を整備して、開放するなど、当初より教育意識があったため、現在も積極的に開発を任せていく社内風土があります。
企画段階から開発、試作、製品化に至るまで、リーダーとしてモノづくり全体の推進に携わることが出来る為、大手とは違う、ものづくりの面白さを実感できる環境があります。

〈未来を創る科学技術の発展に向けて〉
当社製品は、最先端の研究に使われ、多くの研究成果は、LEDやリチウムイオンバッテリーなど、10年後、20年後に社会を一変させる製品技術となって表れます。例えば、量子コンピューターにおけるデバイスの研究開発に、ナノテクノロジーが必要とされ、その他にも高速大容量通信技術の5G、6Gといった通信用デバイス、IoTセンサーといった最先端技術に、弊社の装置は大きな役割を果たしています。
その時こそ、当社製品により、科学技術の進歩に貢献したことを実感できる瞬間であり、社員一人一人が「自分たちが科学技術の発展を支えている」というやりがいを持つことに繋がっています。

会社情報
  • 企業名
    株式会社エリオニクス
  • 代表者
    代表取締役社長 七野 実
  • 設立
    1975年03月04日
  • 資本金
    270,000,000円
  • 従業員数
    102人
  • 事業内容
    電子・イオン等の粒子線、および光・X線等の
    電磁波に関する技術を応用した各種機器・システムの研究・開発・設計、
    製造・販売・技術提供・輸出入・ 保守サービス等
みんなの気になる 0help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社エリオニクス
https://www.elionix.co.jp/launch
挑戦したい成長領域

電子・イオンX線などの電磁波に関する技術を応用し、大学・官公庁へ研究用装置を開発していますが、現在はそれだけでなく生産向け装置の製造にも力を入れ、国内外に事業を拡大させています。

企業の詳細ページを見るchevron_right