宇宙業界未経験OK!組み込みハードウェアエンジニアとして超小型人工衛星開発をしてみませんか?

#高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する #スペースコマース・宇宙商用利用
組み込みハードウェアエンジニア  /   株式会社アクセルスペース
  • 解決したい社会課題
    「SPACE WITHIN YOUR REACH 〜宇宙を普通の場所に〜」というビジョンが実現できる社会を目指します。
  • 挑戦したい成長領域
    当社ミッションにもある「当たり前のように、宇宙を使う社会を創る」ことを可能にする技術や衛星開発にチャレンジします。
業務内容
【業務概要】
組み込みハードウェアエンジニアは、衛星に搭載するオンボードコンピュータ(OBC)をはじめとした組み込み機器のハードウェアを開発、設計、テストを行います。

【職務内容】
・組み込みハードウェアの開発
・衛星のシステム要求から基板仕様を設計し、それに基づいた回路設計
・衛星システム仕様、ほかの衛星コンポーネントの仕様に基づいたソフトウェア開発
・設計情報のドキュメント化
・設計およびコードレビュー
・電気系CADを用いて回路図作成
・基板製造に必要な情報を準備し、メーカーへ製造依頼を行い、納入された基板の受入検査を実地
・各種テスト設計と実地
・他のエンジニアリングチーム、パートナー、ベンダーと緊密に連携して、相互運用性/再利用性を確保
・隣り合うサブシステムとデバッグおよびインターフェースの推進
・ソフトウェア設計者と協力し、問題を解決
・初期運用およびトラブル発生時に衛星運用をサポート
・C/C++を用いてデバイスドライバの実装及びテスト
応募資格
【必須条件】
・学歴:デジタル回路、アナログ回路、電磁気、コンピューターサイエンス、制御工学、メカトロニクス、その他の工学に関する高等専門学校または大学を卒業
・ビジネスレベルの日本語(JLPT N1, N2保持者 優遇)と基本的な英語能力(技術的容についての十分なコミュニケーション能力とビジネスメール等)
・マイコンまたはFPGAおよびその周辺回路(電源、デジタルおよびアナログインターフェース等)の電子回路設計の実務経験が3年以上あること
・HDLやIDEによるFPGA logic設計の経験があること
・コンピュータシステム、特に組込みシステムの基本的な知識があること、またはその業務に従事した経験
・UART/USART, SPI, I2C等のプロトコルの知識
・各種機器(オシロスコープ、マルチメータ、ロジアナ、安定化電源)の基本的な知識または利用経験
・プリント基板アートワーク設計を自身または外注コントロールによって実施できること
・各種工具を用いて、プリント基板の部品交換や簡単なワイヤハーネスを作成できることARM, x86等)

【歓迎条件】
・前職にて組み込みハードウェア開発に3年以上従事
・LTSpice等による回路シミュレーションの実務経験があること
・基板のアートワーク設計経験があること
・プロセッサIPコア、またはSoCタイプのFPGAを利用したFPGAシステムの設計経験があること
・CまたはC++による組み込みソフトウェア開発の経験があること
・RTOSをベースとしたリアルタイムシステム開発の経験があること(例:FreeRTOS, vxWorks, uCLinux等)
・コマンドラインツール、GNU tool、スクリプトを使うことができること
・構成管理ツールを使えること。コンソールから利用できるとよい
・ソフトウェアのビルド環境を構築できること
・ハーネス設計の実務経験があること
・業界慣例の学位、資格、推薦状があること
みんなの気になる 3help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

ーアクセルスペースの目指す世界ー

① 衛星画像で宇宙から守る時代へ
アクセルスペースが提供する衛星データサービス「AxelGlobe」では、ただ画像を提供するだけでなく、利用シーンや用途に応じて適切な分析を行うことにより、人の目で確認するには何日もかかるような作業でも、衛星画像と分析技術を用いればあっという間に状況の把握を行い、次の打ち手を検討することが可能になります。

地球温暖化に伴う気候変動により、過去に経験したことのない災害の激甚化・頻発化が懸念されています。地球を守るため、人を守るため、自分を守るため、できることは何でもやらなければいけない時代になっています。

しかし地球は広く、限られたリソースでは見たい場所を全て見ることは中々叶いません。

ですが、衛星画像を使えば離れたところから、いつでも、どこでも最新の状況を確認することができます。またそれだけでなく、蓄積された過去のデータなどを組み合わせることにより、異常や変化があった時に自動で知らせてくれる、そんなサービスも実現可能です。

② イチ民間企業が自社事業専用の人工衛星を保有できる時代へ
これまでの宇宙利用は、位置情報や気象情報、衛星放送などの形で、国や一部の大企業が整備した特定の宇宙インフラをみんなでシェアしながら使うものでした。
しかし超小型衛星技術の到来により、イチ民間企業が自分のビジネスのために人工衛星を持ったり、あるいは宇宙データを利用する、そんな利用方法が実現しています。

これまでの宇宙利用のように国や特定の企業がデザインするのではなく、宇宙をどう利用・活用するのかというデザインから携わることができることにより、これまでの宇宙利用の延長ではない、新しい宇宙を使う社会を創ることができるのです。

宇宙ならでは・世界中どこでもアクセスできるからこそのアイデア・実現したいことをお待ちしています。

ーアクセルスペースの挑戦ー

① 宇宙をより「当たり前」の場所にするために
宇宙利用の中心は今や複数の超小型衛星で構成されるコンステレーションとなっています。
私たちは10年以上宇宙ビジネスをリードしてきた超小型衛星のパイオニアとして、宇宙利用の更なる発展に向け、リーダーシップを発揮していきます。

② 地球だけでなく、「地球圏」の持続可能性を
地球環境のサステナビリティは今を生きる人の最重要課題と言っても過言ではありません。当社が行っている衛星データサービスでは地球環境維持に役立てられる部分が少なくありません。森林保全や水産資源の保護などの環境保全のため、これからも私たちは衛星データ利用を進めていきます。

また私たちの責任はそれだけではありません。

これまでの宇宙利用は宇宙へ行くことが最大の目的であり、宇宙に打ち上げられる人工衛星などはそもそも少数であり、環境負荷などはほとんど顧みられることはありませんでした。
しかし、宇宙利用が一般的になっていくにつれ、数千機にも及ぶいわゆるメガコンステレーションの計画が立ち上がり、宇宙環境の維持という観点が無視できなくなってきました。

当社も宇宙利用のパイオニアとして、必要な機器の開発・ルールの整備など、宇宙環境を維持するために必要な活動を続けていきます。

ーアクセルスペースのメンバーと特徴ー

【各メンバーの多様性を大切に…!】
「超小型衛星で新たな価値を創造し、人々にとって欠かすことのできないものにする。」
この私たちの壮大なビジョンを実現するためには、新しい仲間が必要です。

私たちが仲間に求めるのは、人工衛星の深い専門知識や有名大学の博士号、論文掲載数などでは決してありません。
アクセルスペースのビジネスおよび自分の仕事に対して誇りと情熱を持ち、それを右に示したような行動につなげられるような人材を、日本全国始め世界中から歓迎します。

【オープンなコミュニケーションでフラットな組織作りを!】
あなたがどんなに優秀でも、一人で衛星を作ることはできません。他のチームメンバーと助け合わなければなりません。そのためには、「自分だけが分かればよい」という論理は通用しません。
簡潔かつ誤解のおそれのないドキュメントを書く能力や、他人とのコミュニケーション能力も、一人ひとりの責任が重いベンチャー企業では重要です。

【創造性と革新性を追い求める!】
アクセルスペースでは、自分たちの力でこれまでにない価値を生み出し、新しい世界を切り拓くんだという情熱に燃えていてほしいと思います。
その一方で、物事を考えるときは常に冷静になり、論理的な判断を下せなければなりません。ただし、時には右脳を使って面白いアイデアを出し合うことも必要になるでしょう。

写真・風景

  • オフィスの様子①

  • オフィスの様子②

  • 2015年12月29日、HODOYOSHI-1衛星より撮影した富士山(日本)

会社概要

メッセージ

■ 会社概要
Axelspaceは、2008年の設立以来磨き上げてきた独自の超小型衛星技術によって、多くの人が当たり前のように宇宙を利用する社会の実現を目指しています。
2015年からはAxelGlobeプロジェクトを開始、多数の衛星を打ち上げて地球を高頻度でモニタリングしていく新しいインフラの構築を始めています。2018年に最初の衛星を打ち上げ、2021年3月に4機の追加打ち上げに成功し、本格的に衛星画像利用の普及や促進を図っていく重要なタイミングを迎えています。

■ 事業概要
⑴ AxelGlobe事業
自社開発した超小型人工衛星コンステレーションによる地球観測サービスです。本事業では、人工衛星画像を用いて、衛星画像の提供や、コンサル・解析サービス等を行います。
人の目で確認するには何日もかかるような作業でも、衛星画像と分析技術を用いればあっという間に状況の把握を行い、次の打ち手を検討することが可能になります。
⑵ 専用衛星事業
世界的にも多種多様な衛星ビジネスを企画する企業が次々と立ち上がっており、あらゆる産業において人工衛星のニーズが高まり、今やイチ民間企業が自社事業のために人工衛星を持つことができる時代になりました。
当社の専用衛星事業では、顧客のニーズに合わせ、概念設計から製造・打上アレンジ・運用までをワンストップで提供します。

■ 当社の強み
2008年の創業以来、9機の超小型衛星の開発・打上・運用に成功し、日本の宇宙ベンチャーの中でも​圧倒的な実績を誇ります。
今までの人工衛星についてはこちらから詳細が確認可能です:https://www.axelspace.com/ja/history/

■ 社内について
⑴ 実は、社員の大半が宇宙業界での仕事は未経験で入社しています 。
ほとんどの募集職種は宇宙業界経験を必須条件としていません。
高専卒から博士卒等の様々な学歴を持つメンバーや、他業界で多くの経験を積んできたスペシャリストなどが集い、様々な専門知識・アイディアが飛び交います。
⑵ 社員の4割近くが海外から入社しています。
現在、16ヵ国もの国々からメンバーが集まっており、様々な文化・価値観が交じり合います。

■ さいごに
宇宙というのは、まだ市場やルール形成などが開拓途中であり、最後のフロンティアと呼ばれている業界です。
これまでの常識に囚われず、柔軟な発想で、挑戦し続けることが必要です。
宇宙業界はもちろん、他産業や様々なバックグラウンドで培った経験はあなたの武器です!

衛星テクノロジーを用いて社会貢献していくことにワクワク感を感じる、そこのあなた、
「Space within Your Reach 〜宇宙を普通の場所に〜」というビジョンに向かって一緒に働いてみませんか?

会社情報
  • 企業名
    株式会社アクセルスペース
  • 代表者
    代表者 中村 友哉
  • 設立
    2008年08月08日
  • 資本金
    71,000,000,000円
  • 従業員数
    90人
  • 事業内容
    超小型衛星等を活用したソリューションの提案
    超小型衛星及び関連コンポーネントの設計及び製造
    超小型衛星の打ち上げアレンジメント及び運用支援・受託
    超小型衛星が取得したデータに関する事業
みんなの気になる 3help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社アクセルスペース
https://www.axelspace.comlaunch
解決したい社会課題

「SPACE WITHIN YOUR REACH 〜宇宙を普通の場所に〜」というビジョンが実現できる社会を目指します。

挑戦したい成長領域

当社ミッションにもある「当たり前のように、宇宙を使う社会を創る」ことを可能にする技術や衛星開発にチャレンジします。

企業の詳細ページを見るchevron_right