DX領域にいま最も必要なプロデューサーの役割を担うポジション

#持続可能な発展を目的としたビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する #ビッグデータ・データマイニング
ビジネスコンサルタント  /   インキュデータ株式会社
  • 解決したい社会課題
    持続可能な発展を目的とした価値あるビジネスを創出するために、常に新しいテクノロジーの動きを捉え、クライアントの事業成長と事業革新になくてはならない存在を目指すことに挑戦します。
  • 挑戦したい成長領域
    データとテクノロジーの力で企業競争力の強化とビジネス変革の推進する、リーディングカンパニーとなることを実現します。
業務内容
全社のデータ活用/基盤構築のテーマでお声がけを頂くクライアントに対して、表面的なコンサルティングにとどまらず、ビジネス/ユーザエクスペリエンス/テクノロジーの3つの視点から同時に戦略を立て、DXを成功に導くために以下をお任せする予定です。

【具体的業務内容】
・データを中心としたDXの「課題開発」及び「全体戦略の策定」
・特定業界によらずクロスインダストリーでの案件提案・デリバリー業務
・大手企業トップレイヤーとのコミュニケーション
・クライアントの本質的な課題を見極め、DXにおける戦略→実行→自走化までを支援
・INCUDATAの成長に向けたインナー事業戦略立案や新規事業の企画

【主な案件タイプ】
DX戦略策定、データ活用戦略、ビジネス/サービスデザイン、マーケティンググランドデザイン、データ基盤導入要件定義、次世代マーケティング人財育成など

【当ポジションの魅力】
・自由に裁量を持ちながら提案・デリバリが可能
・特定の業界におけるプロフェッショナルにではなく、クロスインダストリーに関われる
・「従来のコンサルティング」という枠に囚われず、マーケター、エンジニア、ビジネスデザイナー等のあらゆるプロフェッショナルをミックスさせながら提案・デリバリができる
・コンサルタントとしての年収を保ちながら、第2次創業メンバーとしてINCUDATAを成長させる事業戦略や新規事業企画など、事業会社の側面にも携わることが可能
応募資格
【必須要件】
①事業会社やコンサルティングファームで以下のいずれかの経験がある方
・事業戦略・新規事業の企画・実行支援
・マーケティング戦略の企画・実行支援
・DX組織の立ち上げ・運用支援

②以下のマインドに共感できる方
・コミットメントとオーナーシップを持ってクライアントを支援する
・周囲を巻き込みながら、案件をドライブしていく

【歓迎要件】
・経営層/執行役員クラスへの提案経験が豊富な方
・英語力(読み書きレベル)
みんなの気になる 0help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

オーナーシップとコミットメントを持てれば、 ここまで自由にチャレンジできる環境はほか

2020年5月の入社以降「ストラテジスト」として活動し、データを軸にして新たな顧客体験を作り上げることにフォーカスしており、その戦略策定からさらに派生する業務改革、組織改革までをお客さまと伴走して進める役割を担っています。現在は、金融、不動産、エネルギーなど幅広い業界を担当しています。

INCUDATAは、ソフトバンク、博報堂、トレジャーデータのメンバーが中心となって立ち上げたジョイントベンチャーですが、私自身はプロパー社員として入社した第一期生になります。

ですから、自分たちが会社のベースをつくることを期待されている点にも、大きな魅力を感じています。社内を見渡しながら、課題があればすぐに解決策を提案して実行に移すような動き方も求められています。

その一例が、セールスプロセスの改善です。
DXという言葉が幅広い意味を持っていますし、お客さまの課題感も漠然としていることが多いです。当然提案内容の方向性も課題に応じて多岐にわたるので、セールスの初期段階からコンサルタントが適材適所で入れるようにセールスメンバーとコンサルタントを繋ぐHUB組織の立ち上げをストラテジストのメンバーで立ち上げました。
コンサルタントの負荷も考慮しながら的を絞って案件の成功率を高めていくのが狙いです。

自分自身もそうだったように、INCUDATAのカルチャーのもとで活躍できる人物像は、オーナーシップとコミットメントを持って仕事ができる人です。

自らの役割を自らで定義して、お客さまと自社の未来を切り拓いていけることに楽しみを感じることが出来る人であれば、ここまで自由にチャレンジできる環境は、おそらくほかにはないと思います。

ストラテジスト 鳥光氏のインタビュー
自分自身の働き方と意思で得られるモノがあります。

当社の求めるメンバーにはプロフェッショナルな仕事とオーナーシップを求めるからこそ、働き方や成果に対する対価も他社以上に準備しております。

基本的な福利厚生やス―パーフレックス制度(コアタイム無し)という成果をしっかり出すためにタイムマネジメントなども自ら設定できる環境です。

また、担うミッションや実力に応じて等級(グレード)を定め、 MBO(貢献度評価)を賞与や報酬へ反映し、部門によっては目標達成度に応じてインセンティブも発生します。
そのため、入社歴はあまり関係なく、挑戦や発言も奨励される社風で、仕事の裁量も大きいのも特徴です。

過去には、入社間もないメンバーが新規事業を発案し、企画から半年ほどの異例のスピードでリリースされた事例もあります。

責任も伴いますが、自身の強みを十分に発揮できるような環境です。

自由闊達な風土のもとで、多くのプロフェッショナルたちと一緒に働けます。
データビジネスのプロをめざせる希少な環境で成長速度を上げられます。

当社が価値提供するDXという、社会的に重要性の高いテーマに対して、ワンストップで応えられる会社は希少なため、早期に参画していただければ、この領域での濃密な成長機会を提供できると思います。

情報やナレッジといった3社間のナレッジを同時に学ぶことができ、それらをお客さまへアウトプットとして実践していくことになりますので、成長できる機会も多い環境です。

また、ワンストップで提供するサービスの中に、データ活用、マーケティング、ソリューションの機能として持ち、高いレベルで存在する企業は珍しいと思っています。

これまで特定領域や業界での提案やソリューションを扱ってきた方からすると、一つの会社内ですべてのアセットを活用できる環境は、とても魅力的に映るかと思いますし、仕事をしながら自社の弱点やボトルネックだと感じた部分も改善し、強みに変換することもできます。

キャリアに自信を持てる経験をぜひ一緒に創り上げてみませんか。

「真のDX」を実現するためにはプロフェッショナルな仕事を全員が担う必要があります。

写真・風景

  • 設立したばかりの新しいオフィスは広々とした空間で働きやすい。

  • 設立したばかりの新しいオフィスは広々とした空間で働きやすい。

  • 発想力と考える力が大切な仕事のため、スペースもゆとりある設計になっています。

会社概要

メッセージ

              データで、ビジネスはもっと面白くなる

データの利活用の実現、継続可能な新しいビジネスの創出など、データとテクノロジーの力でビジネスそのものを変革していくことをビジョンとしている当社は、ソフトバンク、博報堂、トレジャーデータ各社から多様なプロフェッショナルが集結し、それぞれの持つ知見や技術力を一社に融合することでシナジーが生まれ、共創した新しい価値を提供できる企業です。

「21世紀の石油」といわれるデータを組織横断的に活用している企業は僅かなため、当社はデータ活用のプロフェッショナルとして、価値を生み出すための活用方法を提案し、企業の課題解決や事業を共創することで事業変革の支援を行なっています。

◆各プロフェッショナルの持つ知見が生み出す新たな価値

ソフトバンク、博報堂、トレジャーデータというビジネスに関する多様な知見を持つからこそ実現できる価値があります。

例えば、ソフトバンクでは国内外グループ企業と事業共創やDXに取り組んだ実績や、通信キャリアとして独自の統計化データを扱ってきた経緯、5G、IoTなど先端技術の開発・導入実績を誇ります。
博報堂はデジタル×オフラインのマーケティング&コンサルティングノウハウをはじめ、宣伝・広報・マーケティング部門を中心としたお客さまとの取引実績や、独自に収集・蓄積したマーケティングデータ、生活者マスデータも所有。
トレジャーデータは圧倒的な業界No.1CDP、「Treasure Data CDP」を基盤に、DX、IoTなどに展開可能なデータベース、コンピュータサイエンスの知見を持っています。

それぞれの企業が最も強みとしている事業創出、マーケティング、テクノロジーが三位一体となることで、クライアントの期待を超える価値を目指しています。

また、独自の定義として、データとテクノロジーを使ってクライアントのビジネス変革を通し“顧客体験の向上”を実現させることを当社の考える”DX”と考えており、これまで多くのクライアントに価値提供を行なってきました。

◆“ワンストップ支援”を実現して、クライアントに伴走するサービス

データ活用の難しいところは、それぞれの分野でコア領域や対応領域が異なり、対応出来ないところは外部連携するといった、一貫したサービス提供が難しいことです。

当社では、これまでのデータ活用による事業創出で課題と感じている点を全て網羅し、ワンストップでの支援を実現しています。
一つの事業提案にかかるコンサル、代理店、ITベンダという三つの要素を自社では集約できているため、担当領域ごとのプロフェッショナルが横断的に対応しながら、コミュニケーションの断絶を避け、技術主幹とマーケティング主幹の隙間も埋めながら、伴走していけることは大きな強みです。

通常では、一つの領域でも数ヵ月から数年かかってしまう内容も全ての領域をカバーし、アジャイルで進められるため、競合他社と比較しても、精度高い、価値あるサービスの提供と、クライアントへの安心感を与えることもできます。

◆だからこそ、インキュデータに入社する意義

2019年10月に事業をスタートさせた当社で働く理由、意義は人それぞれ違いますが、全員が入社する時に思っているのは「社会にインパクトを与える」ことです。

社会にインパクト与えるために、事業を作りたい、これから課題になっていくことを解決したい、自分自身を成長させたい、と考えますが叶えるためには、努力とともに環境も重要です。

当社に入社したメンバーが語る魅力には、必要な知識、経験、メンバー、基盤といった全てがそろっている稀な企業であることや、大手企業の出資ではありますが、失敗やチャレンジを推奨するカルチャーが確立されている点も挙げてくれます。

ビジネス変革をリードしていく当社では、クライアントの考えや業界の概念を越えた新たな価値を生み出し、多方面にインプットとアウトプットを繰り返しながら、クライアントとともに自分自身も圧倒的なスピードで成長させていく意志も必要です。

その結果、必ず会社の発展にもつながることを設立から感じていますので、「データとテクノロジーの力でビジネスを変革していく」というビジョンに共感できて、新しいデータビジネスをゼロから立ち上げられる方と一緒に、時代を切り拓いていきたいと思っています。

【SCOPEチームからの企業印象】
大企業とスタートアップ、両方の良さを兼ね備えているため、安心感のある経営基盤を持ちながらも、個人の強みを発揮する余地がある点に大変魅力を感じます。
社風においても挑戦を大切にしている事から、自分で“何かを変えたい、生み出したい”という思いを持った方にとっては、キャリアに大きくプラスとなる企業と感じました。

会社情報
  • 企業名
    インキュデータ株式会社
  • 代表者
    代表取締役社長 兼 CEO 藤平 大輔
  • 設立
    2019年10月01日
  • 資本金
    2,000,000,000円
  • 従業員数
    183人
  • 事業内容
    データビジネスソリューションの開発・提供
みんなの気になる 0help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
インキュデータ株式会社
https://www.incudata.co.jp/launch
解決したい社会課題

持続可能な発展を目的とした価値あるビジネスを創出するために、常に新しいテクノロジーの動きを捉え、クライアントの事業成長と事業革新になくてはならない存在を目指すことに挑戦します。

挑戦したい成長領域

データとテクノロジーの力で企業競争力の強化とビジネス変革の推進する、リーディングカンパニーとなることを実現します。

企業の詳細ページを見るchevron_right