必要とされる製品作りで150年、大型ブロワの設計職で産業を支える

#省エネルギーな社会を実現する #回転体・動力機械(風車、ベアリング、フライホイール、ターボシステム、パワートレイン等)
設計・開発職  /   株式会社伊藤鐵工所
  • 解決したい社会課題
    エネルギー需要に関する課題に向き合い、技術・性能を追究した「ロバストな製品」を提供することで、解決への道筋をお客様に提案して参ります。
  • 挑戦したい成長領域
    大型プラントや処理施設などの中核を担うカスタムメイドされたブロア製品を開発することで、高機能かつコストを低減させた効率の良いエネルギーを生み出す生産イノベーションに挑戦します。
業務内容
ブロワ性能向上(動力効率、振動・騒音低減など)に必要な要素技術の研究をはじめ
新製品開発業務をお任せいたします。

【具体的な業務内容】
・新機能/新構造のアイデア出しや仮説立案
・CAEなどによる事前検討
・試作品の設計(アイデアの具現化)
・評価試験内容の検討、試験実施、分析・評価
・実製品化へ向けた製品設計
など
応募資格
【必須要件】
・機械工学(機械力学・材料力学・流体力学・熱力学)の基礎知識
・理系学部出身

【歓迎要件】
・開発業務・設計業務経験者
・CAE経験者

【求める人物像】
・広い視野を持ち、積極的に新しい事へチャレンジできる方
・周囲とコミュニケーションをとりながら、自分の考えをしっかり表現できる方
・自ら課題を見つけ、解決に向けて考え行動できる方
みんなの気になる 3help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

社長の考える「モノづくり未来」

製造業のモノづくりにおいて、『諸悪の根源は設計にあり』という定説があります。
製品の「性能」も「品質」も「コスト」も、その完成度は全て"設計"に起因していて、"造り手"の力量に依存するものではない という意味です。

私は当社に来る前に25年間、自動車業界でエンジニアとして経験を積んできました。
入社前に当社の社内製作図を見る機会を得た時に、自動車業界のそれと大きな差があることを確認したと同時に、そのような図面を基に製造された製品であっても海外からも含めて当社にニーズがあることにこの業界の将来性を感じました。

設計および製造の技術が未熟なのは、当社の製品(ブロワ)が使われる市場規模が小さくて激しい競争原理が働かなかったことが背景にあると思いますが、小さい市場ながらも様々なジャンルのプラントにおいて必要不可欠な装置であることも事実です。

一方で、高圧力や大容量、高温、特殊ガスを取り扱うケースなど、汎用的な装置では対応できないため細かいチューニングが必要となる案件もあり、近年ではそのようなニーズが増えてきている傾向にあると言えます。

今後は省エネや脱炭素対応も含めてユーザーから求められる性能がさらに多種多様に高度化していくと考えられます。また、製品の仕様が特殊になると代替品が存在しなくなるために、安定した運転を継続させる"絶対的な品質"が欠かせなくなります。

当社は個別受注・設計・製造を主体としたビジネスをしてきているので、一品一品に手間をかけて丁寧に造り上げていく体制になっています。ブロワの性能や品質を決定付ける製造工程も自社内に有しています。
したがって、当社では実現させなくてはならないユーザーからの要望と製造現場で起こる現実を直接対比しながら、設計者と製造者がいつでも議論し合って商品価値を追究することができる環境が整っています。

代表取締役社長 日下俊輔
社員が思う「伊藤鐵工所で働く魅力」

ブロワは従来からある機械要素で構成されており、成熟された製品と思われがちですが、まだまだ判らない事が多く開発の余地が多く残されています。

CAEなどを最大限に活用して開発を行なっていますが、予測しきれない部分もあり実試験での評価も同時に行っています。開発段階のCAE検討から試験評価、実製品化の検討まで全てを自分の手で行える為、技術者として、様々なスキルを身に付けることができる環境であることが大きな特徴です。

また、この様な新しい開発には失敗がつきものですが、「失敗から多くのことを学べる」ことを社長も理解しているため、しっかり検討した結果の失敗は、歓迎される風土です。

「失敗から多くのことを学んだとき」、「その失敗を生かして、納得いく製品を造り上げたとき」にやりがいと、技術者としての成長を感じます。
この様な社風にくわえ、研究開発施設の新設・積極的な開発への投資を行なっている企業は数少ないと思います。また、自ら考えたことを自らのやり方で進められるため、自主性を持ったエンジニアにとっては最適な環境です。

モノづくりが盛んな地域でずっと信頼されている理由がありますので、ぜひ一度働く姿を見てください。

お客様のためにも「挑戦する」ことを教えてくれる環境です。
伊藤鐵工所の歴史を作る「テーラーメイドの技術力」

当社は特殊ブロワに特化しているため、一品モノが多く、部分的な改良や変更、顧客依頼に対し標準化されている製品や工程よりも柔軟に対応できることが特徴です。

一品モノで培った技術とこれまで培ってきた知見によってサポートするため、「こうするともっと良くなる」というアイディアに対して周りのメンバーも柔軟に対応し、お客様のために何かしたい、と考え実行できる雰囲気は技術者にとっても楽しいかと思います。
また、メンテナンス事業に力を入れているため、現物確認により技術的問題・使用環境などあらゆる角度から検証でき、その後の技術開発や検証に役立つことも数多くあります。

開発、生産、メンテナンスといった「ブロワに関わるトータルサポート」によって生み出されたエンジニアリング力が事業を支え続けていますので、これからも新機能開発や機能の向上などに積極的に取り組みつつ、1社1社のお客様にもしっかり向き合う姿勢を大切にして参ります。

顧客と向き合うことは製品とも向き合うこと。自分たちで出来る事は何でも行ないます。

写真・風景

  • 特殊ブロワの組み立てまで細心の注意を払って完成させていきます。

  • 解析までもすることで徹底的に課題の原因追及を行なっています。

  • 部署を越えた交流やコミュニケーションも盛んです。

会社概要

メッセージ

            変貌する社会で一緒に実現したい未来は「モノづくりの正常化」

当社は、江戸時代末期1864年に創業以来、石油発動機から船舶用ディーゼルエンジン、ディーゼルエンジンの過給機用としてロータリブロワの開発を経て、ルーツブロワの研究・開発・製造・販売・アフターサービスまで一貫して提供できる特殊・大型ブロワの開発に特化した企業です。
特に回転機械に関する開発実績は長年の技術蓄積、ノウハウを持ち、業界で確固たる地位を確立しております。

大型ブロワの業界は非常にニッチですが大型施設やプラントには必要不可欠な製品となるため、国内外での需要も高く、すでに当社の製品も南極以外の7大陸で使用されており、専任スタッフによる納入やメンテナンスまで海外でも対応しております。

良い製品、優秀な人材を輩出するためにも、ブロワを通じて業界全体の底上げを考えていくことが、当社の使命と考え、モノづくり企業の希望の見える未来を創り上げていきたいと考えております。

◆断トツの業界シェアを誇る特殊ブロアに詰められた技術と製品力

ルーツブロワとは、一対のローターをハウジング内で、互いに接触しない微小な隙間を確保しながら同期回転させる送風機であり、水処理施設や焼却炉のエア供給、粉体やガス輸送(圧送)、バイオマス発電、灰処理設備などの圧送装置、製紙工場の脱水装置や燃焼ガス回収、粉粒体輸送(アンローダー)などの真空ポンプなど様々な分野で使用されています。

高温・高圧下において、微小な隙間を確保しながら長期間回り続けることのできる「ロバストな設計」、また使用される環境や条件などに合わせた、「カスタム設計」が必要となります。
そのため、開発部門では、当社が培ってきたディーゼルエンジン設計を継承しつつ、CAE(構造解析や流体解析・振動解析など)を活用し新しい考え方や観方を取り入れながら、性能向上・動力低減はもちろん静音化や低振動化にも取り組んでいます。

まさに、「世界に通用するためのエンジニアリング力」を持って、開発に励んでいます。

■ブロワと共に生み出してきた歴史と絶対的信頼

ブロワと言っても用途、大きさ、性能、コストも様々です。創業以来、業界トップでブロワの事を考え業界や産業を発展させてきた当社には他社を追随させない強みを持っています。
      
『高性能・高機能な製品力』 『圧倒的な耐久力』 『カスタムできる設計力』

これら3つを持つ企業は競合他社でも少なく、業界でも最も長く多くのお客様に使用いただいている「製品そのものへの絶対的信頼」を得られています。

その背景には、当社の製品は海外市場でも広く使われており、海外の厳しい環境下でも機能する製品設計の知見を有しているため、お客様にこれまで以上の「付加価値」を提案することができます。
お客様にとって価値ある製品と企業となるためには、長い期間安全・安心に使用していただくことも重要な役目となるため、専任技術者を中心に最後までしっかりとトータルサポートを行なっています。

■変化を受け入れる企業風土

歴史の長い企業では、ルールがしっかりしている反面、そこから逸脱することによるリスクを恐れ、新しいことにチャレンジしにくい環境となることが一般的です。
その点、当社はカスタム設計を主軸として、一つの製品を丁寧に造り上げる設計や製造を行なっているため、営業・設計・製造が密にコミュニケーションをとってきたことにより、何かを変えたいという思いに、関連部署もどうすればできるかを一緒になって考え、取り組む「変化を受け入れる企業風土」が根付いています。

この様な土壌だからこそ
積極的に新しいことにチャレンジしたいエンジニアにとっては非常にやりがいのある環境です。

歴史ある当社ですが、これからは働く人たちの意思による歴史を作り出したいと思いますので
ぜひこれからの未来を一緒に創っていきませんか。

会社情報
  • 企業名
    株式会社伊藤鐵工所
  • 代表者
    代表取締役社長 日下 俊輔
  • 設立
    1944年02月01日
  • 資本金
    140,000,000円
  • 従業員数
    154人
  • 事業内容
    産業用送風機・真空ポンプの開発、設計、製造、販売、及びアフターサービス・メンテナンス
みんなの気になる 3help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社伊藤鐵工所
http://ito-eng.co.jp/launch
解決したい社会課題

エネルギー需要に関する課題に向き合い、技術・性能を追究した「ロバストな製品」を提供することで、解決への道筋をお客様に提案して参ります。

挑戦したい成長領域

大型プラントや処理施設などの中核を担うカスタムメイドされたブロア製品を開発することで、高機能かつコストを低減させた効率の良いエネルギーを生み出す生産イノベーションに挑戦します。

企業の詳細ページを見るchevron_right