石灰の安定供給、新たな用途拡大にチャレンジする営業職

#持続可能な方法で天然資源を活用する社会を実現する #材料イノベーション
法人営業  /   上田石灰製造株式会社
  • 解決したい社会課題
    鉄や鋼の副原料、農作物の肥料、排水の中和剤をはじめ、私たちの生活の衣食住全てに深く関わる天然資源を安定的に供給し、技術を転用した環境保全にも取り組むことで日本の資源で環境を守り続けることに挑戦します。
  • 挑戦したい成長領域
    石灰石の採掘、加工、そしてノウハウを活用した環境保全事業を通じて、日本におけるあらゆる産業の発展に間接的に寄与しつつ、持続可能な方法で天然資源の活用と地球環境改善が循環する社会を実現します。
業務内容
各企業の購買部・調達部に対して、石灰製品及び鉄鋼原料製品の販売・情報収集・アフターケアを担当します。

【詳細】
お客様は大手企業を中心に50社程度を担当します。
営業グループは部門が3つに分かれています。
第一営業部では主に製紙・化学用、土木用商品
第二営業部では肥料用商品・官庁向け商品及びフロン処理業務
第三営業部では製鉄会社向け製品等を扱います。

■教育制度
・OJT
・営業に関係する必要な知識はその都度上司指示によりセミナー等受講
応募資格
【必須要件】
下記いずれも該当する方
・営業経験(業界不問、法人・個人不問)
・普通自動車免許

【歓迎要件】
・マネジメント経験(人材育成・業務管理・業務フォロー)
・理工系学部出身
みんなの気になる 0help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

当社の考え方

「市場創造」を掲げる工程では、常にゼロベースで考えることが仕事の鉄則です。今のやり方が正しいとは限りません。
これま全く異なる業界にいらしたとしても、新たな価値を創造することにおいて、それが新しい視点をもたらしてくれるかもしれません。少しでも興味を持っていただけたら、ぜひ一度お話ししてみませんか。

失敗を恐れず、チャレンジする気持ちを大切にしてください。チャレンジした先に成功があるのはもちろん、失敗もあるからです。
失敗はチャレンジした証であり、成長への糧となるもの。この考え方で社員の働きを評価しています。

目には見えないものを扱うこと

石灰の用いられる分野は多岐にわたります。
しかし、最終製品ではなく、その過程で利用される用途がほとんどであるため「欠かせない存在」ではあるものの、実際に目に見えたり触れることはできないことがほとんどです。
そのため「あってよかった、ありがとう」と重宝がられたり感謝されることもありません。
それは悲しいことではなく、水や空気のように、石灰が用いられることが当たり前であり、私たちの生活が滞りなく成り立っている証拠でもあります。
それを実現させているのが我々であり、このことに誇りを持っています。

写真・風景

  • あらゆる用途に用いられる石灰は、サプライチェーンを川上から支えています。

  • 採掘場を保有し、高品質な石灰を安定して供給しています。

  • 高い品質とユニークな新製品、地球のための研究開発に取り組んでいます。

会社概要

メッセージ

—太古の生命を現代に活かし、未来をつくる—

石灰石とは、国内で自給自足できる数少ないアルカリの性質を持つ鉱物です。
古くから鋼鉄の副原料として、化学薬品生成の材料として、建設土木の地盤安定剤として、そして農作物の肥料として、様々な領域で私たちの生活に欠かせない「縁の下の力持ち」として用いられてきました。
また、近年では地球環境の改善にも役立つエコ資源としても注目を浴びています。

当社は、1890年に創業。
以来130年以上にわたって石灰製品の製造に取り組み、石灰業界のリーディングカンパニーとして、企業規模はもちろんのこと、事業内容も拡大してきました。


◆石灰の需要は0にはならない
需要が0にならないということは、景気の波にも揺らぎません。
サプライチェーンの川上をたどれば石灰に行き着くと言えるほど、あらゆる産業を支えているため、今後どれだけ自動化、無人化、電子化が進もうとも、石灰の役割が失われることはありません。
(例えば、電子機器に搭載されるフラッシュメモリ。生産過程で生じる排水の中和にも石灰が用いられます。)

◆社会の「環境に対する取り組み」に対する需要にもフィット
当社では、石灰事業で培った技術と経験を活かして、環境事業にも力を入れています。
石灰焼却炉を用いて、回収されたフロンを破壊するシステムを構築したり、肥料を作る技術を応用したスラッジ(ゴミ・汚泥)除去のシステムをお客様先に提案することも行なっています。


SDGsの認知度向上やCOP26開催など、環境問題に対する注目は高まり、個人レベルでも向き合う機会が増えています。
当社の強みは130年積み上げてきた技術力や生産プロセスの構築力ですが、一方で新規プロセスを作り出す部分には伸びしろが残っています。
21世紀の環境問題を解決するのは「石灰」であり、そこには必ず当社の技術も活かせます。

共に伸びしろを埋め、環境問題に向き合っていただけるメンバーを募集しています。

会社情報
  • 企業名
    上田石灰製造株式会社
  • 代表者
    取締役社長 上田 和男
  • 設立
    1890年05月01日
  • 資本金
    100,000,000円
  • 従業員数
    126人
  • 事業内容
    石灰類の製造販売、エコマテリアル商品の製造・開発、フロン類の破壊処理など
みんなの気になる 0help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
上田石灰製造株式会社
http://www.uedalime.co.jp/index.htmllaunch
解決したい社会課題

鉄や鋼の副原料、農作物の肥料、排水の中和剤をはじめ、私たちの生活の衣食住全てに深く関わる天然資源を安定的に供給し、技術を転用した環境保全にも取り組むことで日本の資源で環境を守り続けることに挑戦します。

挑戦したい成長領域

石灰石の採掘、加工、そしてノウハウを活用した環境保全事業を通じて、日本におけるあらゆる産業の発展に間接的に寄与しつつ、持続可能な方法で天然資源の活用と地球環境改善が循環する社会を実現します。

企業の詳細ページを見るchevron_right