自動車の心臓部「コネクタ」部品の生産技術

#高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する #コネクテッドカー・テレマティクス
生産技術  /   住電装プラテック株式会社
  • 解決したい社会課題
    ワイヤーハーネスの世界トップシェアを誇る住友電装グループ企業として、精度の高い自動車の「生命線」を製造し、世界中の自動車に搭載されることで、モビリティの可能性を高めることに挑戦し続けます。
  • 挑戦したい成長領域
    自動車における筐体などの《ハード面》と性能を司る《ソフト面》を繋ぐコネクタ・ワイヤーハーネス。その性能、機能の高度化を推進し、更に信頼性・効率性の高い交通インフラを利用できる社会を実現します。
業務内容
コネクタ部品の生産技術担当として以下業務をお任せします。
・生産技術及び工程設計
・新規組立設備の立ち上げ、量産設備の改善
応募資格
【必須要件】
・機械設計図面の読み書きができる方
・普通自動車免許

【歓迎要件】
以下いずれかに該当する方
・生産技術の経験をお持ちの方
・機械保全技能士、電気工事士の資格をお持ちの方
・機械製図、生産設備の開発/立上げ、PLC/画像/ロボット等のプログラム経験者
・電気図面の読み書きができる方
みんなの気になる 1help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

自動車のワイヤーハーネス・コネクタが担う役割について

ワイヤーハーネスやコネクタは、自動車におけるあらゆる機能を電子制御により動かす需要な役割を担っています。

パワーウィンドウや方向指示器などはもちろんのこと、近年ではキーレスでエンジンをかけられたりトランクやスライドドアもボタン一つで開閉するなど、搭載される電子機器は増加の一途をたどっており、その分我々の担う役割の重要性も増しています。

一台の自動車の中により多くの部品が搭載されることになるため、ワイヤーハーネスやコネクタの小型化・軽量化は必至であり、その実現は燃費や環境保全の観点からも注目されています。

住電装プラテックの描く成長戦略

当社はかつて、独自の強みやウリの確立、そして技術力を可視化できるものとして、数々の特許を取得してきました。
しかし、世の中の製造特許(製造する過程の独自性について取得する特許)は、一品モノの製造が主流です。自動車部品のような大量生産品には不向きでした。
加えて、現代において自動車部品は複数の企業でシェアして用いられることが主流となってきました。

そうなると、「成長拡大」の機会損失となりかねません。

そこで現在、当社は特許取得にこだわらず、OEM、Tier1企業との協業によって技術力を活かす方向へ舵を切り、事業の更なる成長を目指しています。

求める人物像

現場に出て、五感で技術を吸収していける方にチャレンジいただきたいと考えています。
その礎として「電気・設備・プログラム」などの基礎知識が大切になりますが、初めからすべてを持ち合わせている必要はありません。

当社には充実した教育プログラムもありますので、現場での技術に加え、研修で計画的に知識も蓄えていただけます。

写真・風景

会社概要

メッセージ

  ———世界中の自動車に搭載される、クルマの生命線———

当社は1959年、静岡県清水町で創業しました。
当時はメーカーのハーネスやコネクタの下請けを生業としていましたが、オイルショックのあおりを受けた際に支援を受けたことが縁となり、以来、住友電装グループ主力工場として世界トップシェアを誇るワイヤーハーネスメーカーを支えています。

「100年に一度の自動車革命」を迎えていると言われて久しい我々の業界ですが、*CASE の実現や精度の向上の裏には当社の製品が不可欠であり、その分期待値も高まっています。
*CASE:コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化 の頭文字からつくられたビジネス用語

実は、当社がコネクタやワイヤーハーネスを手掛け始めた頃の市場シェアは3,4番目だったため、他社との差別化やウリを確立すべく、様々な特許を取得していきました。
しかし、世の中の製造特許は"一品モノ"がほとんどです。カー用品のような大量生産品が特許を出願・維持することは非常に困難でした。
そこで、現在では特許にこだわらず、メーカーに直接納入する一次サプライヤー(Tier1)と協業し、製品や技術をシェアすることで業界全体への影響度を高めています。

コネクタは、自動車の安全はもちろんのこと、小型化や軽量化によって環境保全にも関わります。
品質・コスト・納期で世界No1を目指しながら、モビリティ社会の発展に寄与していきます。

会社情報
  • 企業名
    住電装プラテック株式会社
  • 代表者
    代表取締役 栗本 直哉
  • 設立
    1959年09月01日
  • 資本金
    320,000,000円
  • 従業員数
    717人
  • 事業内容
    車輌用電装品製造
みんなの気になる 1help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
住電装プラテック株式会社
http://www.s-spt.co.jp/index.phplaunch
解決したい社会課題

ワイヤーハーネスの世界トップシェアを誇る住友電装グループ企業として、精度の高い自動車の「生命線」を製造し、世界中の自動車に搭載されることで、モビリティの可能性を高めることに挑戦し続けます。

挑戦したい成長領域

自動車における筐体などの《ハード面》と性能を司る《ソフト面》を繋ぐコネクタ・ワイヤーハーネス。その性能、機能の高度化を推進し、更に信頼性・効率性の高い交通インフラを利用できる社会を実現します。

企業の詳細ページを見るchevron_right