新しい包装技術で世界に挑む機械組立技術者

#高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する #パッケージング(包装・梱包)
機械組立技術者  /   株式会社ニッサンキコー
  • 解決したい社会課題
    国内外、業界を問わずフィルム包装であらゆる製品に清潔・安全・美しさ、そして輸送利便性を高める付加価値を与える包装を施すことで、高度化技術により信頼性・効率性の高い製品を利用できる社会を実現します。
  • 挑戦したい成長領域
    創業から約四半世紀の間、時代に則した自動包装機械を開発してきたノウハウと発想力を活かし、国内のみならず海外のニーズもキャッチアップしながら、まだ市場に無い包装形態を開発、展開していくことに挑戦します。
業務内容
オーダーメイドで世界に一つの包装機械の組み立てをお任せします。

【具体的には】
設計に基づいて包装機械を組み立て、動作確認します。

【育成について】
ご入社後は「組立補助」として先輩社員とともに工具の使い方、設計図面に沿った組立の方法を学びます。その後、一人で業務を行なえるようになれば組立技術者としてご活躍いただきます。
応募資格
【必須要件】
未経験歓迎となりますので、経験は問いません。
文系/理系問わずとなり、モノづくりが好きな方や向上心がある方をお待ちしております。

※中途入社も文系出身者も多く活躍しております。
未経験からスタートした先輩も知識やスキルを身に着けて活躍中です。
みんなの気になる 1help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

当社の強み、求める人物像

当社は会社の規模こそ大きくありませんが、業界を問わずここでしか対応できないニッチな要望に、「一品一案」の製品を提供できることを強みとしています。
これはひとえに、特許取得が裏付ける高い技術力とニーズを形にする発想力の賜物です。

また、製品の提供は「スタートライン」であり、その後の使用感のフィードバックや更なる要望のキャッチアップなどの傾聴を重視したアフターサービスがお客様の信頼を勝ち取ってきたと自負しています。

必要な知識や経験は丁寧にインプットしていただく期間を設けていますので、ご自身の手掛けた仕事が世の中に流通していく実感を得たい方、様々な業界に携わることで知見を深めたい方、新しいアイデアを発信したいという意欲をお持ちの方は是非一度、お話を聞きに来ていただきたいと思います。

研究・開発から生産、アフターフォローに至るまでトータルパッケージングシステムを目指します。

写真・風景

  • 当社の外観です。

  • 箱ものだけでなく、食品や筒状の商品なども板材とシュリンクさせることで安定した状態で輸送できます。

  • お客様に喜ばれるアイデアと技術、サービスを提供するために話し合いを重ねます。

会社概要

メッセージ

―製品と共に『付加価値』も包み込む。自動包装機械のパイオニア―

当社は1977年、シュリンク包装の自動収縮包装機の開発からスタートしました。
「国内初」である包装機の開発をいくつも手掛けながら、食品、医薬、建材、家電、自動車、物流など、業界を問わず技術を活かし、拠点を広げ、基盤を強固にしてきました。


■時流を読み、業界の一番手をつかみ取る
現在、当社で最もウェイトを占めているのは通信販売・物流に関する包装です。
ECサイトの充実や昨今のコロナ禍の影響で非常に伸びているこの業界に、20年前から参入しており、皆さんが耳にしたことのある、また利用したことのあるであろう大手通販サービスでもニッサンキコーの技術が用いられています。
社名が直接目に入る機会こそありませんが、きっと皆さんの手元にも当社の手掛けた包装で、商品が届いているはずです。

その他の業界についても、周りが目を付ける前に一番手として乗り込むことで、各業界の大手企業と取引を行なってきました。

■不可能を可能にする技術を生み出す
当社は、自社単独のものから各業界を巻き込んだ共同開発のものまで、創業以来培ってきたニーズをくみ取る力と実現させる技術力を掛け合わせ、様々な特許を取得してきました。

また、段ボールとフィルムの特性を活かした 【魅せる、守る、人を想い、地球を想う】"OMOTENASHI"のパッケージ《Showrap》の開発では、2017年のグッドデザイン賞を受賞。利便性だけでなく付加価値を生み出す開発にも取り組んでいます。

もちろん、技術力だけに胡坐をかくことなくニッチなニーズを一品一案で提案し、納入を「スタート」と位置づけ、どこよりもアフターサービスに注力するスタンスが社内で醸成されていることが、お客様から信頼していただける理由だと自負しています。

■これからも市場に無い包装形態を生み出すために
当社の成長は、社会のニーズを読む力・ニーズを製品化させる発想力・発想を実現させる技術力が支えてきました。
それを更に強固し、そして国内だけでなく海外にも展開していくことを視野に入れ、2020年に開発室という部署を新設しました。

会社情報
  • 企業名
    株式会社ニッサンキコー
  • 代表者
    代表取締役社長 大浦 之博
  • 設立
    1977年07月15日
  • 資本金
    40,000,000円
  • 従業員数
    70人
  • 事業内容
    ・フィルム包装機械の設計、製造、販売
    ・包装資材等の販売
みんなの気になる 1help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社ニッサンキコー
https://www.nissankiko.co.jp/launch
解決したい社会課題

国内外、業界を問わずフィルム包装であらゆる製品に清潔・安全・美しさ、そして輸送利便性を高める付加価値を与える包装を施すことで、高度化技術により信頼性・効率性の高い製品を利用できる社会を実現します。

挑戦したい成長領域

創業から約四半世紀の間、時代に則した自動包装機械を開発してきたノウハウと発想力を活かし、国内のみならず海外のニーズもキャッチアップしながら、まだ市場に無い包装形態を開発、展開していくことに挑戦します。

企業の詳細ページを見るchevron_right