【サービスエンジニア】専門性抜群、産業用印刷機における"名医"

#省エネルギーな社会を実現する #パッケージング(包装・梱包)
サービスエンジニア  /   株式会社ミヤコシ
  • 解決したい社会課題
    製品性能だけでなく環境性能を重視した印刷物の製造環境において、安全性・快適性を向上させることで、環境負荷の少ないパッケージを創り出し、持続可能な社会発展を実現していきます。
  • 挑戦したい成長領域
    社会の持続可能な発展に貢献するため、全生産工場を通じ、製造段階での環境負荷軽減・環境課題の解決に挑戦し続けます。
業務内容
産業用印刷機メーカーとして大手印刷会社などと取引する当社。あなたには、お客様先に導入した印刷機の修理・メンテナンスなどをお任せします。

■業務の流れ
カスタマーサービス担当が「機械の故障か」「システム面の故障か」の判断をして仕事を割り振ります。
まず電話で状況をヒアリングし、修理が必要か検討します。必要があれば訪問して修理をします。

主な業務としては、
・お問い合わせに対する訪問を通じて、導入製品が正常に動くようにメンテナンス
・取引顧客への定期メンテナンス
・導入サポート及びリプレイスの提案
・印刷機の設置と撤去のサポート
・追加機能依頼問い合わせ、導入調査
・調査情報のエスカレーション(設計、製造担当へ)

機械 / 電気と担当部門が分かれている為、1人で作業することもあれば、両部門が連携して2~3人で担当することもあります。

■多彩な印刷機に携わります。
伝票・出版物・ワインなどのラベル・化粧品や食品のパッケージ・布・建材など、様々なものに印刷できる印刷機を製造。他メーカーと共同開発した製品、お客様ごとにオーダーメイドで開発した製品もあります。

■専門性の高い技術を学べます。
3年間は、先輩のもとで学ぶOJT期間。様々な印刷機の構造、故障の原因の調べ方と対処法、お客様とのコミュニケーションのコツなど、じっくりと学べます。

■機材や工具を持ち運ぶ必要がある為、少し離れた地域でも車訪問が中心です。
不定期ですが、1カ月に1回程度は泊りがけの出張も。経験を積んでからは海外出張の可能性もあります。

■組織構成
西日本サービス課/電気グループに配属となります。
西日本サービス課では機械グループと電気グループに分かれており、全体で9名所属しております。
内訳は電気グループは2名、機械グループは7名となります。年齢は22才~59代と幅広く、平均年齢は40代となります。

■働く環境について
訪問先のエリアによる移動時間や修理状況によって残業が発生いたします。
残業手当についても1分単位でお支払いしており、サービス残業は一切ございません。
土日出勤が発生する可能性がございますが、急な呼び出しは一切なく、事前にお客様より強いご要望をいただいた時のみ発生する仕組みです。
また、働き方改革により休日出勤した場合は振休を必ず取得するように管理しております。
応募資格
■必須条件:
・普通自動車免許

■歓迎要件
・電気設備、制御機器のメンテナンス経験
みんなの気になる 0help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

【デジタル・高機能・ソリューション】世界を舞台に多角化を図る。

現在、当社技術の強みは「ビジネスフォーム」と言われる印刷物を作る機械で、業界トップシェアを誇っております。
伝票や明細書などのシンプルなものから、圧着はがき、複写配送伝票、偽造防止カード、宝くじ、船券・馬券、窓付き封筒などです。

それ以外にも「生活産業向け資材」に関するものということです。
特に「テキスタイル」や「パッケージ」「ラベル」「建材」「ICチップ」など衣・食・住に関わる分野に関して力を入れております。

また海外展開の足掛かりとしてるのが「ワインのラベル」です。
欧州には巨大なワインの市場がありますが、各国・各地方のワイナリーがそれぞれ独自のブランドを持って、限られた本数を全世界に出荷するという独特の構造になっており、当社の得意とする「小ロット・多品種」がズバリあてはまる市場です。

このように「小ロット・多品種」を中心に、アジアとヨーロッパでの販売網の充実も図り、海外展開を進めていきます。
当社は社員が若いうちからどんどん任せていく会社なので「世界を舞台に仕事をしたい」という人には大いに活躍のチャンスがあります。

資材、技術、加工のサイクルを回し、高い壁を取り払い、市場を切り拓いてきました。
【開発力×技術力×ビジネス力】世界シェア6割を達成した商品力

とくにフォーム印刷機については長年の技術とノウハウを重ねてきており、壊れない、頑丈だという評価を頂いています。

印刷機械は毎日稼働して、大量の印刷物を作り続けています。
故障、欠陥、事故など、万が一にも 不具合が出てしまう事もあります。
停止してしまうようなことがあれば、当社のお客様(印刷会社)はもちろん、印刷物を発注したお客様にも大変な迷惑をかけてしまいます。

ですので、我々の仕事は機械を売っておしまいではなく、その後のメンテナンスや消耗品を届ける仕事が続きます。
当社には70年の歴史がありますが、ここまで会社が発展してきたのは、そうした信頼が一つ一つ積み上がってきた結果です。

納品して終わりではありません。
「こんなことができる機械が作れないか?」と相談をいただくこともあるのですが、逆にこちらから「当社の機械でしたらこんなことができます!」と提案することもあります。
先方の課題をヒアリングし、どうすれば効率化や利益増に貢献できるか、あるいは当社の技術で何ができるのかなど、専門性を生かしたコンサルティングのような動きもします。

この一つ一つの課題解決が製品の永続性を再重視するミヤコシの強さなのです。

時代の最先端技術を研究し、斬新なアイデアと豊富な経験で実用化するミヤコシの技術。
【SDGs促進】蓄積された技術を通じて持続可能な世界の創る。

当社は事業活動および製品ライフサイクルを通し環境負荷低減を目指しています。

キーポイントとなったのは、紙ストロー生産機の開発です。
世界中で脱プラスチック化を後押しする声が高まる中、その象徴的なアイテムとなった紙ストロー。
日本国内でも、プラスチックストローから紙ストローへと代替し、環境対応に取り組んでいることのPRにつなげようという動きが広がりつつある中で、国内機械メーカーとして初の取り組みとなる、紙ストロー生産機「Miyakoshi STO-001」の開発を2019年に成功しています。

紙ストロー生産機だけにとどまらず、環境を配慮したエコ印刷を推進し、製品性能だけでなく環境性能を強化。
印刷物製造環境の安全性・快適性を向上させており、市場に対し、低環境負荷原材料への代替えを実現する製造設備、製造工程における低公害・低環境負荷物質や省エネルギーに配慮した製造設備等の提供を進めています。

また世界的に深刻化しているマイクロプラスチックごみによる海洋汚染問題、脱プラスチック化、といったエネルギーや環境問題への改善取り組みを促進し、トータルに環境負荷低減させ、持続可能な社会発展に貢献していきます。

製品だけでなく、クールビズ・ウォームビズといったオフィス内の環境負荷削減にも取り組んでいます。

写真・風景

  • 当社が印刷する印刷物の特徴は、 「小ロット多品種」の制作物が中心です。

  • 最先端の印刷機から エリアで唯一の機械まで、 様々な設備が揃う職場です。

  • 失敗を恐れず、新しい事に積極的に挑戦する姿勢を大事にしています。

会社概要

メッセージ

当社は1946年の創業以来、70年余にわたり商業用印刷機を中心とした印刷機メーカーとして業界をリードしてきました。

印刷機から関連機器まで、最先端の技術・製品を揃え、開発、設計、製造、販売、保守メンテナンスに至るまで、トータルに事業を展開。
印刷のプロフェッショナルが扱う大型の「産業用印刷機」を"ゼロ"から製作するオーダーメイドの受注生産体制を構築し、同分野における国内シェアはトップクラス。

IT化によって大量印刷から多品種少量印刷へ印刷需要のトレンドも変わる現在、しかし依然として低コスト、高品質も求められる市場ニーズに対し、同社はデジタル印刷とアナログ印刷の両方の技術を兼ね備えた総合印刷機械メーカーとしてシェアを広げています。

当社が強みとするのは品質・安定性・生産性に優れた製品で、印刷だけでなくカット、折り、抜き、綴じ、貼り合わせ等様々な加工を組み合わせることが可能です。

こういった加工を可能としている理由は印刷機、加工機、デジタルプリンターを自社で開発し、機械を納めた後のメンテナンス、導入後のカスタマイズ、追加機能、改造といった機能拡張を自社で一貫して実施しているためです。
ここまで幅広い印刷を可能としている企業は国内外を含め限られており、この柔軟性は創業時からの一つの強みであります。

現在は様々なニーズに応えられるような製品開発ができており、紙の印刷物以外の領域も広げ、布、フィルム、建材、ICチップといった生活産業に関わる印刷を促進しています。
今後は「少量×多品種×高品質×エコ」に対応し、独自技術を用いた高性能な印刷機を創り出し、“印刷全方位カンパニー” として発展を続けていきます。

<主力製品>
・デジタルオンデマンド
・ビジネスフォーム
・ラベル印刷機
・商業用オフセット輪転機
・フィルム用オフセット輪転機
・角底製袋機

※当社が推進する環境印刷やSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みに注目が集まっています。
食品パッケージなどで使用される「軟包装フィルム印刷機」や、日本で一番最初に実現させた「紙ストロー生産機」など、CO2(材料等を除く)を削減した製品の実現やSDGsを通した内部組織力強化など、社会課題を解決し、持続可能な社会の実現に向けた活動を展開していきます。

会社情報
  • 企業名
    株式会社ミヤコシ
  • 代表者
    代表取締役社長 代表取締役社長 宮腰 亨
  • 設立
    1961年01月21日
  • 資本金
    93,300,000円
  • 従業員数
    118人
  • 事業内容
    印刷機械の製造・販売

    <主力製品>
    デジタルオンデマンド
    ビジネスフォーム
    ラベル印刷機
    商業用オフセット輪転機
    フィルム用オフセット輪転機
    角底製袋機
    その他
みんなの気になる 0help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社ミヤコシ
https://miyakoshi.co.jp/launch
解決したい社会課題

製品性能だけでなく環境性能を重視した印刷物の製造環境において、安全性・快適性を向上させることで、環境負荷の少ないパッケージを創り出し、持続可能な社会発展を実現していきます。

挑戦したい成長領域

社会の持続可能な発展に貢献するため、全生産工場を通じ、製造段階での環境負荷軽減・環境課題の解決に挑戦し続けます。

企業の詳細ページを見るchevron_right