環境保全や再生可能エネルギーに貢献する「プラント施工管理(機械)」

#持続可能な産業構造の構築により環境や健康への影響を最小化する社会を実現する #バイオマス発電・バイオ燃料
プラント施工管理(機械)  /   株式会社タクマ
  • 解決したい社会課題
    ボイラを源流とする一般廃棄物処理やバイオマス発電などのプラント技術により、環境保全と再生可能エネルギーを中心的に利用する社会を実現します。
  • 挑戦したい成長領域
    お客様に寄り添い、独自の技術やサービスによってエネルギーの有効活用と環境保全を推進し、持続可能な社会の実現に貢献します。
業務内容
①プラント(ごみ処理施設・エネルギープラント)工事に関する工事計画・見積業務
②計画業務に伴う現地調査業務
③受注案件の発注業務(工事部分)
④現場での施工監理業務(長期出張)
応募資格
プラント工事(機械設置・配管・耐火物)施工監理業務経験者
1級管工事施工管理技士
長期にわたり現場(全国)出張可能であること
みんなの気になる 1help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

長期ビジョン「Vision2030」の実現に向けESG経営を推進

現在、世界では、気候変動への対応、新興国を中心としたエネルギー需要の増加、廃棄物問題など、タクマグループが手掛けるエネルギーや環境の分野にまつわる様々な社会課題が生じています。こうした社会課題や中長期のトレンドを踏まえた新たな経営方針として、2030年に向けたタクマグループの長期ビジョン「Vision2030」を策定しました。
タクマグループは、本ビジョンのもと、事業活動を通じて再生可能エネルギーの活用と環境保全の分野を中心にお客様や社会の課題を解決することでESGに関する重要課題に取り組むESG経営を推進し、利益レベルとして「2030年度に経常利益200億円」を目指します。創業の精神「汽罐報国」を継承してきたタクマグループにとって、ESG経営の精神はすでに根付いているものであり、このあり方を更に進化させ、目標の実現に向け邁進していきます。

写真・風景

  • 大規模な工事を指揮、監督します。

  • ごみ発電プラントの中核、焼却炉の据付工事完了。

  • 美観も備えた施設の完成です。

会社概要

メッセージ

当社の創業者である田熊常吉は、1912年に「タクマ式汽罐(ボイラ)」を発明し、国内産業の発展に大きく貢献しました。
1938年にはボイラを通じて社会へ貢献するという「汽罐報国」の精神を掲げ、当社を創業。以来、タクマグループは、創業の精神を継承し、いつの時代もより新しい技術に挑戦し、創意工夫によりお客様に必要とされる新たな製品やサービスを世に送り出し、社会の発展と課題の解決に貢献してまいりました。

現在は、「世の中が必要とするもの、世の中に価値があると認められるものを生み出すことで社会に貢献し、企業としての価値を高めて長期的な発展とすべてのステークホルダーの満足をめざす」という創業の精神を継承した経営理念のもと、ボイラの技術を源流とするごみ焼却施設などの一般廃棄物処理プラント、バイオマス発電所などのエネルギープラント、ならびに水処理プラント、のEPC(プラントの設計、調達、建設、試運転を含む、プロジェクトの建設工事請負契約)や運転管理、アフターサービスなど、エネルギーの活用と環境保全の分野を中心とする事業を展開しております。
これらの事業は、数々の研究開発や試行錯誤により、改良・改善を重ね蓄積してきた技術・ノウハウと、アフターサービスやソリューションの提供等を通じて、長年にわたる真摯なお付き合いにより醸成されたお客様との信頼関係を強みとし、そのポジションを確かなものとしています。

会社情報
  • 企業名
    株式会社タクマ
  • 代表者
    取締役社長 南條 博昭
  • 設立
    1938年06月10日
  • 資本金
    13,367,000,000円
  • 従業員数
    894人
  • 事業内容
    各種ボイラ、機械設備、公害防止プラント、環境設備プラント、冷暖房ならびに給排水衛生設備の設計、 施工及び監理、土木建築、その他工事の設計、施工及び監理
みんなの気になる 1help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社タクマ
https://www.takuma.co.jp/launch
解決したい社会課題

ボイラを源流とする一般廃棄物処理やバイオマス発電などのプラント技術により、環境保全と再生可能エネルギーを中心的に利用する社会を実現します。

挑戦したい成長領域

お客様に寄り添い、独自の技術やサービスによってエネルギーの有効活用と環境保全を推進し、持続可能な社会の実現に貢献します。

企業の詳細ページを見るchevron_right