油圧シリンダーの異形部品加工の検査・品質管理

#高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する #重負荷/危険作業ロボット/重機・建機操作ロボット
検査・品質管理  /   大島機工株式会社
  • 解決したい社会課題
    油圧シリンダーの異形部品加工を担う高い技術力で、特殊車両を含む様々な建機に製品を提供し、人々に信頼されるインフラ整備が可能な社会を実現します。
  • 挑戦したい成長領域
    人の手が欠かせない繊細で複雑な製品づくりや加工のノウハウで信頼を集め、大手建機企業などと協業して建設業界の省人化を推進し、『未来のために働くクルマ』の性能向上に挑戦し続けます。
業務内容
当社製品の品質を左右する重要なポジションです。

具体的には、
・社内で製造した部品を計測器を使用しての検査業務
・協力企業製作品の受入検査業務
・不良発生率低減のための品質管理業務
・ISO9001、エコステージ2の管理責任者業務
などに携わっていただきます。

また、今回の募集は社内の技術力向上のための増員なので、通常業務に慣れていただいた後はリーダーや管理ポジションとしてご活躍いただくことを想定しています。
応募資格
【必須要件】
ノギス、マイクロメーターなどの計測機器の取り扱い経験
図面の読み解き
Excel、Wordなどのパソコン基本操作

【歓迎要件】
リーダー経験
管理職経験
機械加工経験
検査・品質管理業務経験
ISO内部監査員、管理責任者の経験
みんなの気になる 1help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

創業間もなく半世紀を迎える当社、次世代を共に築いてくれるメンバーを求めています。

当社ページをご覧いただきありがとうございます。

現在当社は、このご時世に大変ありがたいことに、やる気あるフレッシュなメンバーが相次いで入社してくれています。
そうなることで次に必要となるのが、彼らのやる気を技術力へ転換していくための見本となる人材や教育者です。

もちろん、腕に自信のある方にご入社いただけるに越したことはありません。しかしそれよりも大切にしたいのが、「ものづくりが好きだ」という想いや、「自分の技術を活かして組織・社会を良くしたい」という気持ちを持っているかどうかです。


アメリカの大統領であったジョン・F・ケネディが、大統領就任演説でこのような言葉を残しました。

Ask not what your country can do for you. Ask what you can do for your country.
―国があなたに何をしてくれるか?ではなく、あなた自身が国に対して何が出来るのか?と考えよう―

大島機工は、この「国」を「自組織」「社会」に置き換え、みんなが自発的に働ける会社にしていきたいと考えています。

技術者・教育者として完璧な方を求めているわけではありません。
自分の果たすべき責任から逃げださず、多少粗くてもチャレンジ精神を持って取り組める方と一緒に働きたいと思っており、将来は私と共に当社の運営に関わっていただけることを願っています。

代表取締役 山口 伸治
『ICT建機』という奥深い世界。子どもの頃のワクワクを思い出させてくれます。

当社の主要製品はショベルカーやブルドーザーといった建機に用いられますが、いま、それらが活躍する施工現場のICT化が目覚ましいことをご存じでしょうか。

国土交通省では、「i-Construction」と銘打ち、2016年頃から建設分野の生産性向上のためのICT化を推進しています。

ドローンを用いた測量や、建設に関わるあらゆる情報を集約するクラウドプラットフォームなどが登場しており、建機においてはコンピュータ制御による操作補助や無人化が実現しています。

大手企業がこのような機能を備えた建機の新車種を発表しており、当社でもストロークセンサ付油圧シリンダの試作に協力しています。

これまでの経験を活かし、『未来のために働くクルマ』を一緒に手掛けませんか。

建機の油圧シリンダー(イメージ)
当社の<検査・品質管理>に求めるのはこんな人

今回このポジションの募集の背景には、長年この業務を務めてくれている社員の後継者の育成という目的があります。
2~3年かけて着実に仕事を引き継いでいただきたいと思っており、その為、業務はほとんど二人一組で行なう予定です。

検査・品質管理は「製品」が定められた基準に対して〇か✖の評価を下すシンプルなもの、というイメージをお持ちかもしれません。
一方、今回募集しているポジションは「人」を相手にする仕事です。初回・中間・最終のチェックを怠らないことを啓蒙し、全員で品質を高めるルールの徹底を醸成すること、品質について取引先と折衝できることが重要です。
縦割りの判断力に加えて、人と接することへの興味・関心もある方ほど活躍いただけると思います。

社員全員の「当たり前」レベルの高さは、このこのポジションの存在が大きいー

写真・風景

  • 建機の要、油圧シリンダーの異形部品加工で社会を支えます。

  • 品質の高さは、社員の「当たり前」基準の高さの表れです。

  • 大島機工を「大きく」ではなく「強く」するための仲間を募っています。

会社概要

メッセージ

当社は、建設機械(建機)の部品の製造・加工、中でも特に油圧シリンダーの異形部品加工を得意としています。
製造業、加工業の集中する、ここ神奈川県相模原地区で《誠実・強い心・信頼》を社是に掲げ、間もなく創業50年を迎えます。

◇◇◇大島機工3つの誇り◇◇◇

◆品質に対する誇り
製品の不良品発生率の低さは、業界の中でも高水準。
トップダウンで厳しく管理せずとも、全員の品質に対する「普通」の基準が高く保たれています。評価として、2018年には神奈川県優良工場表彰を受章しています。

我々がここまで品質にこだわるのは、お客様のためであることはもちろん、自分たちのためでもあります。
高品質が保持できていれば、作り直しなどの無駄な時間が発生しません。その結果、労働時間短縮、ひいては働き方改革に繋がります。また、お客様から良い評価を頂ければ、それが信頼となり、新たな仕事に繋がるチャンスとなるでしょう。


◆技術に対する誇り
当社の強みは、なんといっても鍛造や鋳物材料から加工する「異形品加工」です。
客先からのニーズの特性上、小ロットであることがほとんど。そして部品の形が複雑になるほど、機械+人の手が必要となります。
この様な加工をビジネスとして成立させるには、あらゆる要望に応える対応力と、正確に加工する技術力が欠かせません。

大量生産できるシンプルな製品づくりだけでは、他社と競争になるだけです。一方、ニッチな製品を手広く包括出来る技術力があれば、販路が広がります。
当社で生産した部品は、国内向けから海外向けとグローバルに活躍する建機に搭載され、ミニ建機から小・中・大型建機まで、小さな部品から大型部品まで幅のある製品を生産するため、景気や社会情勢の変化に揺らぐことなく、経営が安定します。


◆建機を通じて、この国を支えているという誇り
約50年前、当社の設立と同じ頃、日本は高度経済成長期を迎えました。安全性・正確性共に世界最高水準ともいわれる「鉄道」、高速道路や高層建物などが驚くほどのスピードで建てられていきました。
現在、当時の道路や架橋、建物の老朽化に伴う補強・建て替えといったインフラのメンテナンスが急務な時代に突入しています。
また、昨今よく耳にするSDGsをはじめとした私たちの意識の変化から、地球環境に配慮した生活を求める傾向は強くなっています。
そして予測不可能な天災…

古くなったインフラのスクラップ&ビルド、自然エネルギーを得るための整備、人命救助やライフラインの復旧など、これらに共通して活躍するのが「建機」です。
当社の油圧シリンダーはそんな建機の要の部品です。

また、高い加工技術やノウハウを評価され、大手企業と共に、建機の低燃費化や無人化に取り組んでいます。
これは、国土交通省の提唱する「アイ・コンストラクション」(建設現場のICT化)推進にも関わる事業です。


たかが製造、されど製造。
誇りを持って誠実に、強い心で仕事に取り組むことで、多くの信頼を得られます。
信頼はオモシロイ仕事との縁を引き寄せます。


当社を通じて、製造業の醍醐味に触れてください。

会社情報
  • 企業名
    大島機工株式会社
  • 代表者
    代表取締役 山口 伸治
  • 設立
    1973年05月01日
  • 資本金
    10,000,000円
  • 従業員数
    28人
  • 事業内容
    金属製品製造業
    ・建設機械部品、油圧シリンダ部品
    ・自動車部品
    ・ガス器具部品
    ・産業機械部品
みんなの気になる 1help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
大島機工株式会社
https://www.ookk.jp/launch
解決したい社会課題

油圧シリンダーの異形部品加工を担う高い技術力で、特殊車両を含む様々な建機に製品を提供し、人々に信頼されるインフラ整備が可能な社会を実現します。

挑戦したい成長領域

人の手が欠かせない繊細で複雑な製品づくりや加工のノウハウで信頼を集め、大手建機企業などと協業して建設業界の省人化を推進し、『未来のために働くクルマ』の性能向上に挑戦し続けます。

企業の詳細ページを見るchevron_right