【東京】mimi® に関する応用開発職務

ソフトウェアエンジニア  /  
Fairy Devices株式会社(フェアリーデバイセズ株式会社)
  • 企業が挑戦したいこと
    #バリアフリー社会
  • 挑戦したい領域
    #音声認識・音声合成
業務内容

【具体的業務】
mimi® に関する応用開発職務を行っていただきます。
当社は、音声対話システムのための技術スタック mimi® と、そのクラウド APIサービスの運営、及び mimi® に最適化された音声入出力ハードウェアシリーズである Fairy I/O によって、音声ソリューションの新しい可能性を探索しています。
本件募集職務の範囲には、mimi® に関する応用開発と機能拡張、mimi® の機能を用いたクライアントの要望に基づく共同研究開発業務における開発作業、クラウドAPIサービスの機能拡張、その他の「mimi®」及び「Fairy I/O」を用いた応用サービス開発作業が含まれます。
これまでの実績として、mimi® を利用している顧客ハードウェアは累計180万台に及び、数十万台のアクティブな顧客ハードウェアからの音声処理リクエストを、Google Cloud Platform上に構築された当社クラウドAPIサービスで直接処理をしています。
「mimi®」の機能を用いた共同研究開発業務においては、SI、通信、電機、自動車等の大手企業をクライアントとする数多くの共同研究開発実績があります。これらの経験を基に開発された「Fairy I/O」は、自社サービスをドッグフーディングしたハードウェアであり、複数の会社が「Fairy I/O」上に応用サービスの開発を進めています。
社外とのアライアンスとして、当社は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と多言語音声翻訳システムに関する知的財産の実施契約を結んでいます。また、Google Cloud PlatformTM テクノロジーパートナーとしてGoogle が提供する各種APIの商業応用を進めています。
これらのパートナーシップに基づき実現される各種機能は「mimi®」に統合され、「mimi®」をより実用的なものとしています。また、当社は各種学会にも賛助会員として参画している他、関連研究会等への草の根的なスポンサー活動を行っています。
mimi®は、音声による優れたユーザーエクスペリエンスを実現するための基盤技術となることを目指し、そのために必要となるさまざまなコア技術を集積しています。本募集職務では、自ら新たに創り出すことだけではなく、社外とのアライアンスを含めた、幅広い視野を持って取り組むことで、合理的な最短路で目標を達成することが求められます。同時に、研究・開発担当者全員でひとつのサービスを作り上げるということを意識し、協調性を持って取り組むことが求められます。

【その他】
音声信号処理および自然言語処理分野に関わった経験がなくても問題ありませんが、大学学部レベル程度の数理的基盤知識があれば、スムーズに仕事に取り組むことができます。
社内には当社サイエンティストが開発した、様々なソフトウェア・ライブラリがあります。本募集職務では、そういったものをより良く利用したり、ドキュメントを整備したり、サービス開発に役立てたりすることが職務範囲となりますが、そういったライブラリの動作原理やアルゴリズム自体に対しても、好奇心や興味を持つことができれば、より仕事が楽しくなるかと思います。

社外勉強会などに参加し、開発の成果を積極的に社外発表していくことや社内外の開発者と交流することも職務の一環となります。

応募資格
■必須要件
・LAMP環境でのアプリケーション開発経験かつLinux、ネットワーク、セキュリティ、データベース等に関する一通りの知識
・Pythonを利用した研究もしくは開発の経験
・C++を利用した研究もしくは開発の経験

■優遇要件
・情報科学、情報科学に類する分野で,高専・大学・大学院等を卒業されている方
・オープンソースソフトウェアの開発プロジェクトにコミットされている方
・フリーランスで開発していた経験のある方
・パブリッククラウド(AWS, GCP等)を利用した開発経験のある方
・英語能力

募集要項

募集職種
********
配属部署
********
想定年収
<年収>
**万円 〜 **万円
<給与詳細>
******************
雇用区分
***

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらからログイン

写真・風景

機会に耳を。

革新的な音声ソリューションを作り上げる。

Tumbler は Fairy I/O® シリーズの最初の製品。

会社概要

Fairy Devices株式会社(フェアリーデバイセズ株式会社)
http://www.fairydevices.jp/index.html

メッセージ

【沿革】
現代表取締役が大学院課程での実習中の経験から「人の心に寄り添うモノの温かさ」に気付き大学院を中退し、自ら起業することを決意。「使う人の心を温かくする一助となる技術開発」をテーマに、フェアリーデバイセズ株式会社を2007年設立。

【事業概要】
Fairy Devices 株式会社は、「使う人の心を温かくする技術開発」を理念として、音声認識関連処理・自然言語処理関連技術をコアとした音声対話システムのためのテクノロジースタック「mimi®」の研究開発とそのクラウド API サービスの運用、音声入出力ハードウェアシリーズ「Fairy I/O」を中心に、「音x機械学習」の分野で事業を展開しています。アカデミックな周辺環境のもと、革新的な音声ソリューションの開発を目指し、基盤技術の研究開発とサービス応用に腰を据えて取り組んでいます。

【当社の魅力】
■「こういう事が出来たら面白い」発想大歓迎
「こういう課題をこうやって解決したい」というアカデミックな基礎も極めて大事な一方、
そこで止まらず実現したい夢まであるかどうか。
当社のラボには機械がバイオリンを演奏するという「楽器」、ゴーストプレイというものがあります。何か具体的な課題を解決するために開発されたものではなく、「実現出来たら素敵だよね」を形にしました。"そんなに作りたいならやりなよ、一緒にやろうよ"の精神が息づいた会社です。

■"妖精が仕事を手伝ってくれる"未来に
mimi®は既に、搭載製品台数は 180 万台に至っています。2020年までの事業計画として、我々のFairy I/O™リーズについても、100万台出荷という目標をおいています。
以前発表したスマートスピーカー型以外のモノを含め、その頃には家にはAmazon echoが置いてあり、オフィスや作業場には何かしらの形をしたFairy I/O™がいる。まるで中にいる妖精が仕事を手伝ってくれる、そんな未来像を考えています。

【astavision掲載中】
■オフィスにFairy I/Oがいて、中の妖精がビジネスを手伝うような体験を提供したい。
https://astavision.com/contents/interview/3792

企業名
Fairy Devices株式会社(フェアリーデバイセズ株式会社)
代表者
代表取締役 藤野 真人
設立
2007年04月09日
資本金
285,012,143円
従業員数
25人
事業内容
音声信号処理及び関連する自然言語処理分野の研究開発
使う人の心を温かくする一助となる技術開発
この求人を見た人はこんな求人も見ています
  • 【東京/神奈川】業務革新プロジェクトに関わるエンジニア
    株式会社ビット
    職種
    RPA開発エンジニア
    勤務地
    東京都  神奈川県 
    想定収入
    336万円 〜 600万円
  • 自動野菜収穫ロボットに目と頭脳を授けるエンジニア
    inaho株式会社
    職種
    コンピュータービジョンエンジニア
    勤務地
    神奈川県 
    想定収入
    400万円 〜 600万円