素材にプラスアルファーの機能を付与する含浸技術

#持続可能な産業構造の構築により環境や健康への影響を最小化する社会を実現する #接着剤・コーティング組成物
化学製品(含浸剤)の開発・製造エンジニア  /   株式会社プラセラム
  • 解決したい社会課題
    限りある地球資源の有効活用と環境や健康への影響を最小化する社会を実現する為、特殊含浸技術により、持続性のある製品・製造素材を世の中に広めます。
  • 挑戦したい成長領域
    耐圧・耐熱・電気絶縁・密着・接着・防腐・難燃などのモノづくりで発生する課題を解決し、含浸剤・コーティング剤市場で新たな技術革新と用途展開に挑戦します。
業務内容
研究開発ポジションとして、下記業務に取り組んでいただきます。

1)含浸剤の開発
2)含浸剤の反応処理実験
3)製品の試作
4)処理工程の開発
5)試作品の物性試験管理
6)生産ライン設計あるいは設計管理
7)商品化に関わる業務
8)その他関連する業務

その他に生産工場の業務管理・補佐全般もお任せします。

【キャリアアップのイメージ】
入社1年目~
まずは「含浸とは?」を学ぶところから。
既存社員のアシスタントに就きながら、知識や技術を学んでください。

2年目~
お客様のご要望に合わせたご提案や含浸剤の選定などをお任せします。

3年目~
新技術開発のアイデアなどをイチから提案し、当社の第二創生期の中心人物を担っていただきたいと思っています。
応募資格
【必須要件】
・化学全般の知識

【歓迎要件】
・化学分野の研究開発業務に従事していたご経験
・理工学(生物・電気電子・機械・情報)あるいは農学の知識

【求める人物像】
・健康で笑顔の素敵な方
・モノづくりの上流から下流までを仕事にしたい方
・自然が好きで木材が好きな方
・二酸化炭素削減に直結する事業に、経験を活かしたい方
みんなの気になる 5help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

含浸技術の理解、そして価値提供の為に大切なこと

含浸とは、世の中のありとあらゆる物体に存在する、目には見えないほどの小さな穴や隙間に、専用の薬剤を浸透させ固定する技術です。
目的や用途、素材、仕上がりに合わせて薬剤の種類や粘度などを決めていくところに、この仕事の醍醐味があります。

"化学系の研究開発"というと、白衣を着て机上で行なうイメージを持つ方も多くいらっしゃいますが、当社が大切にしているのは《現場で実際に触れること》です。
素材やお客様の製品を自分の五感で確かめ、より多くの"気づき"を得ることが何よりの成功への近道だと思っています。

この思想は、毎日現場へ出て作業着を真っ黒にしていた先代の代表から脈々と受け継がれているものです。

多くの社員が"含浸技術とは?"からスタートしています。
環境保全と含浸技術

当社での取り組みの一つに「木材への含浸」があります。

ご存じの通り、木は空気中の二酸化炭素を吸収して成長しますが、実は「木材」に加工された後も取り込んだ二酸化炭素は固定されたままであることをご存じでしたか?
木材を使用することは、大気中の二酸化炭素固定の観点から環境保全に繋がるのです。

しかし木材は、そのまま使用していると虫に食われたり、カビが発生したりしてやがて朽ちてしまいます。また、ひとたび火がつけばすぐに燃え広がってしまうという弱点もあります。そして燃えてしまうと固定化された二酸化炭素も放出されてしまうのです。

当社の含浸技術では、木材に難燃、防腐機能を持たせることが可能です。その上、強
当社の技術で木材を長く使い続けてもらえる様になれば、環境保全に繋がります。

そしてもう一つ、本社を構える東京都多摩区には《多摩産材》というこの地域で生産・認証された木材があります。
当社は「多摩産材利用拡大フェア2020」に出展するなど、地場産業の活性化にも取り組んでいます。

左:当社の機能化木質材料《プラセラウッド》 右:未処理木材
含浸技術のパイオニアとしての誇り

当社の強みは取り扱う製品の幅広さです。
金属・木材・食品といった素材はもちろんのこと、医療機器・航空機材・自動車部品など、用途も多岐に渡ります。

国内の含浸技術における第一人者としての高い経験値に加え、小ロット品や試作品といった他社ではなかなか受け入れられない依頼にも向き合い、ミリサイズから1tを越える重量のものまで対応できることから、多くのお客様に頼っていただいています。

これが当社の誇りであり、パイオニアとしての責務であると思っています。

一人ひとりが、日々技術の研鑽に取り組んでいます。

写真・風景

  • 素材との相性、目的、用途に合わせた機能、仕上がりの見た目などを加味して含浸剤を選定します。

  • 金属への含浸は、性能向上とコストダウンに大きな役割を果たします。

  • 化学の知識に加え、現場で培う経験も大切にしています。

会社概要

メッセージ

当社は機能性の化学薬剤を部品などに浸み込ませて複合化するという、「含浸技術」に特化した会社です。含浸によって付加する機能としては耐圧性、絶縁性、切削性、難燃性などがあり、対象となる部品は、自然素材、金属、最先端素材など実に広範囲に及びます。

創業者である、桑宗彦は東京工業大学で理工学研究科化学工学を専攻し、1969年より含浸剤の研究開発に携わってきました。1980年に含浸技術の専門会社として、プラセラムを設立。社名の由来は、プラスチック「Plastics」+セラミックス「ceramics」です。2019年に桑淑子が代表取締役に就任し、現在に至ります。

約40年かけ、海外に展開できる企業として成長できました。
・本社及び青梅工場
・栃木工場
・中国:関連子会社
・台湾:提携会社

含浸処理は「機能性材料を浸み込ませて固定化」することにあります。

(1)有孔性の素材や多孔質素材あるいは繊維質素材に対しては、従来からある一般の表面処理方法の適用が困難な場合が多々有ります。とくに湿式の表面処理では、処理液がこれらの空隙にしみこんでしまい、処理後に表面ににじみ出てきて、表面性能を損なってしまいます。このような場合、予め適正な材質の液状のものを染み込ませてから内部で固定化する。すなわち含浸して、内部空孔を埋めてから湿式の表面処理を行えば、問題は解決します。

(2)有孔質の一般素材等に、機能材料を含浸すれば、各種機能を付与することが出来ます。

(3)無孔質の一般素材に対して、多孔質の溶射皮膜、電解酸化皮膜、化成皮膜、またはエッチング処理等を施して多孔質化してから機能性材料を含浸すれば、各種機能を付与することが出来ます。

含浸技術は、単に物持ちを良くする技術ではありません。製造業における部品の耐久性向上は製造工程での欠陥・欠品を減らし、製品を利用するユーザーの安心や安全にも影響してきます。また、限りある地球資源の有効活用という点においても、使い続けられる製品に含浸技術は寄与します。

環境問題に関しても、木材は空気中の炭酸ガスを固定化したものです。木材に難燃、防腐の機能を持たせ、地球上に木材の蓄積を図ることは、炭酸ガスの減少を実施することにもなると考えています。

化学技術の追求だけではなく、環境に配慮した研究開発を共にしてくれる仲間を私たちは求めています。

会社情報
  • 企業名
    株式会社プラセラム
  • 代表者
    代表取締役 桑 淑子
  • 設立
    1980年09月16日
  • 資本金
    80,000,000円
  • 従業員数
    30人
  • 事業内容
    【化学品事業】
    様々な用途に合わせて、アクリル系、エポキシ系、シリコーン系、無機系、ポリエステル系などの含浸剤を開発し、生産・販売しています。また、含浸加工に用いる防錆剤を開発し、生産・販売しています。一部の含浸剤は中国の子会社でも生産及び販売しています。

    【含浸加工事業】
    弊社の各種含浸剤を用いて、様々な用途に合わせた含浸加工方法を開発し、受託含浸加工処理を行っています。汎用含浸加工設備は国内の 2 拠点に設置され、特殊な含浸設備は主に青梅工場に設置しています。

    【含浸設備事業】
    含浸に関する設備の設計及び販売をしています。含浸加工設備(含浸装置)はお客さまのご要望に合わせてカスタマイズ仕様で販売します。環境負荷軽減とコストダウンのために、含浸に関連した廃液及び排水処理の開発をしています。

    【研究開発】
    無限に広がる含浸技術の可能性を追求すべく、様々なテーマの研究開発活動に従事しています。また、お客様へのサービス向上のために、既存技術に関連する分析や改良研究をしています。対外的なサービスとしては、試作含浸加工と受託開発・共同開発業務を行っています。

    <含浸技術活用事例>
    当社では幅広いお客様のニーズに対応するため、有機系/無機系含浸剤各種を揃えております。有機系含浸剤では、汎用型メタクリレート系含浸剤 PS-403E をはじめ、「Fluoro Seal」(含フッ素メタクリレート系含浸剤)まで、十数種類があり、また、お客様の要望に沿えるよう日々研究開発を進めております。

    ・シリンダーブロック(エンジンブロック)
    ・シリンダーヘッド
    ・フュエルインジェクター
    ・オイルパン
    ・ミッションケース
    ・ギヤケース
    ・トルコンケース
    ・ウォーターポンプ
    ・パワーステアリング関連の部品
    ・ブレーキ系統の部品
    ・クーラーコンプレッサー関連の部品
    ・ニューマチック/オイル系等バルブ類
    ・ドアクローザー(油圧部品)
    ・各種タービン軸:潤滑含浸、耐磨耗、耐食
    ・ポンプケース:耐リーク
    ・コンプレッサー関連の部品:耐リーク
    ・紙用反転ロール:非粘着含浸
    ・タービン羽:防食含浸
    ・バルブ類:耐リーク、防食
    ・モーターコア
    ・コイル
    ・タービン軸受け:水力発電所用など(耐リーク)
    ・エアーハンマー(釘打ち機)
    ・各種セラミック部品(耐リーク、電気絶縁性付与、防食)
    ・ステッパーハウジング:半導体用(耐汚染性)
    ・木材:難燃処理、変形防止など
    ・ガスメーター:耐リーク
    ・コネクター(電気用):耐リーク
    ・配管及び継手(ガス、水、オイルなど):耐リーク
    ・各種金型
    ・各種メッキの前処理
    ・コンデンサー
    ・その他多数
みんなの気になる 5help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社プラセラム
http://www.placeram.com/launch
解決したい社会課題

限りある地球資源の有効活用と環境や健康への影響を最小化する社会を実現する為、特殊含浸技術により、持続性のある製品・製造素材を世の中に広めます。

挑戦したい成長領域

耐圧・耐熱・電気絶縁・密着・接着・防腐・難燃などのモノづくりで発生する課題を解決し、含浸剤・コーティング剤市場で新たな技術革新と用途展開に挑戦します。

企業の詳細ページを見るchevron_right