運転支援の技術を加速させる。EPS制御ソフト開発エンジニア(リーダー候補)

#高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する #運転支援・自動運転・交通事故防止
ソフトウェアエンジニア(リーダー候補):運転支援:EPS制御ソフト開発  /   デンソーテクノ株式会社
  • 解決したい社会課題
    デンソーグループの中で量産開発・設計工程に特化し、高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する。
  • 挑戦したい成長領域
    自動車用部品を中心とした機器、ソフトウェアの設計・開発を通じて先進的な自動車技術の実現に取り組んでいます。
業務内容
モーターで操舵を支援するEPSは、自度運転の高度化に伴い、より高機能なEPSシステムが求められ、今後ますます進化していきます。
そのEPSを制御するECUの制御ソフト開発・設計に携わって頂きます。

EPSシステムの全機能の開発を担っているため、タイマ設定などのプラットフォーム開発から電流フィードバックなどのモータ制御やECUとモータの故障時のフェイルセーフ制御、自動運転に向けてのアプリケーション開発の分野を多岐にわたってソフトウェアの開発を実施して頂きます。
応募資格
【必須条件】
・マイコン制御のソフト開発を、仕様検討、設計、デバッグ、評価まで一連の業務経験のある方
・組み込みマイコン知識、C言語によるソフト設計・評価経験
※自動車に関する業務知識は問いません。

【歓迎条件】
制御技術者として
・モータ制御のソフトウェア設計の経験のある方、フェイルセーフ設計の経験のある方、歓迎します。
プロジェクトマネージャーまたは、プロジェクトリーダーとして要求分析から評価まで一連のプロジェクトのマネジメント経験のある方、歓迎します。
みんなの気になる 0help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

「健康経営優良法人 2020」 に認定

3月2日、経済産業省と日本健康会議が選定する健康経営優良法人認定制度において、優良な健康経営を実践している企業として「健康経営優良法人 2020(大規模法人部門)」に認定されました。

当社は社員一人ひとりが健康で、個々の能力や個性を発揮することにより、会社がさらに活性化すると考え、2019年1 月に経営トップによる「デンソーテクノ健康宣言」を発表しました。
2019 年度には、定期健診時の各種がん検診の導入、健康増進に自ら取り組む社員へのステップアップ応援金、労使共催健康セミナー、仕事と治療の両立支援制度の新設などに取り組んで参りました。
今後も健康を経営基盤のひとつと捉え、今ある健康施策を進化させ、1次予防(疾病の未然防止)へのパラダイムシフトや社員一人ひとりの健康意識向上のため組織一丸となり、引き続き取り組んでいきます。

健康経営優良法人 2020
常に環境のトップランナー企業であり続けるために実施していること

デンソーグループは、すべての企業行動を通じて環境エネルギー問題の解決と自然との共生を図ることで、2050年の持続可能な地域社会に向けた新たな環境価値を創造し、次世代に明るい未来を届けます。
その実現のため、「デンソーエコビジョン2025」を策定し、マイルストーンとして2025年までに達成すべき「ターゲット3」を定め、具体的な10分野の取り組みである「アクション10」を推進していきます。

ターゲット3とアクション10
2025年までに実現する進化目標について

将来の市場ニーズをタイムリーに把握し、お客様から真に喜ばれる新しい付加価値を提供し続ける為に、常に可能性にチャレンジし、お客様に信頼される技術を提供しつづけます。
これまでデンソーグループ内で「設計専門会社」としての役割を担ってきましたが、さらなる進化を目指して、2025年までに実現する目標として、これまで案件ごとの受託開発(メカ、ソフト、ハードの設計開発)を行ない、デンソーグループで製品としてシステムを統合をすることで製品を完成させてきましたが、今後は設計専門会社としてさらに進化していく為に、一部の製品を完成させることを可能にすることで、デンソーグループと同等の役割を担うことができるように挑戦をしてまいります。

技術と顧客第一主義で社会に貢献し続けます

写真・風景

  • 幅広い自動車部品の事業を国内外に展開

  • 先進的な自動車技術の実現に取り組んでいます

  • エアコン関連製品・各種センサの設計

会社概要

メッセージ

当社は1984年に株式会社デンソーと共に「東海テクノシステム株式会社」を設立。
デンソーへの派遣業務を中心に行ない多くの知見を蓄積しながら、1996年に「デンソーテクノ株式会社」に社名変更をいたしました。
デンソーグループの中で量産設計に特化することで明確な役割を担っており、自動運転や走行安全に向けたセンサ、ユニット、さらにはエアコン、メータ、エンジンやハイブリッド車をコントロールするコンピュータ、機器など、幅広い自動車部品の事業を国内外に展開しています。

自動車産業は今日、100年に一度のパラダイムチェンジを迎えているといわれ、EV、PHVなど車の電動化や自動運転、さらには車と車や社会とを通信でつなぎ、安全性、利便性を飛躍的に向上させる「コネクテッド・カー」など、これらを実現する技術は日進月歩で大きく変化しています。

この進化を成し遂げるには、飛躍的な開発スピードの向上が必須であり、弊社は独自のシミュレーション解析技術(CAE:Computer Aided Engineering)やドライブシミュレータ、アジャイルソフトウェア開発を通じ、あらゆる自動車部品を手掛けている弊社の強みを生かしたトータルソリューションで、顧客の期待を超える付加価値を提供していきます。

長年培ってきたノウハウと新しい発想を融合させ、社員一人ひとりが夢と情熱をもって、人とクルマの輝かしい未来の実現に貢献していきます。

会社情報
  • 企業名
    デンソーテクノ株式会社
  • 代表者
    代表取締役社長 大沢 敬一
  • 設立
    1984年04月03日
  • 資本金
    180,000,000円
  • 従業員数
    2,901人
  • 事業内容
    ■製品開発・開発支援(車載部品/システム)

    <パワトレイン>
    エンジン(HV、ガソリン、ディーゼル)
    <空調>
    エアコン関連製品、各種センサ
    <先進運転支援/自動運転>
    車間制御クルーズ、プリクラッシュセーフティ、レーンキーピング、ステアリングシステム、
    ブレーキコントロール、エアバッグ、灯火制御、各種センサ
    <コックピットHMI>
    メータ、ディスプレイ、エアコンパネル、ヘッドアップディスプレイ、スマートキーシステム
    <コネクティッド>
    DCM、ETC、ナビゲーションシステム

    ■要素技術、環境エネルギー
    ・産業機器
    ・生産技術(IoT、AI)
    ・CAE、開発支援システム など
みんなの気になる 0help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
デンソーテクノ株式会社
https://www.densotechno.co.jp/launch
解決したい社会課題

デンソーグループの中で量産開発・設計工程に特化し、高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する。

挑戦したい成長領域

自動車用部品を中心とした機器、ソフトウェアの設計・開発を通じて先進的な自動車技術の実現に取り組んでいます。

企業の詳細ページを見るchevron_right