[Clojure] [バイオインフォマティシャン] [東大発] ゲノム解析のベンチャー企業

#個人に最適化されたプレシジョン医療が受けられる社会を実現する #がん医療・オンコロジー
バイオインフォマティシャン  /   株式会社テンクー
  • 解決したい社会課題
    日本では年間100万人ががんに罹患します。そのがん医療の一つの柱が、プレシジョンメディシン(精密医療)で、その方にあった診断・治療をしていく医療です。がんのゲノム医療は、がん組織のゲノム情報を確認し、そのゲノム情報から見付かった遺伝子バリアントに合わせて、薬剤を選択し、適切な治療をしていこう、という医療です。その際に、ゲノム情報の解析、遺伝子バリアントの検出、検出された遺伝子バリントの臨床的意義付け、が重要になります。その方の治療対象となる薬剤や治験候補を探す仕組みも含めて、情報解析が必須となりました。

    テンクーでは、がんゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェアChrovis を開発し、Chrovisを通じて、ゲノム医療の発展、医師や当事者へ貢献していきます。
  • 挑戦したい成長領域
    プレシジョンメディシン、オーダーメイド医療、ゲノム医療、これらの分野を、最先端の情報技術を用いて貢献する領域に挑戦していきます。また、日本発で、アジア、欧米を含めて世界に発信していきます。
業務内容
* バイオインフォマティクスを用いた医療データ(特にゲノムデータ)の解析
* データ解析に伴う資料作成・情報可視化
実際の医療現場の治療や診断を直接サポートするため、社会的な意義が非常に大きい仕事です。
(実務を行いながら、業務に必要な生物学、医学およびバイオインフォマティクスについて学んでいただきます。)

開発環境
開発においては、メインのプログラミング言語としてClojureを採用しています。
応募資格
【必須(MUST)】

* いずれかのプログラミング言語での開発経験のある方
* コンピュータサイエンスに関する基本的な知識のある方
* 数学および統計学の基礎知識のある方
* アルゴリズムをソースコードの上で議論できる方


【歓迎(WANT)】

* バイオインフォマティクスに関する知識と経験
* 多量データ解析のアルゴリズム開発や結果の検証に、喜びを見い出すことができる方
* 自らの意思で主体性をもって積極的に行動できる方
* がんの治療など、医療や社会に貢献したいという気持ち
* 医学や生物学に対する興味
みんなの気になる 3help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

株式会社テンクーの会社概要

- 設立年月: 2011年4月
- 代表者: 西村 邦裕
- 資本金: 1,000万円
- 従業員数: 35名 (2021年4月現在)
- 本社所在地: 東京都文京区本郷四丁目2番5号

当社は2011年の設立の東大発のベンチャー企業です。
自社開発のソフトウェアの提供を通じて、医学研究、オーダーメイド医療、ゲノム創薬、遺伝子治療の継続的な発展を推し進めることをミッションとしています。
また大学や医療機関などと連携し、公的研究費を用いた研究や共同研究にも取り組んでいます。
2019年の大学発ベンチャー表彰の文部科学大臣賞を受賞しました。

事業内容
- ゲノムおよび生体情報解析のトータルソリューション Chrovis の開発と運用
- 並列分散コンピューティングによる高速データ処理を行うシステムの開発
- 最先端のアルゴリズムに基づくデータ分析/可視化を行うシステムの開発

主な受賞
- 2019年9月 東京都ベンチャー技術奨励賞 受賞
- 2019年7月 大学発ベンチャー表彰2019 文部科学大臣賞 受賞
- 2019年1月 第1回日本メディカルAI学会学術集会 最優秀賞 受賞

専門は、情報の可視化、バイオインフォマティクス、ヒトゲノム解析、バーチャルリアリティ。

大学の研究を社会に還元したいという思いから起業を決意し、ゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェア「Chrovis」の開発を始め、ゲノム医療を情報面から推進できるように活動している。

株式会社テンクーの会社概要
テンクー (Xcoo) の社名の由来

社名の由来
株式会社テンクーは英語の名称を “Xcoo” としています。
このアルファベットの “Xcoo” の表記には、私たちの掲げる “technology bridge for communication” の思いを込めています。
医療と情報、リアルとバーチャル、実世界と情報世界、人間と機械、2つの相対する物事の “架け橋” を作りたい、という思いから “X” を頭文字に据えました。 “X” は “掛け合わせる” “クロスする” という意味であり、また、数学においては “何でも代入できる” 変数として使われる記号でもあります。
“coo” は “協力” という意味の “Cooperation” から、また “色即是空” の “空” すなわち “間” という意味も込めています。
“X” はローマ数字で10を表し、英語で10を “テン” と読むところから、英語でも日本語でも成り立つ4文字の “Xcoo” としました。日本語では “天空” という言葉としても通じ、前向きでよりよい未来を目指す姿勢を表現しています。

会社の雰囲気
- エンジニア中心の会社となっており、エンジニアリングの文化となっています。
- COVID-19の感染対策よりリモートワークがメインとなっていますが、社内システムを通しても仕事を進められるようになっております。
- メインが「がんのゲノム医療」という医療と情報技術の融合した分野ですが、社内では勉強会も含めて、一丸となって、医療従事者・当事者・当事者のご家族に貢献できるよう、ゲノム医療の発展に力を注いでいます。

テンクー (Xcoo) の社名の由来

写真・風景

  • テンクー社内の様子

  • テンクー経営陣

  • ゲノム医療のソフトウェアChrovisの流れ

会社概要

メッセージ

#### 会社概要
- 株式会社テンクー
- 設立年月: 2011年4月
- 代表者: 西村 邦裕
- 資本金: 1,000万円
- 従業員数: 35名(2020年11月現在, 業務委託・非常勤を含む)
- 本社所在地: 東京都文京区本郷四丁目2番5号

#### 事業内容

- ゲノムおよび生体情報解析のトータルソリューション Chrovis の開発と運用
- 並列分散コンピューティングによる高速データ処理を行うシステムの開発
- 最先端のアルゴリズムに基づくデータ分析/可視化を行うシステムの開発

#### 主な受賞

- 2019年9月 東京都ベンチャー技術奨励賞 受賞
- 2019年7月 大学発ベンチャー表彰2019 文部科学大臣賞 受賞
- 2019年1月 第1回日本メディカルAI学会学術集会 最優秀賞 受賞

#### 者名の由来

株式会社テンクーは英語の名称を “Xcoo” としています。
このアルファベットの “Xcoo” の表記には、私たちの掲げる “technology bridge for communication” の思いを込めています。
医療と情報、リアルとバーチャル、実世界と情報世界、人間と機械、2つの相対する物事の “架け橋” を作りたい、という思いから “X” を頭文字に据えました。 “X” は “掛け合わせる” “クロスする” という意味であり、また、数学においては “何でも代入できる” 変数として使われる記号でもあります。
“coo” は “協力” という意味の “Cooperation” から、また “色即是空” の “空” すなわち “間” という意味も込めています。
“X” はローマ数字で10を表し、英語で10を “テン” と読むところから、英語でも日本語でも成り立つ4文字の “Xcoo” としました。日本語では “天空” という言葉としても通じ、前向きでよりよい未来を目指す姿勢を表現しています。

#### 代表プロフィール
西村 邦裕 代表取締役社長 CEO(最高経営責任者)
2001年 東京大学工学部機械情報工学科 卒業。
2006年 東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻 博士課程修了。博士(工学)。
同大学の研究員・助教を経て、2011年に株式会社テンクーを創業し、代表取締役社長に就任。
大学では、遺伝子発現やコピー数多型およびNGSのデータ解析などを行い、その成果はNatureなどの著名な論文誌に多数掲載された。

ビジネスの分野でも、Microsoft Innovation Awardなど受賞多数。
2010年にはIPA 未踏IT人材発掘・育成事業にプロジェクトが採択される。
2018年文部科学省 科学技術・学術政策研究所「科学技術の顕著な貢献 2018(ナイスステップな研究者)」選定。
専門は、情報の可視化、バイオインフォマティクス、ヒトゲノム解析、バーチャルリアリティ。

大学の研究を社会に還元したいという思いから起業を決意し、ゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェア「Chrovis」の開発を始め、ゲノム医療を情報面から推進できるように活動している。

#### 会社の雰囲気

- エンジニア中心の会社となっており、エンジニアリングの文化となっています。
- COVID-19の感染対策よりリモートワークがメインとなっていますが、社内システムを通しても仕事を進められるようになっております。
- メインが「がんのゲノム医療」という医療と情報技術の融合した分野ですが、社内では勉強会も含めて、一丸となって、医療従事者・当事者・当事者のご家族に貢献できるよう、ゲノム医療の発展に力を注いでいます。

会社情報
  • 企業名
    株式会社テンクー
  • 代表者
    代表取締役社長 CEO 西村 邦裕
  • 設立
    2011年04月01日
  • 資本金
    10,000,000円
  • 従業員数
    35人
  • 事業内容
    がん患者さんのがん組織のゲノム情報にあった薬剤や治療を行うがんゲノム医療が始まりました。ゲノム医療における情報解析、臨床的意義付け、レポーティングを担うソフトウェアがChrovis(クロビス)です。

    Chrovis ( https://chrov.is ) は、がんゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェアであり、自社で開発し、そのソフトウェアの提供、サービスの提供を行っています。

    具体的には、がんのゲノム医療において、検査結果を専門医の先生方が臨床的に解釈をするエキスパートパネルが開催されています。テンクーでは、エキスパートパネルの先生方の支援になるように、Chrovisを用いて、遺伝子バリアントに合わせた薬剤や臨床試験情報を補助情報としてまとめて、レポーティングをしています。そのため、Chrovisでは、医療機関や検査センター向けにサービスを展開しております。

    導入事例として下記があります。
    - 東京大学医学部附属病院におけるがん遺伝子パネル検査Todai OncoPanel 先進医療Bで情報解析とアノテーションを担当
    - 岡山大学病院におけるがん遺伝子パネル検査TSO500 先進医療Bにおいてアノテーションを担当
みんなの気になる 3help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社テンクー
https://xcoo.co.jp/launch
解決したい社会課題

日本では年間100万人ががんに罹患します。そのがん医療の一つの柱が、プレシジョンメディシン(精密医療)で、その方にあった診断・治療をしていく医療です。がんのゲノム医療は、がん組織のゲノム情報を確認し、そのゲノム情報から見付かった遺伝子バリアントに合わせて、薬剤を選択し、適切な治療をしていこう、という医療です。その際に、ゲノム情報の解析、遺伝子バリアントの検出、検出された遺伝子バリントの臨床的意義付け、が重要になります。その方の治療対象となる薬剤や治験候補を探す仕組みも含めて、情報解析が必須となりました。

テンクーでは、がんゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェアChrovis を開発し、Chrovisを通じて、ゲノム医療の発展、医師や当事者へ貢献していきます。

挑戦したい成長領域

プレシジョンメディシン、オーダーメイド医療、ゲノム医療、これらの分野を、最先端の情報技術を用いて貢献する領域に挑戦していきます。また、日本発で、アジア、欧米を含めて世界に発信していきます。

企業の詳細ページを見るchevron_right