新素材の開発を行う研究・開発職

研究・開発職  /  
ウシオマテックス株式会社
この求人は既に終了しております。

解決したい
社会課題

不燃性発泡スチロール「バリシールド」の開発と普及により災害や気候変動に強い防災都市開発を促進し、被害を低減する社会を実現します。

挑戦したい
成長領域

超高難燃、断熱、耐水、軽量のエコロジー新素材「バリシールド」を用い、燃えにくい建築物や、ヘルメットなどの防災用品に活用されることで皆が安心して暮らしやすい街づくりに挑戦していきます。

  • 解決したい社会課題
    #災害や気候変動に強い防災都市開発を促進し被害を低減する社会を実現する
  • 挑戦したい成長領域
    #中・大規模木造建築
業務内容

新素材(主に不燃性発泡スチロール)の研究・開発を行います。製造を行うこともあります。研究・開発部門は現在2名が活躍しています。

【研究開発業務】
基礎研究(配合研究・物性評価※委託・分析・情報管理)
製品開発(研究・開発検討・生産試験)
研究開発管理(テーマ・費用管理・開発庶務)

【認定業務】
大臣認定取得(性能評価申請・大臣認定申請)

【知的財産管理業務】
取得(調査・検討・出願手続)
管理(登録情報維持・管理)


~研究素材『バリシールド※国⼟交通省不燃認定取得』の特性~

■難燃・軽量・断熱性:発泡ポリスチレンの軽量・断熱性とともに、熱硬化性樹脂と不燃無機物との相乗効果による優れた難燃性を保持しています。
■様々な強度に対応:硬質⾼強度品(⾼密度)から柔軟強度品(低密度)まで、⽤途の⽬的に応じて製造が可能です。
■⾃由な成型が可能:蒸気成型法(⾃動成型法)により各種形状の成型が可能です。また熱盤プレス法(直圧成型法)によって板状体の作成も可能です。
■低吸⽔性・呼吸性:吸⽔性が低いものの、適度の透湿性を保持しています。(住宅の断熱材として使⽤する上で重要な特性)

応募資格
【必須の経験】
・研究、開発業務従事経験 
・管理職経験

【歓迎要件】
・有機素材の研究開発経験

募集要項

募集職種
********
配属部署
********
想定年収
<年収>
**万円 〜 **万円
<給与詳細>
******************
雇用区分
***

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらからログイン

この企業・求人の特徴

バリシールドの4つの特徴
①難燃・軽量・断熱性を併せ持つ
バリシールドは、発泡ポリスチレンの軽量・断熱性を保持しながら、熱硬化性樹脂と不燃無機物との相乗効果による優れた難燃性を持っています。成形体の接炎時における発炎性はほとんど認められません。また、接炎時にも形状保持性に優れ、ハロゲン系ガスの発生もありません。

②様々な強度に対応
バリシールドは、硬質高強度品(高密度)から、柔軟強度品(低密度)まで、用途の目的に応じて製造する事が出来ます。

③自由な成型が可能
バリシールドビーズは、発泡スチロールビーズの成形に一般的に用いられている蒸気成形法(自動成形法)により、各種形状に成形する事が出来ます。また、熱硬化性樹脂の成形法のひとつである熱盤プレス法(直圧成形法)によっても板状体をつくる事が可能です。

④低吸水性・呼吸性
バリシールドには、吸水性の低いものの、適度の透湿性があります。これは、住宅の断熱材として使用する上で重要な特性といえます。

バリシールドの研究開発によって、より安全性と実用性が高く持続可能な素材をつくっていきましょう!

超高難燃、断熱、耐水、軽量のエコロジー新素材「バリシールド」という素材の研究開発を行って頂きます。

超高難燃、断熱、耐水、軽量のエコロジー「バリシールド」の可能性を伝えたい。東京支社の藤野支社長より
超高難燃、断熱、耐水、軽量のエコロジー新素材「バリシールド」を見つけた時は、船舶の冷蔵庫の断熱材としてしか利用されていませんでした。プラスチックと同じく有機物でありながら、燃えにくく、軽量であるというところに可能性を感じ、兄弟会社である潮冷熱株式会社の一事業としてではなく、ウシオマテックス株式会社として法人化しました。

その後、断熱材やドアの芯材、屋内プールの屋根部分、新幹線の内側、ヘルメットの内側などあらゆる用途を見つけ、東京と大阪を中心に販売を行ってきました。現在は、ドアや壁メーカー、輸送機メーカー、防災製品をつくっているメーカー 等を中心に営業を行っています。まだまだ「バリシールド」の用途は無限にあると感じているので、斬新なアイディアを元に新しい販路先を開拓していきたいと考えています。建材メーカーとしては、名が知れた大手企業の競合は多く存在しますが、素材メーカーとしての競合がいないのが特徴です。だからこそ「バリシールド」の可能性を信じ、まだまだ立ち上げ期のウシオマテックス株式会社で、ハングリー精神を持って業務に取り組んで頂ける方と一緒に働きたいと考えています。

「バリシールド」が世の中に知れ渡る頃には、ビル火災で断熱材に火が燃え移ることで被害が広範囲に及ぶ事故がなくなり、安全で防災性の高い街づくりが進んでいることと思います。スマート防災に取り組み、多くの人の生活を支えていきたいです。

東京支社のオフィス

写真・風景

耐熱性があり、軽量なことからヘルメットに活用されています。

耐水性があり軽量なことから落下した際にも人に被害が及ばない様、プールなどの天井に使用されています。

兄弟会社である潮冷熱株式会社内に研究ラボがあります。

会社概要

ウシオマテックス株式会社
http://ushiomtx.co.jp/

メッセージ

【沿革】
ウシオマテックス株式会社は関連会社の潮冷熱株式会社の事業がスピンアウトする形で2019年7月に設立されました。
潮冷熱株式会社では船舶を始めとする輸送機械などに使われる冷暖房装置を製造しています。ウシオマテックス株式会社の主力であるバリシールドという断熱、耐水、軽量な素材は、元々は関連会社のお客様である客船の冷凍パネルや冷蔵庫として活用されていました。数年前には、まだ用途が限られていましたが、この新素材の研究開発を進めることで、防災製品の活用など用途を見つけ、素材の可能性を感じ、事業部としてではなく法人化しました。

【事業概要】
超高難燃、断熱、耐水、軽量のエコロジー新素材「バリシールド」の製造販売

【主な製品や技術/サービス】
「バリシールド」という素材は、一見すると発泡スチロールに見えますが、超高難燃、断熱、耐水、といった特性を持っており、プラスチック等と同じく有機物ですが、鉄や石などの無機物の素材にも似た特徴も持っています。有機材料としてとても優れた機能を持っていることで、テレビの某人気番組に取り上げられたこともあります。現在は国内販売のみですが、ゆくゆくは海外販売も見据えています。

~用途~
・体育館などの大型ビルや新幹線や船舶などの乗り物の断熱材
・屋内プールの屋根部分
・ドアの芯材
・ヘルメット等の防災グッズの内側

~現在の主な販売先~
・ドアや壁のメーカー
・輸送機メーカー
・防災製品をつくっているメーカー 等

【企業の魅力】
ウシオマテックス株式会社は、兄弟会社である潮冷熱株式会社からスピンアウトする形で設立されました。本社の愛媛県には、研究開発を行なうラボがあり、販売支社として東京と大阪にオフィスを設けています。現在従業員は15名、少数精鋭で立ち上がったばかりの組織ですが、関連会社のバックアップもあり、福利厚生などの待遇も同様の制度にしております。また、社内の雰囲気は、どんどん新しいアイディアを取り入れて会社を大きくしていきたい成長期なので、支社長や上司に現場で気付いたことを共有し、営業先の開拓や、素材の新用途を見つけていきたいと考えています。ベンチャー精神を持ちながらも、安定した待遇が用意されているところが特徴です。

バリシールドは建築物の一部分として利用されることが多い為、建材メーカーの素材と比較されることがありますが、従来の断熱材や、屋根材と比べると軽くて燃えずらい特性を持っており、素材の質が全く異なっていることで差別化を図ることを実現しています。
さらに、素材メーカーとして特定企業と連携しながら新素材を開発することもあります。

【今後の事業展開】
売上の上昇に伴う人員強化として、2025年に現在の3倍以上の人数がいる組織になるように努力していきます。
認知度やシェアも低いですが、バリシールドの持つ軽量で熱や水に強いという優れた機能性に素材としての大きな可能性を感じています。メンバーも増え、事業が拡大するとともに燃えにくい建物や防災用品の開発にもより一層取り組み、安全な街づくりに寄与したいと考えています。

【企業の風土】
兄弟会社の潮冷熱株式会社は44年位の歴史がありますが、ウシオマテックス株式会社は歴史も浅いため、慣習に捉われない柔軟な組織になっています。トップダウンではなく、お客様の声を現場から開発や経営に伝えるボトムアップの風土が根付いている理由も、社長や支社長とはコミュニケーションがとりやすく、全部署と連携しながら仕事を進めていくことで生産性を高め、事業により貢献できると考えられているからです。

【働き方/社内の雰囲気】
コロナ禍ということもあり、東京支社ではリモートワークを推奨しています。感染リスクも考え、webや電話でやり取りすることが増えていますが、現場でもwebでも常にお客様の視点を忘れずに、課題を解決したいという雰囲気を持っています。
全社では20代から60代までの幅広い層のスタッフが活躍しています。愛媛県本社の開発チームには20代と30代、そして60代の顧問がおり購買部署にも3名が活躍しています。東京・大阪支社には営業チームがあり、東京は営業アシスタント1名と支社長、40代の営業スタッフが在籍しています。

組織は立ち上がったばかりであるため、QC活動や社内行事など社員満足度を高めるためにさらに整備を重ねていっている途中ではありますが、成長期である現在は、経験や能力と同じくらいに、ハングリー精神を評価したいと思っています。また、給与ベースは関連会社と一緒になっており、雇用体制も整っているため、働いた結果をしっかりと年収や待遇に反映させることも出来る環境です。

企業名
ウシオマテックス株式会社
代表者
代表者 武内 眞
設立
2019年07月01日
資本金
10,000,000円
従業員数
15人
事業内容
超高難燃、断熱、耐水、軽量のエコロジー新素材「バリシールド」の製造販売
この求人を見た人はこんな求人も見ています
  • 独自の特殊技術で付加価値の高い製品を創出し、農薬分野に貢献
    日本曹達株式会社
    職種
    研究開発職(製剤研究)[高岡工場 生産技術研究所]
    勤務地
    富山県 
    想定収入
    400万円 〜 508万円
  • 独自の特殊技術で付加価値の高い製品を創出し、医薬・食品分野に貢献
    日本曹達株式会社
    職種
    研究開発職(製剤研究)[CTAC(千葉研究所内)]
    勤務地
    千葉県 
    想定収入
    400万円 〜 508万円