新しい生産方式を横須賀から一緒に生み出しませんか。

鉄道車輌向け各種ドア、内装の生産技術、製造技術職  /  
横浜製機株式会社

解決したい
社会課題

鉄道車輌の「安全・安心」を支え、利便性の高い社会インフラとして維持し、高度化技術を促進することで信頼性・効率性の 高いインフラを利用できる社会を実現します。

挑戦したい
成長領域

横須賀から車輌部品を日本中、さらには世界の鉄道車輌に提供。「新たな価値」を世の中へ提供し、安全かつ適切な価格の交通機関を平等に利用できる社会を実現する。

  • 解決したい社会課題
    #高度化技術により信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現する
  • 挑戦したい成長領域
    #軽量化設計・低燃費車両
業務内容

【業務内容】
■鉄道に用いられるドアーやパネルなどの製品の生産技術、製造技術を生み出す
■生産ラインの改善、設備の管理など
JR、私鉄、新幹線、輸出車輌の各種ドアーや保護棒など、当社独自製品には、それ専用の治具や生産ラインが必要です。
自動車部品の製造をしていた経験から、トヨタの生産方式を現在活用していますが、
鉄道車輌は多品種少量生産のため、新しい生産方式が必要になります。
その新しい生産方式を生み出すための工程設計の計画や
治具設計、トライ検証などに一緒に取り組んでいきましょう。

応募資格
■必須条件
・大卒以上

■歓迎条件
・理工学部をご卒業された方
・自動車など輸送機器の製品設計・開発設計のご経験あり

■こんなことに興味があるとGood
・技術中心の会社でオンリーワンの開発がしたい人
・研究から開発・設計・製造まですべての工程が見える環境でモノづくりに携わりたい人
・新しい技術に興味のある人

募集要項

募集職種
********
配属部署
********
想定年収
<年収>
**万円 〜 **万円
<給与詳細>
******************
雇用区分
***

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらからログイン

この企業・求人の特徴

技術が次の社会を生み出していく
横浜製機はもともと自動車部品の下請けメーカーとして事業を展開しておりましたが、2000年以降の国内の自動車販売数の減少に伴い、大手メーカーが次々と海外へ工場移転したことにより、一時期は売り上げが50%まで減少することもありました。
ですが自動車部品で培ってきた品質管理や設計技術、生産技術を活用し、当時は主要事業ではなかった鉄道車輌の分野へ転換拡大しました。

「技術」というと、画期的な技術や希少な技術を想像されやすいと思いますが、横浜製機の考えは異なります。溶接ひとつ取っても、個々の溶接職人が技術を使い分けています。金属板をR曲げ加工するのだって、ただ曲げればいいというものではありません。
独自の技術とは、人の真似ではなく、一人一人の個性や考え方、それが表面に表れて来るものだと思っています。当社でも特許(内装パネルの製造方法:登録番号5043537/鉄道車輌の天井構造:登録番号5864048…等)を持っていますが、独自の技術の代表例ではないでしょうか。

社会の役に立つために独自の技術を磨く。表面的には生産効率を上げることや、利益率を伸ばして企業を存続させるとかありますが、それを実現する為には技術を磨かないといけないと考えています。技術があるから事業としてできることが広がっていく。それが社会の役に立って行く。価値に繋がっていく。
このような次の社会を技術で生み出すことに挑戦する場所が、横浜製機にはあります。

代表取締役社長 関根 宗平氏

鉄道を支えているという誇り
JR東海の新幹線である『N700』や、つくばと秋葉原をつなぐ『つくばEXP』、
神奈川と東京を繋ぎ多くの市民の足として活躍している小田急線『OER4000』など…。
当社製品が採用されている車輌を上げればキリがありません。
電車に乗ったときなどは、ドアーや内装パネルをチェック。
横浜製機の製品が使われているのが確認できると、つい顔がほころびます。

多くの人たちの生活を支える『鉄道』に、自らが設計した製品が採用される。
そんな喜びを感じられる仕事です。

新車輌にあった製品の試作検証も手掛ける

横須賀から日本中、そして世界中へ。新しい鉄道の価値を届けられる場所で働く。
世の中ではよく「やらせてみろ。失敗しないとわからない。」
そのような人材育成のやり方がスマートだとされている気がします。
ですが最初から失敗してもいいから、というのは放任している無責任な感じがするのです。挑戦する人材を作るのではなく、反対に失敗の重みが分からない人材を育てる方にしてしまっているのです。

挑戦と失敗の美談、それは企業経営をしていると、商談に失敗して失注する。開発に失敗して不備を出す。それでは困ります。一件たりとも商談は落とすな。一部品も不具合を出すな。そういう失敗が許されない環境の中から、本当の失敗を味わう。それが成長につながるのではないでしょうか。

だから失敗をさせるというのは、失敗をさせないように先輩社員や周りの仲間が一生懸命サポートしていき、それでも失敗してしまったらそれは仕方がないから次に活かしていく事ではないでしょうか。最初から失敗してもいい。そんな事は事業をやっていて、お客様に価値を提供する立場としてありえません。そのようなプロ意識は持ち続けないといけないと思っています。

「お客様に価値を提供する為に挑戦し続けろ。すぐやれ、成功するまで諦めるな」この姿勢が本質だと思っています。現に当社の技術開発は、新しいアイデアを試してみないと気になって気になってしょうがないというような技術者が担っています。できるかできないか気にして考えているより、まず工場に行って挑戦しています。お客様と話ししていると、どうやれば実現できるか帰りに考えてきて、次の日にはすぐ試作する。お客様を良い意味で裏切る価値提供をするために、考え抜いて提案しています。

横浜製機では外国籍の方も伸び伸びと働いている

写真・風景

一つ一つの生産工程を丁寧に練り上げます。

新規製品の開発にあたっての治具も自社で開発します。

ロボットを活用した製造技術展開を目指しています。

会社概要

横浜製機株式会社
http://www.yokosei.co.jp/

メッセージ

ー「モノ」づくりだけでなく、新たな価値を横須賀から生み出すー

日本の交通インフラとして第一位に輝く「鉄道」。
この鉄道車輌の天井板やドアのトップシェアメーカーが横須賀にあることをご存知でしょうか。

幕末の黒船来航から近代化や国防における要所として発展した横須賀。
1957年に創業した横浜製機は、当初自動車部品・船舶部品・鉄道車輌部品の金属製品のプレス・板金・機械加工並びに金属機械の製造を行っておりました。

2000年代の横須賀からの自動車産業の撤退と、主な売上の軸であるトヨタのカローラの生産中止に伴い、紆余曲折ありましたが新技術であるダイレスフォーミングや、従来8時間かかる接着を15分に短縮した高速接着システムを導入・開発して鉄道車輌部品の生産にシフトしました。

横浜製機では大手鉄道車輌メーカーからの受注を「待つ」のではなく、クライアントの定性的なイメージを実現するにはどうすれば良いのか?を諦めることなく追求し、製品化するための試験まで「一緒に」自社で製品開発を行っております。

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」の精神のもとに、一見無理だと思うことでもチャレンジし、もし失敗したとしても別の製品へ今回チャレンジして得られたヒントを転用し、次へと繋げていきます。

この試行錯誤の結果、今や国内電車ドアのシェア率50%、新幹線の運転席ドアのシェア率は80%を横浜製機が占めており、中国・東南アジア・ヨーロッパなど海外へ製品を提供するようになりました。

横須賀市は2000年代以降、「人口流出が日本一」という不名誉なことで有名ですが、ここから日本中、そして世界へ新しい鉄道車輌の価値を生み出せる力が横浜製機にはあります。

ーやりがいを叶える場を横浜製機で提供するー

昨今の人材育成の場でよく聞く「失敗してもいいからチャレンジしてみよう」。
横浜製機では「失敗をしないために基礎技術をしっかり教えるから、チャレンジしてみよう」です。

個人の自主性に成長を任せるのではなく、職人として技術を教育し、そこから試行錯誤しながら自分の技として昇華させていく。日々の仕事の積み重ねが、自分独自の技術として体得されるのが横浜製機で働くということです。
「こうすればもっとよくなる」「どうやったらこれができるかな?」という悩みを自分で抱えたままにせず、相談して全員で実現するために動いていきます。

そして目に見える「鉄道車輌」の製造を自分たちが担っているというやりがいと、学んだ技術を昇華して工夫した結果、新たな価値を生み出して次のインフラ事業に繋げていける。
モノづくりは一日にしてならずですが、確実に成長し、新しいことに挑戦できる場を横浜製機は提供します。

ー「継続発展」して横須賀から日本中、そして世界へー
世界の鉄道の利用者数の約3分の1を日本が占めていることはご存知でしょうか。
日本は近代以降、鉄道網の普及が近代化の象徴であったこともあり、日本では交通インフラとして「鉄道」を優先した都市計画が行われていました。
それもあってか、日本の鉄道ダイヤの正確さや乗り心地などが高評価を世界中から受けており、日本の鉄道の旧車輌が世界に輸出され、今も世界のインフラに活用されております。

さらに経済発展に伴う環境汚染が社会問題化しており、自動車ではなく鉄道インフラの効率の良さに注目されており、日本の高速鉄道(新幹線)や地下鉄(在来線)のシステムを海外に導入する動きが活発化しています。

このような日本の鉄道インフラを影から支えている横浜製機。
実は現在東南アジアなどを中心とした国へ輸出される鉄道車輌へ部材を納入しており、今後は海外への展開も見据えております。
海外と国内の仕様は異なることが多いですが、「安全」と「環境への影響」そして「適切な料金体系」を誇る日本の鉄道技術は必ず海外でも花開いて行くでしょう。

企業名
横浜製機株式会社
代表者
代表取締役社長 関根 宗平
設立
1957年10月29日
資本金
25,500,000円
従業員数
160人
事業内容
輸送用機械器具製造業
この求人を見た人はこんな求人も見ています
  • 【プレス、溶接オペレーター】ピカピカ断面・破断面ゼロの製品を作製する技術を開発したモノづくりメーカー
    株式会社半谷製作所
    職種
    プレス、溶接オペレーター
    勤務地
    愛知県 
    想定収入
    240万円 〜 470万円
  • 次世代サービス/製品の基盤を生み出す機械設計開発エンジニア
    株式会社feat
    職種
    機械設計開発エンジニア
    勤務地
    東京都  神奈川県 
    想定収入
    360万円 〜 700万円