設計技術を身に付け、自動化設備を設計してみませんか。

#過重労働から解放され人間らしい創造性を生かした働き方ができる社会を実現する #運転支援・自動運転・交通事故防止
生産設備の製作、保全、制御設計  /   清水電装株式会社
  • 解決したい社会課題
    人的資源の投入から自動化に切り替えを推進することで過重労働から解放され人間らしい創造性を生かした働き方が出来る社会を実現します。
  • 挑戦したい成長領域
    モビリティの持つ利便性と未来の可能性を、高性能化した製品で実現することでクルマ社会の発展に挑戦し続けていきます。
業務内容
扱う製品のほとんどは、代替のきかない専用製品が多いため、検査体制の構築し、品質管理を徹底しながら、生産性を落とさずに完成品を製作していくかが大切な指標となっています。
そのため、外部に委託するのではなく、自社で生産設備を製作・運用することで人的資源を他の重要工程で活用することで、性能の高い製品や、耐久性に優れた製品など、これまでよりも数倍~数十倍の機能を持った製品を生み出すことも可能です。

<具体的にお任せする業務>
・自動車用照明機器(ヘッドランプ、テールランプ等)の生産用設備の製作
・設備組立
・制御・電気設計
・設備保全
など。

<入社後のイメージ>
入社時、これまでの経験に応じて初期の業務内容を決定します。
(設計経験が少ない方は、基礎から学んでいただくことも可能です)

現場では、実際の業務内容に合わせて先輩方より色々と教えてもらいながら
自分で製品を完成させていくことを目指します。

その後は、部品メーカーとの打ち合わせなどもあるため、同席し、実際の打ち合わせの雰囲気や将来的には自分自身で対応いただくことも検討しています。

<部署の特徴>
現在は、自動化設備部門ではリーダーの50代を中心に3名が活躍しています。
電機・機械系のバックグランドを持っているメンバーのため、
設備検討も様々な角度から意見を出し合います。
応募資格
■必須条件
・普通自動車運転免許(AT限定可)をお持ちの方(取得見込みも可)

以下の経験でいずれかの経験をお持ちの方
・2D・3DCADの使用経験
・CADオペレーターとしての経験
・電気設計、電装設計の経験
・機械設計、構造設計の経験
・生産技術に関する経験
に関する何らかの経験を1つ以上お持ちの方
※複数の経験があれば尚可です。機械設計を学ぶ意欲をお持ちの方はさらに歓迎します。

【歓迎経験】
・自動車部品を含む自動車産業に携わっていた経験(前職、現職問いません)
みんなの気になる 7help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

技術を学び、活かせる理由は”人”でつながる組織であること

代表取締役と就任して以来、事業の成長と組織作りは深く関わっているため、
変えていく必要があると考えていました。
先代は技術者の目線で創業から事業の発展に寄与していましたが、時代も変わり「技術集団」ではなく「技術組織」に変わる必要性を感じていました。

最もその影響を受けたのは、大手企業の現場でプロダクトマネージャーとして就業していた時でした。技術者の見解、企業の見解をはじめ現場、技術力を駆使した製品製造までの過程など、わかっているようでわかっていない溝が存在していました。
仕事をする上で「言われたから仕方ない」「自分たちは作るだけ」といったモチベーションに代わり、受け身な姿勢や体制批判につながることもあります。

技術者である以上、技術力を製品に落とし込むことは責務である一方で、
会社は「組織」を作り上げることを責務としています。

私は先代からの受け継いだ意志、企業として成長・発展するために必要となる組織(人材)がどのように働いていくことがプラスになるのかを考えています。

その結果、コロナの影響もありましたが給与の維持(賞与込)、現場となる工場の新設、社長にもフラットに話すことが出来る雰囲気作りや、厳しい中でも前を向いて頑張る社員に向けたメッセージを同封させてもらうなど、自身も組織の一員として皆と関わり、創り上げていくことを心がけています。

ぜひ、一緒に技術者やビジネスマンとして成長し
想像していた未来よりも素晴らしいものにしていきましょう。

代表取締役 田雑秀一氏
自動車産業を支える安全性と機能性を持った”品質”

自動車産業と聞くと、ボディ(本体)をイメージすることが多いのですが
実際には何十というパーツに分かれて、それぞれのパーツを専門企業が製作し
最終的に完成車として、流通していきます。

部品に大小は無いのですが、重要度は関係しており
「この部品や製品がないと機能しない」といったコアとなる製品が多数存在します。

その製品を同社では長年にわたり担当しており、安全で性能高い自動車の普及を
日夜支えております。

特に、各メーカーごとに技術と製品への信頼が高い企業のみに任させる部品も存在し、現在までの数十年間、業績も含めて堅調な理由には他社ではできない技法と製造工程によって安定した製品を供給できることが挙げられます。

今後は、社内の自動化/省力化も推進しながらさらに高機能な製品をスピード感持って対応できる体制を整える準備を行なっています。

これまでの数々の製品を生産しております。
静岡から発信する”日本の社会課題”を解決していける理由

有数のものづくり都市として脚光を浴びてる一方で、
産業構造の変化にも適応しなければいけない課題も持ち合わせています。

日本全体で見た時に人口減少は避けられず、労働人口や生産性の低下にもつながってきます。弊社はいち早く自動化にも着手し、開発から組立までの生産性を維持しながらも、人的資源の投入の最適化を図ってきました。

人的資源で最も重要な砦は「品質(安全や安心)」です。

機械や画像認識によるデジタル化も進んでいますが、効率的で高信頼な品質管理を行なうための適切な人材配置だけでは安全とは言えません。
そこに機械(自動化)を加えることで品質が担保された強固な生産技術を得ることが可能になります。

弊社は製品を造るだけでなく、最も重要な品質を理解しているからこそ、
人的資源を「財産」と考え、作られた製品も、係わった技術も同じように貴重な資源と考えています。

資源は全て有限ですが、地域、ものづくり、人、技術、全てが重なる静岡で新たな雇用や産業を生み出し続けることで、地域経済の発展や国力の増強、グローバル競争にも負けない品質に挑戦し続けることで、社会課題の解決にも寄与できると信じています。

人と産業が密接に関わることで生まれる新たな可能性

写真・風景

  • 設計・組立される一つ一つの製品に技術が詰まっています。

  • 高品質な製品を届けるために細部のチェックにまでこだわります。

  • 自社で開発した自動化機械によって生産性や技術の向上を図っています。

会社概要

メッセージ

              製品に宿る技術と精神は“組織から生み出す”

大手メーカーの依頼より国産車に搭載する必要製品の開発・設計・納品までを担っている清水電装株式会社。
技術者として数多くの事業、開発に取り組まれた先代の意志を引継ぎ、代表 田雑社長が技術力×組織力という
「未来のものづくり」を自社で体現していく理念を持っている静岡市の企業です。

—「価値観」の変化を捉えて取った技術者に必要な組織とは…。
田雑社長も始まりは技術者として大手メーカーで開発から上流工程までを経験されていますが
技術者を現場で見てきたこと、そして技術者に関わる組織を見てきた時に、大きな隔たりを感じていました。

「製品と人と組織は繋がっている必要がある」

製品は技術から生まれ、技術は人によって生み出されます。
そして人は「組織」を生み出します。

当社の考える技術力は、組織作りにも紐づくと考えています。
背中を見て育つではなく、現場で培ったノウハウを正確に身に付けることで製品にも活かされてきます。
フラットな雰囲気も残しつつも、部署ごとの連携、相談や報告を行ないやすい環境にすることで
高品質な製品を作り続けることができるのです。
一人で作り出す、解決する、ではなく「全員で作り出す」、その意識を持っています。

―ミスの許されない環境から生まれる「高品質な製品」たち
大手自動車メーカーがクライアントとなるため、供給部材を自社で組み合わせ、完成品を納品しています。
自社の製品も含め、様々なパーツや製品が組み合わさることで自動車が市場に供給されます。すなわち、「製品のミス」は自動車を出荷できないことにも繋がるため、品質へのこだわりと追求は他社以上に気を付けています。

「必要な製品」は造れても、品質を担保しない製品はただのガラクタになります。

一つ一つを丁寧に検査して、完成までの工程を確認しているため、社員ひとりひとりの集中力と目利きがあるからこそ、信頼のおける製品だとクライアントからも言っていただけます。
仕事は作って終わりではなく、完成させて終わりではなく、傷もなく、ちゃんと作動するかどうかまで把握することを完成としています。

”納品に至るまで何重にも検査体制を敷いて、確実に安全・安心な製品とさせる”
全社員がものづくりにおける「高品質を作り出す精神」を持っていることでで品質を実現できています。

―技術者の求めるモノは詰め込んだ会社作り
静岡県はものづくりで有名な地域で、様々な産業を支える工場や事業が数多くありますが、人口減少など生産性に関わる課題も浮き彫りになってきています。
当社は生産性を生み出すには人間であり、(省力化)ロボットやAIを駆使したIoT製品なども人が動かすことで
真価を発揮します。

工場の立て直し(冷暖房完備)、衛生的な働き場所、自社製品向けの自動化装置、多様な働き方を認める社風など、人と機械を融合させながら、いかに生産性を高めていくのかを追求しています。
トップシェアを誇る製品を扱っているからこそ、絶対の自信と高い生産性を持つ人材が必要になってきます。
そのために、環境や社員を大切に思い続けると心に誓っています。

「製品と人と組織は繋がっている必要がある」

まさに人と組織、環境も同じだと思っています。

技術者としてキャリアアップや働き方を見直すことで、その先のキャリアも大きく変わってきますので
技術者として将来を考え始めていましたらぜひ一度お声がけください。

【SCOPEチームからの企業印象】
代表 田雑社長のやさしさや思いやりが現場、組織、制度に現れています。
社員数も100名を超えてくると、社長との距離も遠くなりますが、フラットに全社員と接しながらも
会社以上に社員の生活を守る行動やそれを実現するための理念をお持ちである姿勢は素晴らしいものと感じます。
技術者として将来を考えながら、長く働くことも出来る数少ない企業と感じました。

【清水電装株式会社の仕事のやりがい、厳しさ】
-やりがい-
・国産自動車メーカーの専売製品を取り扱っているため、細心の技術要件を知ることができる
・設計職、電気系関係なく、製品の品質に携わるため、自身の専門分野業務での精度が上がる。

-厳しさ-
・クライアントの状況に応じて業務量に変化が生じるため、特定期間で業務量にも変化が生じることもあります。

【清水電装株式会社と相性の良い”キーワード“】
-性格-
自発的、細かな気づき、行動力、責任感、思いやり、協力的
-技術-
CAD、自動化装置、ロボット、機械設計、自動車部品、電気回路、電気設計

会社情報
  • 企業名
    清水電装株式会社
  • 代表者
    代表取締役社長 田雑 秀一
  • 設立
    1971年11月01日
  • 資本金
    未登録
  • 従業員数
    100人
  • 事業内容
    自動車用照明機器製造
    農業用機器製造
    金型・治具作成、樹脂成形、塗装、アルミ蒸着、樹脂メッキ他
みんなの気になる 7help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
清水電装株式会社
http://shimizudenso.co.jp/launch
解決したい社会課題

人的資源の投入から自動化に切り替えを推進することで過重労働から解放され人間らしい創造性を生かした働き方が出来る社会を実現します。

挑戦したい成長領域

モビリティの持つ利便性と未来の可能性を、高性能化した製品で実現することでクルマ社会の発展に挑戦し続けていきます。

企業の詳細ページを見るchevron_right