クリエイティブ事業の「種」を生み出す発掘人

#持続可能な開発技術を用いた地域格差のない産業化と技能向上が可能な社会を実現する #AI(人工知能)システム・AIネットワーク
機械学習エンジニア  /   株式会社ワントゥーテン
  • 解決したい社会課題
    クリエイティブな発想から生み出される、持続可能な開発技術を用いた格差のない産業化と技術向上が可能な社会を実現します。
  • 挑戦したい成長領域
    既成概念を破壊するポジティブなイノベーションを起こすために、少し先の未来の姿をプロトタイピングし、体験を実装して、人々とものごとの関係性をアップデートする事に挑戦していきます。
業務内容
クリエイティブ領域における機械学習を利用したアプリケーションの開発を、機械学習エンジニアおよびテクニカルディレクターとして、クライアントへの提案を営業やプロデューサーと共に行うところから、仕様決め・設計・実装・動作確認・リリースまでを一貫して担当して頂きます。

機械学習はまだまだ新しい技術で社内にも知見が少なく、特定の用途を想定したお仕事はあまり多くありません。機械学習でどういうことができるかということだけでなく、それを応用してどのようなアプリケーションを作るかも考え、実現していくようなお仕事となります。
アプリケーションの形態も、WEBアプリケーションに限らず、イベントにおけるインスタレーションやHWプロダクト、使用するデータも、画像だけでなく、テキストやセンサーデータ、音声と多岐に渡ります。ご自身の興味関心に合わせつつ、多様なスキルを持ったクリエイターと一緒に、機械学習を使った今までにないアプリケーションの開発に取り組んで頂けるお仕事です。
応募資格
■必須経験
・アプリケーションの開発経験(3年以上)
・ライブラリを使用した機械学習アプリケーションの開発経験(プライベート可)
・プロジェクトマネジメントの経験

■歓迎経験
・機械学習およびその関連分野における修士以上の学位、もしくはそれに相当する理論に関する知識
・Pythonによるアプリケーションの開発経験
・TensorFlowによるアプリケーションの開発経験

■求める人物像
・チームで協力して良いものを作り上げることができる方
・好奇心を持って様々な技術を使うことができる方
・自分の仕事を自分で作っていくことができる方
みんなの気になる 8help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

「解像度を上げること」で見える世界が変わる。

自分の人生を振り返った時に、現状のシステムをよく疑っていました。(私はシニカルな視点と呼んでいますが、見方や考え方を変えて頭の中に描くのがすごく面白いです)
この少しだけ視点を変えるというのは、ビジネスを継続的に行うな上で、とても重要なことだと思います。また、何事にも根気を持って取り組むことも大事です。
自分がどうありたいかを考えることは、根気が必要で、正直、つらいこともうまくいかないこともいっぱい出てきます。その時に、多くの人が「こんなはずじゃない」と言って挫折してしまう。
それでも、負けずに未来像を詳細に描くこと。それを私は「解像度を上げる」と呼んでいますが、未来像を詳細に描けば描くほど、何をすべきかわかります。実現の可能性も高まります。間違っていてもいいと思っています。失敗を恐れずに、未来像を明確に持つことは、仮想敵を作ることでもあります。仮想敵を作るには、自分のことをわかっていないと作れません。
これから先の未来もテクノロジーの発展によって大きく変わります。当たり前だったことが当たり前じゃなくなる時代だからこそ、違う視点を持つことで新しいアイデアが見えてくるはずです。しんどいかもしれないですが、やはり根気を持ってやること。

ぜひその気持ちと視点を持っている方と一緒に仕事でつながれたらと思っています。

代表取締役社長 澤邊芳明
AIやデータを活用した未来の駅の実現に向けて”クリエイティブ×テクノロジー”で社会課題の解決へ。

オムロンソーシアルソリューションズ株式会社との共同プロジェクトとして立ち上がった「LINK→SYNC」ではコンセプト開発からスタートし、数々のプロトタイピングを経て実証実験まで行なった大型プロジェクトです。

当社は、テクニカルとクリエイティブ両面で参画し、様々な技術開発会社と密に連携しながら駅利用者へのサービス向上と、窓口業務の省力化の両立を目指すため、ソフトウェア、ハードウェアをロボットに統合し管理する統合制御システムを開発しました。

■具体的な担当領域
・ユーザーエクスペリエンスデザイン(UXD)
・会話デザイン
・統合制御システム
・ロボットデザイン/設計
・UIデザイン
・キーヴィジュアル・プロモーションムービー
など、「未来の駅のあり方」をビジネスモデル策定からコンセプト立案、デザイン、コンテンツ制作にいたるまで、トータルにクリエイティブを作成し、未来の駅のブランディングを行ないました。

特に、当社が気にした点は「顧客視点に立ち、本質的な課題とインサイトを発掘すること」です。
そのためのワークショップやプロジェクトチームのモチベーション向上や、様々な気づき・発見を通してアイデアを創出し、メンバー全員の合意形成を得ながらプロジェクトを遂行してきた点も、当社のクリエイティビティな風土が全面に取り込まれた良い例だと感じています。

「未来の駅のあり方を、共に生みだす」をコンセプトにしたプロジェクト
人とクルマがパートナーの関係となるためのコア技術と人工知能の応用

トヨタ自動車の大切にしている「クルマは“愛”がつく工業製品」であるという想いのもと、当社グループとの共同チームで協力したプロジェクトになります。
それぞれの時代において、「移動の自由・喜び」といったかけがえのない感動を提供してきましたが、「TOYOTA Concept-愛i」シリーズは、“more than a machine, a partner”をコンセプトに、ドライバーをより理解し、共に成長するかけがえのないパートナーして、新しい時代の「愛車」となることを目指すプロジェクトとなっています。

共通するコア技術は、人工知能を応用し、ドライバーの感情認識や嗜好推定を行う「人を理解する」技術(Learn)であり、この「人を理解する」技術と自動運転技術を組み合わせ、ドライバーを「安全・安心」(Protect)に導くほか、エージェント技術と組み合わせることで、ドライバーの気持ちを先回りした提案を可能とし、ドライバーに「新しいFun to Drive」(Inspire)をもたらすことを可能にしました。

また、誰でも安心して運転できるクルマを追求し、走行時には運転席をセンターにレイアウト、駐停車時は自動駐車や自動バレットパーキング機能により運転支援を行なうなど、高齢者など誰でも「安全・安心」に運転できるモビリティとしました。

その全てを司るのはAIエージェントのYUI。
ユーザーひとりひとりに寄り添い、嗜好や状態に合わせた移動体験を提供する。
乗員の表情や動作から感情、眠気などの状態を推定し、YUI側から話しかけるなどのコミュニケーションを図るほか、覚醒・リラックス誘導機能付きシート、音楽、車内イルミネーション、空調、フレグランスなどを用いて働きかけ、安全、安心、快適な移動に貢献する技術を当社のエンジニアリングによって実現することができました。

モビリティ社会の未来像を具現化したコンセプトカー「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」

写真・風景

  • ワーキングスペースは創造性を高められるような広々とした造りになっています。

  • 技術とアイディア力を磨く社内勉強会も積極的に開催しています。

  • 圧迫感を感じさせない広々とした造りでリフレッシュしやすい環境となています。

会社概要

メッセージ

            “アイディアの力で存在する価値を増幅させる、それが1→10“

—クリエイティブ集団が生み出す近未来体験
2001年のワントゥーテンデザインの創業以来、独自のアイディアと発想で最先端テクノロジーを軸に、AI技術を駆使した新サービスの開発では、日本の伝統芸能である歌舞伎でイマーシブ(没入型)プロジェクションを導入、旧芝離宮恩賜庭園を活用したライトアップイベントの総合演出、パラスポーツとテクノロジーを組み合わせた新しいスポーツエンタテインメントのCYBER SPORTSプロジェクトなどを生み出してきました。
また2020年9月には羽田空港の新エリア「羽田イノベーションシティ」内にオープンした、最新テクノロジーを駆使した次世代の体験型商業施設「羽田出島|DEJIMA by 1→10」をオープンさせ最新のMR技術、全面プロジェクションマッピング、アクロバティックなパフォーマンス、至近距離で展開する殺陣、心揺さぶる音楽などで、“仮想と現実が融和する”かつてない没入体験を提供し、メディアにも取り上げていただきました。

これらは全て既成概念としてあったモノに、テクノロジーとアイディアを組み合わせて、従来の価値を増幅させたプロジェクトの一部です。ネガティブな要素もポジティブに変換して、既成概念を変えてしまえばいい。世の中にある社会通念を変えること(視点を変えさせること)で、社会に潤いと豊かさを提供していきたいと考えています。

―自分自身が主語となる発想力で生み出す
SNSの普及に伴い、広告メディアとしてもテレビに次ぐ存在となった時代に、webコミュニケーションは新しい世界をどんどん広げていっています。その世界は、より身近でより手軽な存在として、様々なテクノロジー・アイディアと融合しながら、人と人のつながりや知覚を拡張させる役割となっていきます。

クリエイティブな世界は誰もが情報の発信者となりうる時代だからこそ、誰が言うかではなく、何を言うか、何をするかが主体となっています。感じ方はプロダクトを体験した人それぞれですが「近未来を感じてもらう」をテーマに自社プロダクトの開発者・発案者の想いやストーリーがたくさん詰まっています。その背景には、ひとりひとりが「それって、おもしろいの?」(企画はもちろん、働き方や仕事を楽しめていますか?という意味も含まれます)の問いを常にしながら良いプロダクトを目指しているので、自分が発信者でありながら、一番楽しめなければクリエイティブな開発ではなくなってしまうのです。

社会や生活を豊かにする一部を担うならば、自分自身が本当に楽しいと思えているのかが本当に大切です。事業企画やプロダクト製作も主役は“自分”という意識を持って取り組んでいます。

―あらゆる人々の心に火を灯し、あらゆる物事をアップデートしていく、そして…

課題先進国と言われる現代の日本においては、課題を解決するソリューションのみならず、当たり前を疑うことから生まれる既成概念を破壊するポジティブなイノベーションが必要であると考えています。その活動を通じて、人々とものごとの関係性をアップデートする事こそが私たちのミッションです。
ミッションを完遂するためにも「解像度を上げていく」ことも重要です。
未来図を詳細に描くことで、何をするべきか見えてきます。当たり前が当たり前でない時代だからこそ、未来の描き方も変わってくると思っています。

向き合っている業務、ミッション「それっておもしろいのか?」
誰もが一度は考えたことがあると思っています。

もし、視点を変えた面白いことを一緒にやってみたいと思ってもらえたら、いつでもお待ちしています。

会社情報
  • 企業名
    株式会社ワントゥーテン
  • 代表者
    代表取締役社長 CEO 澤邊 芳明
  • 設立
    2009年07月01日
  • 資本金
    243,000,000円
  • 従業員数
    125人
  • 事業内容
    ・クリエイティブコンサルティング
    ・テクノロジーソリューション開発
    ・プロダクト開発/サービス開発
    ・コンテンツプロデュース
    (広告企画、ウェブサイト、企画展示、MR/VR/AR体験など)
みんなの気になる 8help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社ワントゥーテン
https://www.1-10.com/launch
解決したい社会課題

クリエイティブな発想から生み出される、持続可能な開発技術を用いた格差のない産業化と技術向上が可能な社会を実現します。

挑戦したい成長領域

既成概念を破壊するポジティブなイノベーションを起こすために、少し先の未来の姿をプロトタイピングし、体験を実装して、人々とものごとの関係性をアップデートする事に挑戦していきます。

企業の詳細ページを見るchevron_right