【神奈川】選択収穫ロボットの開発

ロボットエンジニア  /  
inaho株式会社
  • 企業が挑戦したいこと
    #効率的な農作物生産
  • 挑戦したい領域
    #スマートアグリ・農業ICT
業務内容

選択収穫ロボットと呼ばれるジャンルのロボットを作っています。
主な構成要素は、
・自律走行する移動体
・収穫対象かどうか判断する画像処理技術
・対象物を収穫するロボットアーム
・制御ミドルウェア 
です。
一次試作 (プロトタイプ) ができあがりつつあり、 2017年10月に圃場で実験を行いました。
これらの検証を踏まえておこなう、二次試作、量産試作へ向け人員を募集しています。

【具体的業務】
農機具の量産機開発、製品仕様検討、量産化に伴う設計・開発や移動体、ロボットアーム、カメラを統合する制御ミドルウェアの開発に携わっていただきます。

新たな農業の未来を一緒に作っていただける方をお待ちしています!!

応募資格
■必須要件
いずれかの経験をお持ちの方
・ロボットアームの設計・開発
・制御ミドルウェア開発
・農機具の設計・開発経験
・電気・制御:モーター、モータードライバの開発
・機構 駆動系機構,設計及び開発
・電気制御 ガソリンエンジンの電化経験 モーター制御・ROS等の設計経験

■歓迎要件
・一次産業を盛り上げることに想いがある
・ロボットアームの機構設計したい、経験がある。
・ロボットのミドルウェアを開発したい、経験がある。
・制御用電子回路を設計・製作したい
・制御(運動学、動力学)を実装したい
・今までにないものを作ってみたい

上記の中で一部のご経験やスキルがある方でも大歓迎です!

募集要項

募集職種
********
配属部署
********
想定年収
<年収>
**万円 〜 **万円
<給与詳細>
******************
雇用区分
***

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらからログイン

この企業・求人の特徴

人手不足を解消する人工知能を使った野菜収穫ロボット
人工知能使った画像認識技術により、野菜の位置やサイズ、病害の有無を判別。3次元の位置情報を推定しロボットアームが野菜を自動的に収穫する。自律的に圃場を移動することで人手をかけることなく収穫が可能になる。※国際特許出願ずみ

人工知能を使った自動野菜収穫ロボット。

全国の協力農家と共に開発 収穫だけじゃない農学に基づくサポート
協力農家と共に誰もが農業を始められるためのプログラムを運営しています。利益をきちんと上げている農家さんの知見を惜しみなく伝授いただきます。inahoの収穫ロボットと儲かっている農家のノウハウを組合せて活用することで、肉体的負担が少なく、儲かる農業モデルを実現できます。

富士通アクセラレータプログラム 第7期ピッチコンテストで最優秀賞を受賞。

新規就農農家応援研修プロジェクト「inahoの穂」
「INAHOの穂」とは、
農家のリアルな”経営”を全国で活躍する有名農家から学ぶことのできる農業研修プログラムです。新規就農を本気で考える方へ“農業体験では得られない ”「実践的な農業」を学ぶ機会を提供します。参加者はプログラム終了後も、継続的に独立に向けたサポートを受けることができます。

MURCアクセラレータ LEAP OVER 第2期にて最優秀賞を受賞。

写真・風景

【ビニールハウス内での自律走行技術開発】RTK-GPS,SLAMを使った圃場での自律走行技術の開発。

【深層学習を使った画像処理技術】収穫適期の野菜や病害を判定する判別機を開発しています。

【人工知能を使った野菜収穫ロボット】人手不足を解消を目指します。

会社概要

inaho株式会社
http://inaho.co/

メッセージ

【沿革】
inaho株式会社では、"AI農機具ロボット"を開発しています。農家の大きな負担となっている仕事を、今だからこそできるテクノロジーを使って解決し、彼らと楽しく仕事ができる環境を提供するべくスタートしました。

【事業概要】
第一弾として取り組んでいるのは、農作物の収穫ロボットです。収穫作業は、時間的にも肉体的にも、農家の大きな負担になっており、「どうしたら野菜が美味しくなるか」というクリエティブな所に時間を割けていない現状があります。
収穫ロボットのなかでも「選択収穫」と呼ばれるジャンルのロボットを作っています。圃場内を自律走行しながら、AIを使った画像処理で野菜の状態を判断して、ロボットアームが傷つけないように収穫します。
日本はコメ大国な事もあり、コメ向けの「一括収穫」機は多くありますが、農作物の状態を判断して収穫を行う「選択収穫ロボット」分野はまだ勃興したばかりです。
「人がやらなくても良いことはロボットがやる未来」では「きつい」「きたない」は必ず解決されます。
そうなった時、農家はどうしたら野菜が美味しくできるかに没頭する”クリエイター”として、やりたいことだけをできている世界を目指します。

【当社の魅力】
■職場環境
「自分たちが接する人たちが、よりクリエイティブな環境になるように」
inahoのBe Creativeは自分たちがクリエイティブになることを目指すのではなく、自分たちが届けるサービスや商品のユーザーの方達がクリエイティブな環境が享受できる世界を目指します。
人類が本当やるべきクリエイティブな仕事にリソースを割くことができる未来を一秒でも早く実現します。

そのために、我々自身もBe Creativeであり続けますので
一緒にバリューを感じていただける方、お待ちしています!

企業名
inaho株式会社
代表者
代表取締役CEO 菱木 豊
設立
2017年01月17日
資本金
19,798,400円
従業員数
5人
事業内容
野菜収穫ロボットを中心とした農業生産プラットフォームの提供
AIを用いた事業開発及び一次産業向けソリューションの提供
この求人を見た人はこんな求人も見ています
  • 【東京】世界中の人々に電力インフラを提供するソフトウェアエンジニア
    東電設計株式会社
    職種
    ソフトウェアエンジニア
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    350万円 〜 650万円
  • 【京都】AI 技術を搭載した車載ソフトウェア開発技術者
    株式会社センスタイムジャパン
    職種
    ソフトウェアエンジニア
    勤務地
    京都府 
    想定収入
    450万円 〜 700万円