ERPコンサルタント

#過重労働から解放され人間らしい創造性を生かした働き方ができる社会を実現する #スマートオフィス
ERPコンサルタント  /   株式会社ビット
  • 解決したい社会課題
    ⻑年培った情報技術を⽣かした独⾃の発想で、多くの企業が抱える課題を解決していきます。
  • 挑戦したい成長領域
    企業が抱える課題解決のために、プロフェッショナルな技術者の育成と新たな技術領域への挑戦を⾏って参ります。
業務内容
ERP(Microsoft Dynamics 365)をお客様へ導入するために、業務コンサルタントとして以下の業務をお願い致します。

1.お客様の現状の業務分析
2.お客様の要求・課題の確認
3.ERPパッケージとのFit&Gapを抽出
4.Gapについて提案を行い新業務を確立する
5.ERPの導入を実施する
※お客様と直接対話しながら業務を行います。経験がなくても、コミュニケーション力を活かしてお客様のニーズを把握し、コンサルタントとしてチャレンジしたい意欲のある方、大歓迎です。

【その他】
■経営陣と社員の距離が近く、社員100名以下と社員全員の顔が見える距離感で
上司や経営陣も気さくな性格の者が多く、やりたいことを提案しやすい環境です。

■評価・昇進は実力主義と考えており年齢に関係なく、実力のある方をしっかり評価。
中には30代で役員に抜擢された者もいます。

■大手企業と直接取引を実現し、独立系SIerとして大手企業と直接取引を行なっています。
メーカーに縛られない提案や上流工程からの参画が可能なプロジェクトが多く稼働しています。

■RPAソリューションをワンストップで提供し、Automation Anywhere社は、すでにグローバル企業500社以上で導入され、今日本でも注目を集めるRPAのプロフェッショナルと認知されています。
 
当社はこのRPAソリューションにいち早く目をつけ、日本での本格導入をスタートさせています。
応募資格
【学歴】
大学卒もしくは大学院卒

【必須条件】
以下の経験のうち1つ以上をお持ちの方
・ERPコンサルタント経験1年以上
・ERPパッケージの導入経験
・経理業務またはSCM業務の業務経験

【求める人物像】
・ 「成長」への強い欲求を持ったチャレンジ精神豊かな方を求めます
みんなの気になる 2help_outline

募集要項閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

  • 募集職種
    ********
  • 配属部署
    ********
  • 想定年収
    ********
  • 雇用区分
    ********

ご登録いただくと、
全ての求人の募集要項をご覧いただけます。

会員登録して詳細を見る

すでにアカウントをお持ちの方は
こちらから ログインlaunch

この企業・求人の特徴

チームワークに対する姿勢と考え方。

株式会社ビットでは、「チームワーク」ではなく、「チームビルド」が必要だと考えています。

「チームビルド」は、単に一緒に何かをするだけではなく、メンバーが協力しながらも主体的に共通のゴールを目指すようなチームづくりです。

これによりプロジェクトに参加したそれぞれの社員に、一体感が生まれ、仕事への満足度の向上に繋がり、自身の成長を感じる事ができます。
個人の働き方が多様化していく中、成果を最大限に発揮するためには、「協働」が不可欠です。
それを受けて当社ではコミュニケーションツールの導入や情報共有を常に行なっています。

意識として、特に重要視している事はお互いの「理解」と「思考」です。
思い込みでのトラブルを回避するために、お互いにどのような思考で理解してくれるか、どのような意図で言葉を投げないといけないのか、この点が非常に重要になってきます。
これを社員全員が意識しすることで、ステークホルダーが多いプロジェクトにおいても、業務がを円滑に推進できる事を可能としています。

今の時代は多くの他業種との付き合いがビジネスに発展する時代です。
社員それぞれの能力を把握し、チームでは協働性を高められるよう組織力を強化し、一層の団結力を向上させていきます。

描けるキャリアは一つじゃありません。

入社直後の配属先研修はもちろん階層別・目的別などのセミナーや自己啓発支援制度を準備しています。
エンジニアの目標は「管理職としてプロジェクトを回したい」「技術者としてスペシャリストを目指したい」など様々です。
納得いくまでスキルを磨いていただき、将来的に言語や領域の異なる案件にも挑戦することができますので、個々の希望に沿った理想のキャリア形成に向け会社が後押しします。

また、全社的に「集合研修」として年に一回社員全体で行う研修を行っています。
事業の目的や会社の戦略・方向性、最先端技術の紹介、グループに分かれ開発のお題を出し、開発力や企画力を競うといった、親睦を深めるためのユニークな会議をしております。

産学連携による独自技術の開発でITを活用したサービス企画を。

当社は、独自の「技術」を生み出すために、日々研究開発に専念し、次世代のICTを創造しております。

その為に大学や教育機関との共同研究や勉強会に参画し、最新の技術や課題解決について取組み、現在では「IoT技術開発」「人工知能研究」を中心に「次世代インフラ」や「DX/CX/UX」といった最先端領域での研究を進めています。

経済産業省「産学連携サービス経営人材育成事業」における各大学や、業種を横断しサービス産業界の事業者と連携し、新たなイノベーションを創出しうるサービス産業発展からマネジメント、人材育成まで広い構築を行っております。

写真・風景

  • 情報技術活用の仕組みを作り上げます。

  • 大学との共同研究の模様。

  • お客さまのご要望や市場の変化を的確に捉え、ビジネス上のさまざまな課題を解決するソフトウェアを提供。

会社概要

メッセージ

【沿革】
当社は1989年横浜で創業し、システム開発/運用サービスに従事し、成長して参りました。独立系システムインテグレーション企業として培われた「技術力」と「品質」には確固たる自信がございます。各種業務系ソフトウェア開発、運用、製品開発に至るまで、幅広くサービスをご提供いたします。

【事業概要】
■ソフトウェア開発および保守
お客さまのご要望や市場の変化を的確に捉え、ビジネス上のさまざまな課題を解決するソフトウェアをご提供します。

■RPA(Robotic Process Automation)
主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みであり、人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われています。ERPに対するデータの転記入力のような定型的なアプリケーション操作を人に代わって自動化するソフトウェア領域であり、 50-80%のコストダウンを図った事例が多数あります。

■運用管理およびデータ処理サービス
主にBPO(Business Process Outsourcing)業務で運用するシステムについて、業務処理のステータス管理、業務処理データ内容の正確性検証、集計作業、並びに処理効率化のためのシステムチューニング・維持などのサービスを行います。

■オフショア開発ハンドリング
フィリピン、ミャンマー、ベトナムを拠点としてオフショア開発を行っており、インドや中国の1/2以下のコストでのサービス提供が可能です。創業して26年間という長年のビジネスアプリケーションの開発実績があり、多くの日本企業様とのプロジェクトで培われた「Japan品質のサービス」をご提供いたします。またさらに、低コストのラボ型開発も承っております。

■自社製品開発・販売/コンサルタント支援
BPMS、GISシステム開発、販売、ビットモデルオフショアハンドリングなどのサービスを提供しています。

【当社の魅力】
■経営陣と社員の距離が近い
社員100名以下と社員全員の顔が見える距離感。上司や経営陣も気さくな性格の者が多く、やりたいことを提案しやすい環境です。

■評価・昇進は実力主義
年齢に関係なく、実力のある方をしっかり評価。中には30代で役員に抜擢された者も。

■大手企業と直接取引を実現
独立系SIerとして大手企業と直接取引を実現しており、メーカーに縛られない提案や上流工程からの参画が可能なプロジェクトが多く稼働しています。

■RPAソリューションをワンストップで提供
Automation Anywhere社は、すでにグローバル企業500社以上で導入され、今日本でも注目を集めるRPAのプロフェッショナル。

技術を磨いて巨大な社会インフラを守るやりがいを一緒に感じてみませんか。

会社情報
  • 企業名
    株式会社ビット
  • 代表者
    代表取締役 齋藤 浩二
  • 設立
    1989年03月23日
  • 資本金
    30,000,000円
  • 従業員数
    60人
  • 事業内容
    ソフトウェア委託開発及び保守
    ソフトウェアの運用管理およびデータ処理サービス
    オフショア開発ハンドリング
    RPA製品のライセンス販売、開発及び保守
みんなの気になる 2help_outline
この求人の募集要項

閲覧するにはログイン/会員登録が必要です

ログインまたは新規登録
企業情報
株式会社ビット
https://www.bit-corp.co.jp/launch
解決したい社会課題

⻑年培った情報技術を⽣かした独⾃の発想で、多くの企業が抱える課題を解決していきます。

挑戦したい成長領域

企業が抱える課題解決のために、プロフェッショナルな技術者の育成と新たな技術領域への挑戦を⾏って参ります。

企業の詳細ページを見るchevron_right