ユカイ工学株式会社

実現したい
こと

製造業や調査・災害支援などの産業用ロボット普及同様、日々の生活で使われる「心を動かし、人を動機付けすることのできるインターフェース」としてのロボットを普及させ、生活空間の不便のない社会を実現します。

  • 企業が挑戦したいこと
    #生活空間の不便のない社会
  • 挑戦したい領域
    #介護/生活支援ロボット
メッセージ

【沿革】
ユカイ工学は、「世の中をユカイにする」コミュニケーションロボットをつくる会社として2007年にスタート。最先端のテクノロジーと人の生活によりそうデザインを組み合わせた製品開発でコミュニケーションロボットの普及を目指します。


【事業概要】
世界をユカイに変えるスペシャリスト集団として"ライフスタイルで活用"されるロボットへの挑戦をしています。

■ロボットの普及のために
コンセプトの段階からクライアントと考え、エンジニアに限らず社内の誰もがアイデアを形に出来る環境が整っておりスピーディーな試作、量産開発が強みです。創業からコンシューマー製品を作っているからこそ、高いデザイン性とノウハウを元にIoT・ロボットに必要なソフトウェアとハードウェアのすべてを提供して、様々な大企業と一緒に新しいロボット開発も支援しています。

■ユカイ工学が見通す世界
コミュニケーションロボットが個人の行動の主たるインターフェイスになると考えています。ロボットがネットワークや環境センサーと接続されることで、人間を深く理解し、行動をサポートすることが可能な環境が整いつつあります。人が暮らす空間に無意識のうちに、情報を届け、行動をサポートしてくれる世界への大きく変化を遂げると信じています。

■主なプロダクト
・家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」
・心を癒やす、しっぽクッション「Qoobo」
・あなただけの音声コミュニケーション開発キット「codama」
・ハブラシがふるえてはしるロボット教材キット「ハブラシロボットキット」
・フィジカル・コンピューティングツールキット「konashi」
・脳波で動く猫耳型コミュニケーションツール「necomimi」
・パソコンの隣にいるソーシャルロボット「coconatch」


【当社の魅力】
■ロボティクスで世界をユカイに
毎年社内ハッカソンを開催しており、その中から新しい自社プロダクトが生まれていきます。クッション型セラピーロボット「Qoobo」はその一つです。社員同士の垣根が低く、お互いに話がしやすい環境で製品開発をしています。
ハードウェアからソフトウェアまで自社で開発を行っており、あらゆるレイヤーの技術に触れるチャンスがあります。また、誰も作ったことのないものに一番最初に関わるチャンスが転がっています。誰でも手を上げれば新規プロダクトの開発に携わることができます。

■エンジニアが愉快にモノづくりする会社
「ユカイ」という名前はソニーの設立趣意書にある「自由豁達ニシテ”愉快”ナル理想工場ノ建設」という一節からとられています。エンジニアがあつまって、ユカイにものづくりができる会社を目指して設立されました。


社内には、試作の環境が整っており、量産に関しては国内や海外の金型メーカー、量産工場と連携して商品の生産を行っています。恵まれた環境で思う存分「モノづくり」しませんか。

写真・風景

離れた相手と温かいコミュニケーションが取れる―留守番ロボットBOCCO―

人間を深く理解し、行動をサポートするコミュニケーションロボットとの新しいライフスタイルを提案。

実証されたストレスオフ効果―クッション型セラピーロボットQoobo―

  • あなたとこの企業との適合度
    -

  • 採用活動指数

    企業情報登録率 

    100%

    活動量 

会社概要

企業名
ユカイ工学株式会社
代表者
最高経営責任者 青木 俊介
設立
2007年12月01日
資本金
6,300,000円
従業員数
20人
事業内容
ロボット/ハードウェア 開発・製造・販売
業種
機械/電気/組み込み
本社住所
〒162-0067 東京都 新宿区富久町16-11 武蔵屋スカイビル101号
URL
https://www.ux-xu.com/
挑戦したい領域
生活・文化の拡張 - 介護/生活支援ロボット

この企業の求人

  • 【東京】ユニークなプロダクトに関わるサーバーシステム設計・開発
    ユカイ工学株式会社
    職種
    サーバーサイド・インフラエンジニア
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    400万円 〜 800万円