株式会社エスケーファイン

https://sk-fine.co.jp/index.php
実現したいこと

3Dプリンターの独自性とセラミックスの優位性を更に高め、
新たな市場を創設し、未来社会に貢献します。

  • この企業が挑戦したいこと
    科学・研究技術が活かされる世界
  • この企業が挑戦したい領域
    ナノ光学・プラズモニクス・近接場光・エバネッセント波

あなたとこの企業との適合度

-
株式会社エスケーファインとあなたとの適合度は - です。

採用活動指数

企業情報登録率 

活動量 

メッセージ

【当社について】
株式会社エスケーファインは、3Dセラミックス造形での事業化を目指し、
2018年10月17日に株式会社写真化学の子会社として設立された会社です。
写真化学で開発された装置と材料処方技術(分級・撹拌・成形)をベースに、
市場ニーズに合わせた造形装置からセラミック部品製造・販売のご提供と共に、
研究開発にも取り組んでおります。

【3Dプリンター技術の革新に向けて】
3Dプリンターは生産革命と期待され、樹脂材料から金属材料へ、
そしてモデリング用途から実用部品領域へ広がりを見せています。
この中でセラミック材料での3Dプリンター応用には技術課題が多く、
他の材料に比べ非常に遅れた領域でした。
そこで当社はセラミック用3Dプリンターをいち早く開発し、
国産初で市場にリリースしております。
また、自ら3Dセラミックプリンターを使い、
ニーズに合わせた3Dセラミック部品の造形プロセスの開発を進めております。


・セラミック部品
従来工法では不可能な新規性の高いセラミック部品での3Dプリンタの実現。
イニシャル費用や試作期間が課題となっている多品種少量部品も作成可能です。

・3Dプリンター販売
セラミック用3Dプリンター(光造形装置)は
関連企業の株式会社写真化学が開発から製造まで一貫して国内で対応する、
高精細なハイスペック3Dプリンターを販売促進しております。

・研究開発
企業開発部門や研究機関の皆様の実験・検証を、
当社工法や技術で試していただく事が可能です。


国内では先駆けとなるセラミック3Dプリンターの事業化したことにより、
2018年11月には新たに大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社から出資を受けております。
今後成長が見込まれるセラミック材での3Dプリンター事業化を本格化し、
研究開発・設備投資を加速していき、電子部品、微細触媒に加え、
人工歯や、人口骨など、医療分野にも視野に入れて事業を拡大させていきます。

最先端技術を用いた当社で、
ものづくり産業での第一線の躍進を一緒に牽引していきませんか?

株式会社エスケーファイン
代表取締役社長 藤井 裕仁
2018年10月17日
199,000,000円
セラミック造形部品の製造販売、3Dセラミック用プリンター(3D光造形装置)の販売、委託開発・共同開発
素材/化学
〒525-0058 滋賀県 草津市野路東7丁目2番10号
情報通信 - ナノ光学・プラズモニクス・近接場光・エバネッセント波