株式会社マクシスエンジニアリング

https://www.maxis-inc.com/
実現したいこと

上下水道の先端技術と三次元顕微鏡を融合させ
水質リスクを予知し、より清潔な生活用水を実現します

  • この企業が挑戦したいこと
    清潔な生活用水
  • この企業が挑戦したい領域
    淡水化・水処理

あなたとこの企業との適合度

-
株式会社マクシスエンジニアリングとあなたとの適合度は - です。

採用活動指数

企業情報登録率 

活動量 

メッセージ

■事業概要
自動車部品の設計・開発を主軸として成長してきた当社は、
国内外に7つの工場を持ち、製品設計から試作・金型の設計・製造までを一貫して行っている「メーカー」です。

製品分野は幅広く、自動車を中心に、FA設備・環境プラント・航空機・ロケットなど様々なプロダクトを手掛けています。
法人向けにロボットの開発・製造・レンタルを行います。
ロボットのレンタルを行うことで必要となるメンテナンス業務を、
自社の人材育成を兼ねて行うことで、効率的に事業を軌道に乗せ、
ロボット分野で日本のメーカーをけん引していく存在を目指します。


■当社の魅力
①研究開発
名古屋工業大学大学院で活躍された梅崎教授と画像処理分野の研究開発を行っています。
過去には中部大学電気システム工学科:長谷川准教授と、モータ制御システムの研究開発を行っております。

②人材育成
名古屋工業大学・愛知県産業技術研究所にて非常勤として活躍されている方を講師としてお迎えし、技術力の向上に取り組んでいます。

③製品開発
お客様からの依頼に合わせたオーダーメイド製品と、自社開発の独自製品があります。
新技術開発を行う「開発部」では、自社オリジナルブランドの製品を世に送り出してきた実績があります。
近年では、工場の生産現場で、ランダムに積まれた部品を一つずつつまみあげる「ピッキングアイ」。3次元計測技術や画像処理技術を駆使したピッキングアイは、東京など全国の展示会で数多くの注文や委託販売契約を獲得し、専門誌でも紹介されました。


■水処理事業
大手の環境・上下水道プラントメーカー様の依頼を受け、長年の経験を活かし、エンジニアの派遣から設計の受託をおこないます。
また様々な設備や機器の設計製作をおこなって、これからもお客様のニーズに合わせてご要望にお応えしていきます。

2019年4月に3次元顕微鏡をデジタルホログラフィ技術を独自に応用し、
水中微生物を前処理無く、生きたまま3次元に表示できる顕微鏡のデスクに置けるまでの小型化を実現し、微生物の種・量は勿論のこと、浄水・下水に及ぼす影響や対処方法、文献情報の即時出力など、水質向上に繋がります。

今後は3次元顕微鏡サービスに加え、官民連携の受け皿として受託する企業に向けて、管理者やデータサイエンティストを派遣する事業を展開し、包括委託やコンセッションなどの官民連携を促進し、これまでの技術ノウハウを活かし、高度な技術者を育成し、大手のサービスソリューション企業に協力します。

株式会社マクシスエンジニアリング
代表取締役 水野 敬三
1996年09月21日
70,000,000円
465人
1.産業用メカトロ装置の開発及び設計、製作
2.環境プラント・公害防止装置の設計及び施工
3.工業製品(自動車・航空機・家電など)の設計及びエンジニア派遣
4.生産技術・生産準備エンジニア派遣
5.自動車用プラスチック・ゴム部品の金型設計及び製作。生産準備。
6.設計支援ソフト・画像処理ソフト・機器用組込ソフトの開発
建築/土木/プラント/設備
〒464-0827 愛知県 名古屋市千種区田代本通2-13
052-734-8271
食糧・水・土壌・資源 - 淡水化・水処理
募集中の求人