株式会社ハーモ

実現したい社会

あらゆる場面で用いられるプラスチック製品の生産現場にて、より高品質かつ安全で、効率良い生産を補助する製品を開発することで、産業活性化と生産性の向上に寄与し、生活水準がもっと豊かになる社会を実現します。

解決したい
社会課題

国内唯一の射出成形周辺の総合メーカーとして、世界中に展開されるプラスチックの生産現場に目を向け、刻々と変化する生産現場のニーズを的確に叶えるべく、プラスチック射出成形現場の品質向上に挑戦し続けます。

  • 解決したい社会課題
    #持続可能な開発技術を用いた地域格差のない産業化と技能向上が可能な社会を実現する
  • 挑戦したい成長領域
    #生産イノベーション

日本のものづくりに不可欠な《自動化・省人化・生産性向上・不良対策》のプロフェッショナル


■射出成形の「工程改善」に目を向けている背景
当社が本社を構えるのは長野県上伊那郡。精密機器や機械部品などものづくり企業が軒を連ねる地域です。60年前の創業当時において、射出成形の生産現場での最も大きな課題は「社員の安全性の確保」でした。
これを解決すべく、産業用ロボットの開発にいち早く着手し、生産現場のニーズに答えてきました。

■「国内唯一」である理由
射出成形関連機器メーカーでは唯一の総合メーカーです。
創業初期から射出成形の製造現場をより便利で安全にするために機械化・ロボット化を進めてきました。一部製品の供給だけでは理想とする利便性・安全性を確保できないとの思いから、総合メーカーとしての地位を確立し、現在に至ります。

■今後の展開 —国内でのシェアが固まっている状態で、事業をどのように成長させていくのか—
現在、自動車部品やPCをはじめとした工業製品はコスト削減などを目的に、海外で製造されることが非常に多くなっています。また、日系企業の海外進出・工場設立も行なわれています。製造現場があれば、そこに我々の仕事が待っています。
これからは中米やアメリカ、アジアなどに目を向け、グローバルな事業展開にさらに力を入れていきます。
海外では、日本と比べると無駄の多い現場や、効率を重視するあまり安全性がおろそかになっている現場がまだまだ存在しています。国内の14拠点に加え、海外にもネットワークを広げることで、世界中の自動化・省人化・生産性向上・不良対策を実現していきます。

写真・風景

全国14の営業所で、ものづくりの現場を支えています。

プラスチックの射出成形に対する悩みを包括的に解決します。

国内唯一の射出成形周辺の総合メーカーとして、快適で安全、生産性の高い射出成形ラインを提案します。

会社概要

企業名
株式会社ハーモ
代表者
代表取締役 濱 秀明
設立
1962年06月19日
資本金
290,500,000円
従業員数
242人
事業内容
産業用ロボット(射出成形品自動取出装置)プラスチック成形機周辺合理化機器の開発・製造・販売
業種
機械/電気/組み込み
本社住所
〒399-4595 長野県 上伊那郡南箕輪村 4124-1
URL
https://harmo-net.co.jp/
挑戦したい
成長領域
未来を創る技術分野 - 生産イノベーション

この企業の求人

  • 世界中の社内ネットワークを経営視点で支える、経理
    株式会社ハーモ
    職種
    経理
    勤務地
    長野県 
    想定収入
    320万円 〜 450万円
  • 生産現場の生産性を改善する製品を手掛ける、設計開発
    株式会社ハーモ
    職種
    設計開発
    勤務地
    長野県 
    想定収入
    320万円 〜 420万円
  • 現場の「あったらいいな」を引き出す、サービスエンジニア
    株式会社ハーモ
    職種
    サービスエンジニア
    勤務地
    富山県  大阪府  広島県  福岡県 
    想定収入
    320万円 〜 420万円