オリックス・レンテック株式会社

実現したい社会

高品質・低コストを叶える「機器及び技術レンタル」の事業形態と豊富な提案力により、あらゆる企業の研究開発を後押しすることで、持続可能な発展を目的としたビジネスエコシステムを拡充する社会を実現します。

解決したい
社会課題

機器の提供というハード面のみならず、機能や通信といったソフト面まで包括し、世の中の『モノからサービスへ』変化している需要に対応することで、日本の生産現場・生産技術強化に挑戦します。

  • 解決したい社会課題
    #持続可能な発展を目的としたビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する
  • 挑戦したい成長領域
    #生産イノベーション

オリックス・レンテック株式会社は、1976年にオリックスグループの一員として誕生。
医療やモビリティ、エレクトロニクス、その他あらゆる業界に向けてハイテクノロジー機器のレンタルサービスを展開してきました。

2010年代後半から、サブスクリプションやシェアリングエコノミーといった事業形態が急速に拡大し注目を集めていますが、当社は時代に先駆け、45年前からこのような業態で事業を行なってきたのです。


■当社の事業の重要性——何故「レンタル」なのか
企業で研究開発に用いられるハイテク機器は、物によっては何百万~何千万円することも。自社保有するには高額すぎたり、研究開発の成果が製品となり利益を生むまでのタイムラグが長期化しているといった理由で、機器への投資がされにくくなってきているのが現代のグローバル化企業の現状です。
そこで重要な役割を果たすのが「レンタル」です。

企業の初期投資の負担を抑えつつ、研究開発を推進し続けるための手段として、総合電機メーカーや輸送機器メーカーを筆頭に、日本の技術力の進化を支えています。


■当社のこれから——何を「レンタル/提供」するのか
当社が取り扱うレンタル機器は、測定器やPC、サーバ、3Dプリンタ、ロボット、ドローンや医療機器など、3万4000種、220万台に及び、業界トップクラスを誇ります。マルチベンダーのためどの機器をオーダーされても対応できることはもちろんのこと、「これを解決するにはどの機器が必要か?」といった状況に応じた選定も可能です。
加えて、ハードウェアの提供のみならず、サービス面を強化し総合サプライヤーサービス企業としての展開を考えています。


■世の中で起こっている"逆転現象"に適応する
自動車を想像してみてください。
ひと昔前までは、速く走るためのエンジンやモーター、外観と機能性を兼ね備えた筐体など、ハード面に関するニーズが高かったのに比べ、現在では自動運転アシストやスマートキーなど、ソフト面の機能が充実、重要視されるようになりました。

このような「機械」と「電気・電子」の立ち位置の入れ替わりはあらゆるところで発生しており、それは研究や生産現場も例外ではありません。
当社もこのような状況に対応すべく、これからは機器の提供にとどまらず、エンジニアリングなどの「技術力」も提供していきます。

写真・風景

当社の新しいチャレンジ「ロボット事業」

機器の品質を担保する「技術センター」

あらゆる業界の「今」に触れることができる

会社概要

企業名
オリックス・レンテック株式会社
代表者
代表取締役社長 細川 展久
設立
1976年09月29日
資本金
730,000,000円
従業員数
912人
事業内容
ロボット事業
ドローン事業
3Dプリンター事業
計測関連サービス
ICT 関連サービス
販売/ 買取サービス
資産・管理運用支援サービス
業種
機械/電気/組み込み
本社住所
〒141-0001 東京都 品川区北品川 5丁目5-15 大崎ブライトコア
URL
https://www.orixrentec.jp/index.html
挑戦したい
成長領域
未来を創る技術分野 - 生産イノベーション

この企業の求人

  • ハイテクレンタル機器の校正
    オリックス・レンテック株式会社
    職種
    校正
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    350万円 〜 580万円
  • ハイテク機器の管理・メンテナンス専門施設のレイアウト
    オリックス・レンテック株式会社
    職種
    工程レイアウト
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    600万円 〜 900万円
  • レンタル機器のクオリティを担保する品質保証の課長候補
    オリックス・レンテック株式会社
    職種
    品質保証
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    600万円 〜 900万円