株式会社プラセラム

実現したい社会

製品・製造素材の耐久性を向上させ、限りある地球資源の有効活用と環境や健康への影響を最小化する社会を実現します。

解決したい
社会課題

「含浸分野」で新たな技術革新と用途展開を実現し、耐圧・耐熱・電気絶縁・密着・接着・防腐・防炎などのモノづくりで発生する課題を解決します。

  • 解決したい社会課題
    #持続可能な産業構造の構築により環境や健康への影響を最小化する社会を実現する
  • 挑戦したい成長領域
    #接着剤・コーティング組成物

当社は機能性の化学薬剤を部品などに浸み込ませて複合化するという、「含浸技術」に特化した会社です。含浸によって付加する機能としては耐圧性、絶縁性、切削性、難燃性などがあり、対象となる部品は、自然素材、金属、最先端素材など実に広範囲に及びます。

創業者である、桑宗彦は東京工業大学で理工学研究科化学工学を専攻し、1969年より含浸剤の研究開発に携わってきました。1980年に含浸技術の専門会社として、プラセラムを設立。社名の由来は、プラスチック「Plastics」+セラミックス「ceramics」です。2019年に桑淑子が代表取締役に就任し、現在に至ります。

約40年かけ、海外に展開できる企業として成長できました。
・本社及び青梅工場
・栃木工場
・中国:関連子会社
・台湾:提携会社

含浸処理の三大特徴は「機能性材料を染み込ませて固定化」することにあります。

(1)有孔性の素材や多孔質素材あるいは繊維質素材に対しては、従来からある一般の表面処理方法の適用が困難な場合が多々有ります。とくに湿式の表面処理では、処理液がこれらの空隙にしみこんでしまい、処理後に表面ににじみ出てきて、表面性能を損なってしまいます。このような場合、予め適正な材質の液状のものを染み込ませてから内部で固定化する。すなわち含浸して、内部空孔を埋めてから湿式の表面処理を行えば、問題は解決します。

(2)有孔質の一般素材等に、機能材料を含浸すれば、各種機能を付与することが出来ます。

(3)無孔質の一般素材に対して、多孔質の溶射皮膜、電解酸化皮膜、化成皮膜、またはエッチング処理等を施して多孔質化してから機能性材料を含浸すれば、各種機能を付与することが出来ます。

含浸技術は、単に物持ちを良くする技術ではありません。製造業における部品の耐久性向上は製造工程での欠陥・欠品を減らし、製品を利用するユーザーの安心や安全にも影響してきます。また、限りある地球資源の有効活用という点においても、使い続けられる製品に含浸技術は寄与します。

環境問題に関しても、木材は空気中の炭酸ガスを固定化したものです。木材に防炎、防虫の機能を持たせ、地球上に木材の蓄積を図ることは、炭酸ガスの減少を実施することにもなると考えています。

化学技術の追求だけではなく、環境に配慮した研究開発を共にしてくれる仲間を私たちは求めています。

写真・風景

開発棟の写真: 本社には開発拠点が併設されています。

ラインの写真: 1980年創業。含浸技術のパイオニア企業です。

航空精密機器、機能化木材、含浸用途は多岐にわたります。

会社概要

企業名
株式会社プラセラム
代表者
代表取締役 桑 淑子
設立
1980年09月16日
資本金
80,000,000円
従業員数
30人
事業内容
【化学品事業】
様々な用途に合わせて、アクリル系、エポキシ系、シリコーン系、無機系、ポリエステル系などの含浸剤を開発し、生産・販売しています。また、含浸加工に用いる防錆剤を開発し、生産・販売しています。一部の含浸剤は中国の子会社でも生産及び販売しています。

【含浸加工事業】
弊社の各種含浸剤を用いて、様々な用途に合わせた含浸加工方法を開発し、受託含浸加工処理を行っています。汎用含浸加工設備は国内の 2 拠点に設置され、特殊な含浸設備は主に青梅工場に設置しています。

【含浸設備事業】
含浸に関する設備の設計及び販売をしています。含浸加工設備(含浸装置)はお客さまのご要望に合わせてカスタマイズ仕様で販売します。環境負荷軽減とコストダウンのために、含浸に関連した廃液及び排水処理の開発をしています。

【研究開発】
無限に広がる含浸技術の可能性を追求すべく、様々なテーマの研究開発活動に従事しています。また、お客様へのサービス向上のために、既存技術に関連する分析や改良研究をしています。対外的なサービスとしては、試作含浸加工と受託開発・共同開発業務を行っています。

<含浸技術活用事例>
当社では幅広いお客様のニーズに対応するため、有機系/無機系含浸剤各種を揃えております。有機系含浸剤では、汎用型メタクリレート系含浸剤 PS-403E をはじめ、「Fluoro Seal」(含フッ素メタクリレート系含浸剤)まで、十数種類があり、また、お客様の要望に沿えるよう日々研究開発を進めております。

・シリンダーブロック(エンジンブロック)
・シリンダーヘッド
・フュエルインジェクター
・オイルパン
・ミッションケース
・ギヤケース
・トルコンケース
・ウォーターポンプ
・パワーステアリング関連の部品
・ブレーキ系統の部品
・クーラーコンプレッサー関連の部品
・ニューマチック/オイル系等バルブ類
・ドアクローザー(油圧部品)
・各種タービン軸:潤滑含浸、耐磨耗、耐食
・ポンプケース:耐リーク
・コンプレッサー関連の部品:耐リーク
・紙用反転ロール:非粘着含浸
・タービン羽:防食含浸
・バルブ類:耐リーク、防食
・モーターコア
・コイル
・タービン軸受け:水力発電所用など(耐リーク)
・エアーハンマー(釘打ち機)
・各種セラミック部品(耐リーク、電気絶縁性付与、防食)
・ステッパーハウジング:半導体用(耐汚染性)
・木材:難燃処理、変形防止など
・ガスメーター:耐リーク
・コネクター(電気用):耐リーク
・配管及び継手(ガス、水、オイルなど):耐リーク
・各種金型
・各種メッキの前処理
・コンデンサー
・その他多数
業種
素材/化学
本社住所
〒198-0023 東京都 青梅市今井 3-5-18
URL
http://www.placeram.com/
挑戦したい
成長領域
都市・空間・材料 - 接着剤・コーティング組成物

この企業の求人

  • 素材にプラスアルファーの機能を付与する含浸技術
    株式会社プラセラム
    職種
    化学製品(含浸剤)の開発・製造エンジニア
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    400万円 〜 700万円