株式会社アールシーコア

実現したいこと

「住む」より「楽しむ」
ユーザーが暮らしてからの満足=“楽しい暮らし”を大切にし、
日本人の暮らし文化の「明日」をつくります。

挑戦したいこと

生活空間の不便のない社会

新たな「BESS」ファンを作り続け、「BESS」ファンに満足頂き、
そのファンとともに大きく成長していく事にチャレンジし続けます。

株式会社アールシーコア
代表取締役社長 二木 浩三
1985年08月01日
660,760,000円
162人
(1)自然派個性住宅の企画~製造・輸入~販売(BESS事業)
・・・オリジナルブランドの自然派個性住宅「BESS」の販売を通じて、こころ遊ばせる暮らし(ユーザーハピネス)の実現をお手伝いしています。

(2)別荘タイムシェアの販売及び運営管理(フェザント事業)
・・・「無理やりスローライフ」をキャッチフレーズに立ち上げたのがフェザント事業です。別荘を一人で所有するのではなく、タイムシェア方式で別荘を所有するシステムです。

(3)BESS街区事業
・・・BESSの自然派個性住宅での街づくり、BESS街区。BESS街区の開発コンセプトは、「帰りたくなる街」。街並みもまた商品です。
住宅建設
〒150-0045 東京都 渋谷区神泉町22-2 神泉風來ビル
03-5790-6502
都市・空間・材料 - 中・大規模木造建築
【「知 < 好 < 楽」仕事を楽しめるか、が一番大切】
アールシーコアが生まれたのは1985年。理想の会社を作ろうとし、5人でスタートしました。
そこから仕事をつくり、ビジネスを成功させ、生き残るにはどうするか、
それは仕事を楽しくすること、楽しめる仕事を見つけること。と結論に至りました。

「知る」は「好む」にしかず、「好む」は「楽しむ」にしかず

楽しければ、人より深く考え、独自の視点が生まれ、結果競争にも勝てる。ある種の逆転の発想です。
知識だけではなく、一歩進んで好きになる。
仕事を楽しむという境地にまで高めてこそ、次の一歩が生まれると考えます。


■BESS事業
アールシーコアの主事業とし、自然材にこだわり、自然の恵みを活かす住宅を提供し続けています。

BESSとは、「Bigfoot・Essential・Slowlife・Spirit」の略称で、
自然体の、本質的で飾らない(Essential)スローライフ(Slowlife)と、
スローライフを楽しむための心意気(Spirit)を表しています。
ログハウスからスタートし、薪ストーブやウッドデッキ、吹き抜けなどを備え、
「住む」より「楽しむ」をスローガンに、のびやかな空間、おおらかな暮らしを生み出します。

また、住宅を提供をするにあたり、単独ブランド展示場を全国展開しています。
現在、暮らしにおける自然志向・本質志向の高まりを背景に、
感性(好き嫌い)で選ぶ時代が本格化しつつあります。

一般的な住宅展示場では比較検討や打ち合わせを行う場として認知されていますが、
BESSでは「LOGWAY」と呼び、もっとリアルな暮らしを思い描く「体験の場」としています。
体験の場としては、BESSの家に暮らすユーザーが実際に「LOGWAYコーチャー」として、
DIYから薪割り、農作業とリアルな暮らしをコーチングし、
ユーザーに体験していただき、BESSだからこその溢れる魅力を伝え、
新たな暮らしの一歩へと導く場としています。


■フェザント事業
ログハウスやドームハウスなど、遊び心や冒険心をくすぐるBESSの木の家をタイムシェアしています。
BESS事業の思いはそのままに、ログハウス丸ごと1棟で過ごす“時間”を提供したいと考え、
そして、それをシェアすることで負担を抑えれば、より多くの方に非日常の空間と時間の楽しさを
味わっていただけるのではないか。
その思いからタイムシェア方式を採用しています。


家は人生を楽しむためのもの。
「住む」より「楽しむ」家。家という存在の先にある「楽しい暮らし」。

本質は変えず、新しいことにチャレンジするのが好きで、どの会社にも似ていたくない。
そのようなBESSの思いに共感いただける方をお待ちしております。