株式会社タイカ

実現したい社会

世界の人々の快適で豊かな生活をサポートできる、多機能素材の開発と提供により、持続可能な社会全体が発展していく社会を実現していきます。

解決したい
社会課題

自動車・文具・エレクトロニクスの分野や、ウエルネス領域において、化学の力で新たな価値を創造し続けて、技術開発型企業でありつづけることに挑戦いたします。

  • 解決したい社会課題
    #持続可能な発展を目的としたビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する
  • 挑戦したい成長領域
    #材料イノベーション

私たちタイカは、
曲面印刷の『CUBIC PRINTING(キュービックプリンティング)』、
多機能素材『αGEL(アルファゲル)』やウエルネス用品『αPLA(アルファプラ)』シリーズなど、
独自技術のスペシャリストとしての技術研鑽とともに、
新規事業の創造を推進している「技術開発型企業」です。

世界に大きく羽ばたき(大翔)、大きく進化を遂げ(大化)、大輪の花を咲かせる(大華)、これが全世界
に絶え間なき挑戦を続けていく、私たちの社名に託した願いであり、「夢と希望」の具現を目指し、事業を展開しています。

事業戦略を考えるにあたり、
「次代を拓く技術と発想によって、世界中に驚きと感動をとどけ続ける」との企業理念を定めています。
これは、従来の概念や手法に固執せず、世の中の期待を大きく上回る価値を創造し続けていく、と言う決意を表明したものです。
この企業理念に込めた想いを胸に、将来を見据えた新たな挑戦を続けています。

写真・風景

α G E Lは、タイカが開発した非常に柔らかいゲル状素材です。 柔らかさと多様な機能によって、さまざまな製品に採用されています。@MATERIAL DESIGN EXHIBITION 2018 Photo By Kenta Hasegawa」

現在は東京に本社を構えていますが、1948年に創業して以来、研究開発の中心は静岡県にあります。

水圧転写とは絵柄を印刷した特殊なフィルムを水面に浮かべ、水圧を利用して材料に絵柄を転写し、乾燥させてコーティングするものです。複雑な3次元形状への印刷や、大型の素材にも対応可能です。

会社概要

企業名
株式会社タイカ
代表者
代表取締役社長 鈴木 大登
設立
2006年06月01日
資本金
100,000,000円
従業員数
216人
事業内容
衝撃吸収・振動防止用素材「αGEL(アルファゲル)」の製造・販売
介護・福祉用品「αPLA(アルファプラ)」の製造・販売
曲面印刷技術「CUBIC PRINTING(キュービックプリンティング)」
「E-CUBIC(イーキュービック)」
「S-CUBIC(エスキュービック)」
「H-CUBIC(エイチキュービック)」関連の製造・販売・技術供与
業種
素材/化学
本社住所
〒108-0074 東京都 港区高輪2-18-10
URL
https://taica.co.jp/
挑戦したい
成長領域
未来を創る技術分野 - 材料イノベーション