植田酪農機工業株式会社

実現したい
こと

蓄積されたノウハウと技術で、国内外の工場でも安全で高性能な食品包装機械を普及させ、人間の労働負担がない社会を実現します。

  • 企業が挑戦したいこと
    #人間の労働負担がない社会
  • 挑戦したい領域
    #ファクトリーオートメーション・産業ロボット
メッセージ

【沿革】
植田酪農機工業は、1910年創業以来、食品機械メーカーとして数多くの皆様に「高品質・高性能」の製品を届けています。弊社では、食品充填機メーカーとして躍進する四国化工機グループの一員として、常に品質第一をモットーとし、永年培ったノウハウをもとに、小型食品充填機をはじめ、包装機メーカーとして、ユーザーの皆様に満足いただける製品づくりを目指しております。


【事業概要】
当社は、液体食品充填機の分野において国内外で高いシェアを誇る四国化工機グループの一員です。四国化工機は牛乳パックに代表される三角屋根の紙容器に中身を充填する「紙容器成形充填機」において国内シェア約70%を誇るトップメーカーです。
たとえ弊社の社名は知らなくても、コンビニやスーパーで四国化工機グループの機械で生産された商品を手にされているはずです。四国化工機グループの機械で生産された紙パック商品は四国化工機製の充填機とともに、日本の大手飲料メーカー、乳業メーカーだけではなく海外のお客様の工場でも活躍しています。


【当社の魅力】
■環境に配慮した製品開発で社会課題にも挑戦
年間3万トン生産されるプラスチックの半分は容器包装に使用されています。プラスチックは今やなくてはならない便利なものですが、一方で環境への影響が懸念されていることも確かです。植田酪農機工業は環境にやさしい『紙』の容器や段ボールの包装技術を培ってきた企業であり、創業から100年以上貫いてきた理念を機械一台一台に込めています。

■省人化・自動化の社会の一歩を目指して…
日本では生産人口が減少し、2025年には4,930万人と推移され、産業ロボットの市場拡大が期待されています。植田酪農機工業は人と機械を結ぶ新しい発想と技術力の総合プロ集団であり、工場の自動化、省人化に貢献していきます。
そのための技術と人材育成には余念がなく、働き甲斐や生きがいを感じられるチャレンジやキャリア形成を推奨しています。


ぜひ、100年続く技術の結晶を身につけ、これからのキャリアに活かしてしてみませんか?

写真・風景

植田酪農機工業は、機械・包装資材・食品の三位一体経営を展開する四国化工機グループの一員です。

PUC-30 パラレルロボットケーサーという弊社オリジナルの製品です。

機械導入までのご提案から、設計・製造・納入まで一貫したサービスを提供しています。

  • あなたとこの企業との適合度
    -

  • 採用活動指数

    企業情報登録率 

    100%

    活動量 

会社概要

企業名
植田酪農機工業株式会社
代表者
代表取締役社長 植田 滋
設立
1950年02月01日
資本金
31,500,000円
従業員数
50人
事業内容
食品充填機・包装機の設計・製造・販売
業種
機械/電気/組み込み
本社住所
〒132-0025 東京都 江戸川区松江2丁目14番20号  
URL
https://www.ueraku.co.jp/
挑戦したい領域
生活・文化の拡張 - ファクトリーオートメーション・産業ロボット

この企業の求人

  • 省人化・自動化を目指すメカとロボットを融合した機械設計
    植田酪農機工業株式会社
    職種
    機械組立エンジニア
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    350万円 〜 400万円
  • 省人化・自動化を目指すメカとロボットを融合した電気設計
    植田酪農機工業株式会社
    職種
    制御設計エンジニア(電気・電子)
    勤務地
    東京都 
    想定収入
    380万円 〜 600万円