株式会社地圏環境テクノロジー

実現したいこと

地圏環境テクノロジーが目指すのは、コンピュータの中にもう1つの世界を創り上げ、水循環の動きの「今」を常に知ることができる未来です。

挑戦したいこと

気象災害・異常気象のない社会

水循環を軸として全世界をコンピュータの中にもう1つ創り上げた全球情報プラットフォームを構築し、必要なときに意思決定の助けとなる情報を届ける双方向自然情報サービスを確立します。

株式会社地圏環境テクノロジー
代表取締役社長 田原 康博
2000年09月25日
10,000,000円
23人
地圏環境テクノロジーは、陸水循環系で起こる様々な流体現象をあるがままに表現することを追及して開発された統合型水循環シミュレーションシステム『GETFLOWS』(東京大学からの移転技術)を核として、陸域の自然環境における水循環現象を描き出し、定量的・客観的な第三者評価を行います。
この「自然情報を統合化した水循環モデル」は、地域の自然・都市情報をできる限り統合化した数値モデルで、大局的流動場や局地の汚染状況まで時間を追って描き出し、様々な水問題の予測・対策のために活用できるこれまでに例のない高い精度の情報を提供します。
環境/エネルギー
未登録
未登録
〒101-0063 東京都 千代田区神田淡路町2-1  NCO神田淡路町3階
03-5297-3811
資源・空間・製品 - 水の活用
地圏環境テクノロジーは、統合型水循環シミュレーションシステム『GETFLOWS』を核として、陸域の自然環境における水循環現象を描き出し、定量的・客観的な第三者評価を行います。大局的流動場や局地の汚染状況まで時間を追って描き出し、様々な水問題の予測・対策のために活用できるこれまでに例のない高い精度の情報を提供します。

≪目標≫
私たちは、地球上のあらゆる地域における地圏水循環の実態を明らかにし、様々な水問題の科学的ソリューションを通じて、安全・安心な社会の実現に貢献します。

≪使命≫
私たちは、世界トップレベルの地圏水循環モデリング・シミュレーション技術を駆使し、水問題を解明する専門家としての使命感をもち、実社会における様々な意思決定に役立つ客観性を備えた評価を提供します。

≪挑戦≫
私たちは、グローバルな情報とモデリング技術の統合化により、水・熱・物質のダイナミックな動きを追跡し、それを世界に向けて発信する革新的なサービスの創出・普及を目指します。