Produced by

「実現したい未来」でつながる
これからの転職

ある技術者の転職サクセスストーリー

ある技術者の転職サクセスストーリー
Volume02

技術で社会へ貢献する

「技術の本質は社会の課題解決。」内に秘めた情熱とは

Hmcomm(株) 執行役員 若山龍太さん

若山龍太さん
人工知能(AI)の最前線の仕事がしたい

社会を良くするという転職動機

若山龍太さん

Hmcommは、「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会へ貢献する」というビジョンを持ち、人工知能を活用し音を可視化することで、キーボードレスな社会の実現を目指しています。 世の中の人々がより良い働き方、よりよい生産性を実現するために必要なソリューションを提供し、近い将来“デジタルな労働者”の創造も目指す最先端ベンチャーです。

若山龍太さん

若山さんは、転職を機に「技術の本質は、社会の課題を解決すること、そして世の中が明るくなること」と、内に秘めた情熱を持ち、自身の思いと共感できる企業を探されていました。 そのなかで、転職サービスは、アスタミューゼだけを利用され、若山さんの思いや実現したいことを言葉でアスタミューゼに伝えていただくなかで、Hmcommに出会いました。

Hmcommの具体的な事業としては、音を認識する技術を活用することで、コールセンターでの業務の利便性や効率化を大幅に改善し、コールされたユーザーの感情分析まで行うことで、より良いサービスや問い合わせの改善を図られています。 また公共インフラで人が行き交うリアルな現場での異常音を察知し未然に危険を防ぐこと、養豚場での豚の鳴き声から感情や体調が分析できるような技術も開発し、飛躍的に生産管理の質を向上させたり、さらには要介護者の感情分析にも導入できるように検討されています。 若山さんは音声認識の社会をより良くする可能性に触れるごとに、入社の思いが強くなりました。

Hmcommのビジネス領域

好きな仕事に夢中になり、執行役員のポジションへ

Hmcommのビジネス領域

そのような企業のビジョンや実現したいことに共感し、社会意義の高い仕事と出会うことで、若山さんは、ここだったら、自身の思いを実現できると感じ、そして、「音が好き」という企業文化に触れるなかで、アスタミューゼのサービスを通じて、お互いを深く理解することで、転職を成功されました。

そして、入社されて4ヶ月で、現在コールセンターに実装している自動要約が完成し、感情分析の方も製品化まで1年という期間で実現されています。また自動要約は若山さんがメインでリードされています。 感情分析は、製品を作っているチームと連携しながら開発が行われ、若山さんが参画されることで生まれました。いまでは執行役員の立場で、企業の成長やビジョンの実現そのものにまで、関わられています。

社長のビジョンこそ、自分が携わりたい未来!

Hmcomm 社内風景

人事部長・塩澤さんは、若山さんの入社面接を昨日のことのように覚えていらっしゃいます。「事業を強く推進するために、なかなか出会えなかったヒトに、ようやく出会えた。優秀なエンジニアリング、そしてリーダーシップを兼ね備え、チームを連携していく。開発からマネジメントまで、このようなヒトを、社は心から待ち望んでいました」

Hmcomm 社内風景

そして、アスタミューゼのサービスから、さらに企業成長のための増員の採用計画を弊社とともに進めていただいております。

アスタミューゼは企業の「実現したい未来」とヒトとの思いを繋ぐ採用サービスを通じて、
専門領域・先端領域のイノベータから技術職、研究職、開発職、専門職の人財サービスを実現しています。
その一例として、若山さんとHmcommさんをご紹介させていただきました。

スカウトサービス
SCOPE(スコープ)とは

あなたの技術、経験やスキルをもとに、企業から直接、スカウトが来る「転職サービス」です。
あなたの転職活動の可能性を、さらに広げるために、是非ともご登録ください。

SCOPEバナー
SCOPE会員登録 企業様の問い合わせ