社会課題9 食料生産技術を公平に利用できる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

次世代の農業が確立すると、日本国内にいる約200万人の農業従事者の肉体的負荷を減らすことができ、後継者を増やす可能性が広がります。 世界第五位の農業大国である日本の食卓を支えるのは、平均年齢68.5歳の農家であり、その農家の多くは彼ら自身が中心となり、農作業のすべてを切り盛りしている状況です。近年では次世代の農家育成のため、行政において助成金の活用を積極的に推奨しています。ですが、生産の担い手を増やすには、高額な初期投資や難易度の高い生産技術、不安定な収入などのイメージを変えていくことが求められます。 現在では、生産技術のモデル化、肥料を効率的に散布できるドローン技術の開発などの農業へ新規参入するための経済的・肉体的なハードルが少しずつ改善されつつあります。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

飢餓をゼロに

「食料生産技術を公平に利用できる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「飢餓をゼロに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2.5 2020年までに、国、地域及び国際レベルで適正に管理及び多様化された種子・植物バンクなども通じて、種子、栽培植物、飼育・家畜化された動物及びこれらの近縁野生種の遺伝的多様性を維持し、国際的合意に基づき、遺伝資源及びこれに関連する伝統的な知識へのアクセス及びその利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分を促進する。

2.a 開発途上国、特に後発開発途上国における農業生産能力向上のために、国際協力の強化などを通じて、農村インフラ、農業研究・普及サービス、技術開発及び植物・家畜のジーン・バンクへの投資の拡大を図る。