社会課題83 都市開発・防災技術により中期的な気候変動による被害を低減する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

近年、異常気象の増加や、温暖化・寒冷化に関連する海水面上昇や砂漠化などの中期的な気候変動による自然災害リスクの増加が懸念されている。 そのため、中期的な気候変動による災害や自然災害に対処する能力を全ての国々が持つことが求められており、日本も例外ではない。 既に起こりつつある、あるいは起こりうる気候変動の影響に対処し、被害を回避・軽減するためには、中期的な気候変動に対して強靭で適応性の高いまちづくり・都市開発を技術により実現する必要がある。 そこで現在、大雨・洪水の時に水に浮く電気自動車や、災害が起こった時に安全な避難経路を提供するシステムなど、気候変動による被害を低減させる技術開発が進んでいる。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

気候変動に具体的な対策を

「都市開発・防災技術により中期的な気候変動による被害を低減する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「気候変動に具体的な対策を」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

全ての国々において、気候関連災害や自然災害に対する強靱性(レジリエンス)及び適応の能力を強化する。