社会課題82 放射性物質による汚染のない社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

放射性物質による汚染のない社会を実現することで、安心・安全な地球環境を実現しながら リスクの少ない電力創出が可能になると考えられている。 使用済みの放射線汚染された物質の処理問題は、将来的な処分場不足や引き受け地域周辺の環境への影響など 安全性の不明瞭なものを遠い未来まで残す原因となる。 そのため、原子力発電は発電時の安全性だけでなく、放射性廃棄物をいかになくすか? に取り組む必要性が指摘されている。 現在、簡単に汚染レベルを検知できる製品の開発、微生物や光合成細菌の持つ力で汚染物質を浄化する技術、 溶解処理が不要で再処理可能な燃料を用いる原子炉など、放射性廃棄物をなくすとともに リスクの少ないエネルギー創出につながる技術が開発されつつある。

×

つくる責任 つかう責任

「放射性物質による汚染のない社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「つくる責任 つかう責任」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

特に大企業や多国籍企業などの企業に対し、持続可能な取り組みを導入し、持続可能性に関する情報を定期報告に盛り込むよう奨励する。

国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を促進する。