社会課題81 地産地消社会の形成により省資源産業を拡充する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

地産地消社会による省資源産業育成を行い、食料・生活必需品等を地産地消にて調達するコミュニティ形成により、省資源産業の拡充を実現する。 地域ごとの社会に合わせ、地域で地産地消することで、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減できる。 また、地域内で生産・消費することで、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する また雇用創出、地方の文化振興・産品販促などが、地域の特性に合わせ生み出すことで、 コミュニティが一体となり、持続可能な豊かな地域を育むことができる。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

つくる責任 つかう責任

「地産地消社会の形成により省資源産業を拡充する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「つくる責任 つかう責任」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

雇用創出、地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業に対して持続可能な開発がもたらす影響を測定する手法を開発・導入する。