社会課題8 食料の選択肢が幅広い社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

食料自給率の課題とは異なり、食料の選択肢を幅広く保つことも社会の課題の一つです。食の砂漠と呼ばれる問題では、食料品店の形態変化や経済環境の変化によって住民が食料を満足に選択しにくい課題を取り上げています。 食そのものもについても各人の嗜好性や宗教などの主義、体の状態等に応じて、幅広い選択肢の中から好ましい食品を選べることが理想的ですが、食材の地域性や食事をする場所の文化的制約、場所的制約(デリバリーシステムの問題)があります。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

飢餓をゼロに

「食料の選択肢が幅広い社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「飢餓をゼロに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット