社会課題78 ごみ・廃棄物の排出量を低減する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

一口に「ごみ・廃棄物の排出量を低減する」といっても、その方法は様々である。 廃棄物自体を出さないことに加え廃棄物を"廃棄物にさせない"方法もある。 前者は企業や教育機関単位でも取り組む組織は増えつつある。一方で後者は米国の民間リサイクル企業が行っている 「テラサイクル」と呼ばれる活動に代表される。様々なブランド、メーカーや小売店がスポンサーとなり、 リサイクルが難しいとされてきたモノをリサイクルする無料のプログラムが提供されている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

つくる責任 つかう責任

「ごみ・廃棄物の排出量を低減する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「つくる責任 つかう責任」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

開発途上国に対し、より持続可能な消費・生産形態の促進のための科学的・技術的能力の強化を支援する。