社会課題77 食品ロスのない社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

世界の食料廃棄量は年間約13億トンで、人の消費のために生産された食料のおおよそ3分の1を廃棄している。 大量の食品ロスが発生はただそれが「勿体ない」というだけではなく、様々な影響や問題を引き起こす原因となる。 食品ロスを含めた多くのごみを廃棄するため、ごみ処理に多額のコストがかかる。 また可燃ごみとして燃やすことで、CO2排出や焼却後の灰の埋め立て等による環境負荷も引き起こす。 人や社会への観点では、多くの食品ロスを発生させている一方で、7人に1人の子どもが 貧困で食事に困っている状況という不均衡が生じている。 こうした問題を解決するため、食べられる量を食べられるうちに生産出来る生産モデルとともに、 技術開発や消費モデルの改善が求められている。 現在、食品ロスのない社会の実現に向けて、輸送期間を含めた保管時に最適な温度に保つパレットが開発されるなど、 流通過程での廃棄食糧を減らすサービスや、企業の余剰食糧を再利用する仕組みが開発されている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

つくる責任 つかう責任

「食品ロスのない社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「つくる責任 つかう責任」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる。