社会課題74 ユニバーサルデザインに基づいたまちづくりを拡充する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

バリアフリー社会は、障害者と周囲の人たちが共有可能な楽しみがより増えることに繋がる。今、住居、交通機関、公共スペースその他建築においてユニバーサルデザインの導入による社会構築や、支援技術、デジタルツール等の支援機能の社会実装により、障がいのある人を含める全ての人が住みやすいまちづくりが求められているのだ。 そして、より多くの人に安心・安全な暮らしをもたらします。 これにより、利用できる施設やサービスが限定されず、社会活動や就労機会の増加に繋がり、周囲の家族への負担も軽減される。 バリアフリー社会に向けた法整備は世界各国で進んでいるが、地域によっては努力義務に留まっているために、未整備の施設も多く存在する。 そこで現在民間企業の参入が進んでおり、視覚や聴覚、歩行などの障害を補い、全ての人が「同じように暮らす」社会に向けた取り組みが行われている。たとえば自動字幕表示メガネ型デバイス、難聴者にも聞こえるスピーカー技術など、多くの技術が日々誕生している。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

住み続けられるまちづくりを

「ユニバーサルデザインに基づいたまちづくりを拡充する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「住み続けられるまちづくりを」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、女性、子供、高齢者及び障害者を含め、人々に安全で包摂的かつ利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する。