社会課題73 過疎地・限界集落において生活の質が維持できる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

大都市への人口流出や一極集中が進む一方で、地方の過疎化・高齢化も加速している。 日本国内では、30年後に人口が半減する地域は、約6割にのぼると推測されている。 そこで、今後の地方での生活において、生活必需品が無理なく入手でき、医療や教育のサービスを都市部と同水準で受けることが可能な社会の実現が望まれる。 また、地方に拠点を構える農業や漁業などの第一次産業に関わる人たちをサポートすることで、都市部における食生活やマクロ経済全体にも恩恵をもたらすと考えられる。 そして、ネットワークとAI技術による最適化都市運営を利用して過疎限界集落群をネットワーキングしたコミュニティ形成により仮想的に集約することで、人的・金銭的コストをかけずに生活インフラの質を低下させない社会を実現する。 現在、地方にいながらも都市部と同等の就労機会や収入を得るようなテレワーク技術の開発、無人型のストアなど、人口が減少しても経済活動が成立するような新しいビジネスが生まれてきている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

住み続けられるまちづくりを

「過疎地・限界集落において生活の質が維持できる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「住み続けられるまちづくりを」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

各国・地域規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部及び農村部間の良好なつながりを支援する。