社会課題70 災害や気候変動の正確な予測により被害を低減する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

自然災害のない社会を実現すると、年間約10万人の命と、1億6千万の被災者の生活を救うことができるかもしれない。 全世界で発生する自然災害は、地域によっても傾向が異な流。 アジアでは洪水・津波・高潮・暴風・干ばつ・地震が多く、全世界の発生件数のうち約6割がアジアで起こっている。また、ヨーロッパでは異常気温による熱中症、アメリカでは火山による災害が自然災害による死因の半数以上を占めている。 こうした気象を人間の力で完全に防ぐことは困難だが、災害後の支援や防災によって被災者を減らすことができる。気候変動に起因するものを含む災害や地震・津波・火山噴火・山火事・暴風雨・豪雨・洪水等の自然災害や人為的な都市火災と延焼地域などの発生の正確な事前予測技術により、被害予防および低減により、死傷者と経済的損失を減らす社会の実現だ。 各国ではインフラや建築物の防災基準の見直しが進められ、地形や気象条件を考慮した地域単位による防災の重要性も関心が高まっている。そこで現在、大学の災害予測の研究結果を実用化させ、地域の企業・自治体と連動し、防災システムや水害時でも移動可能な電気自動車などが開発されている。

×

住み続けられるまちづくりを

「災害や気候変動の正確な予測により被害を低減する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「住み続けられるまちづくりを」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、貧困層及び脆弱な立場にある人々の保護に焦点をあてながら、水関連災害などの災害による死者や被災者数を大幅に削減し、世界の国内総生産比で直接的経済損失を大幅に減らす。

2020年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対する強靱さ(レジリエンス)を目指す総合的政策及び計画を導入・実施した都市及び人間居住地の件数を大幅に増加させ、仙台防災枠組2015-2030に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定と実施を行う。

財政的及び技術的な支援などを通じて、後発開発途上国における現地の資材を用いた、持続可能かつ強靱(レジリエント)な建造物の整備を支援する。