社会課題69 地域の文化や景観を保護・向上させる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

街のあらゆる場所で、統一性のない建築物や氾濫する広告や、利便性のみを重視した交通網などが増えている。景観が美しい社会になるためには、街の美観や文化の保護だけでなく、その周辺にいる住む人たちの安全面が重要となる。老朽化が進むことで、美観とともに安全性も損なわれることが危惧されている。 そこで近年、美しい景観の社会を実現するため、建造物の色や形、看板の設置に関する規制の見直しが進んでいる。他にも、緑地の創設、地下空間の積極活用、地域の文化遺産・自然遺産を保護・保全し、必要な緑地化を促進することを含め、美観の向上を目指す社会に向けて、国や自治体が主導となって様々な政策が行われている。 また、治安維持の視点から、地域単位によるきめ細やかな対策も求められてきている。たとえば、犯罪の温床になる空き家を減らそうと、相続人不足などによる空き家の増加への対策として、空き家情報を共有し不動産開発に役立てるためのサービスなどが広がっている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

住み続けられるまちづくりを

「地域の文化や景観を保護・向上させる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「住み続けられるまちづくりを」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

世界の文化遺産及び自然遺産の保護・保全の努力を強化する。