社会課題68 人と自然の調和により多様な生態系を有する都市環境を構築する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

都市部の気温がその周辺の郊外部に比べて高温を示す現象、ヒートアイランド現象。ヒートアイランド現象は、熱中症の危険性を増加させ、冷房などの利用率増加で電力消費量にも悪影響があり、また、集中豪雨の原因になるなど、環境への影響もある。ヒートアイランド現象のない社会を実現することで、健康被害や生態系への悪影響を防ぎ、地球温暖化対策など多くの問題解決につながる。これらの変化は地球温暖化に繋がる原因にもつながるため、今後の都市集中が進む人口増加の面からも、ヒートアイランドのない都市実現は重要といわれている。 都市の緑化による多様な生物の共存による、人と自然の調和する都市環境だ。コンクリート中心のヒートアイランドの要因になる都市から、緑のあふれるヒートアイランド現象のない社会の実現は、現在進む様々なアプローチの中には、屋上緑化や壁面緑化など都市部でより多くの場所を緑化するための技術などの開発が進められている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

住み続けられるまちづくりを

「人と自然の調和により多様な生態系を有する都市環境を構築する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「住み続けられるまちづくりを」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、全ての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。

2030年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。