社会課題67 人口密集による問題を低減して持続可能な都市環境を構築する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

今後増加する高齢者の単身世帯における見守りやバリアフリー化、女性が安心して一人暮らしできる日常の防犯システムなど、世帯構成の多様化に沿って必要とされるそのサービスは多様化される。 また、老朽化した家屋などが異常気象や地震で災害に巻き込まれないようにするため、ごみの発生や大気汚染人口過密やエネルギー供給の課題に対応した持続可能な都市環境を構築する社会を実現が求められている。 世帯構成やライフスタイルと、それによるニーズの変化を受けて、利便性のある住宅の提供がメーカーによって進んでいるが、すべての人に普及されるには価格面も重要だ。 現在、コストを安く抑えつつ、女性や高齢者でも扱える操作性を備えた生活空間向けのIoT技術など、生活空間を快適にすごすためのサービスが世界中で急速に展開されている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

住み続けられるまちづくりを

「人口密集による問題を低減して持続可能な都市環境を構築する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「住み続けられるまちづくりを」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、全ての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。

2030年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。

各国・地域規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部及び農村部間の良好なつながりを支援する。